ピクシブ百科事典

デミテル

でみてる

デミテルとは、RPG「テイルズオブファンタジア(TOP)」の登場人物(NPC)。
目次[非表示]

RPGテイルズオブファンタジアTOP)」の登場人物(NPC)。

人物設定(ゲーム原作)

ハーフエルフの血縁を持つ魔術師であり、
スカーレット家に師事し、魔術が人の役に立つよう研究を続けていた。
しかし彼自身が「魔科学」に関わっていたのか、ダオスによって精神干渉を受けて操られ、
突如全てを捨て、ベネツィア市から西に離れた孤島の館に隠遁する。
ダオスによる精神操作中、スカーレット家をハーメルの街ごと壊滅させて殺害した。
(これはスカーレット家が魔科学に関係していたとされる)

キャラクターの変遷

原作であるSFC版では戦闘画面でのグラフィックがヘルマスターの色違いのままで、
複数のモンスターを下僕として(各機種によりモンスターは変わっている)同時登場する。

PS版以降から、専用のグラフィックが戦闘画面でも用意されるようになった。
しかしSFC版原作での名残か、使用特技に「ヘルジェム」と「サモンデーモン」は残ったままである。

PSP版では殆んどのキャラクターに音声が加わり、
デミテルにもキャストが当てられた(結城比呂担当)。

デミテル本体は魔術系の特技をメインとしているため、下僕モンスターを片付けたあとは
大ダメージのサモンデーモンに注意すれば削って容易に仕留められるだろう。

小説「語られざる歴史」での設定

祭紀りゅーじ氏による単行本小説「語られざる歴史」においては、
実は魔族(魔界の者)であり、魔族の人間界攻略の過程として
人間界からマナを涸らすために、魔科学に携わった、となっている。
(しかも魔界では子爵級という階位まで持っている)
小説内設定でのジェストーナジャミルとは同じ立場の協力者。

しかしスカーレット家が魔科学の正体に気付き、
ユークリッドの豪族に取り入って魔科学の正体を暴露しようとした所を
デミテルが口止めとしてスカーレット家を殺害した(ハーメルの街ごと)。

ゲーム原作の「操られた被害者」とは異なり、
「元凶のひとり」という位置で描写されている。

関連タグ

テイルズオブファンタジア リア・スカーレット

pixivに投稿された作品 pixivで「デミテル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14001

コメント