ピクシブ百科事典

デュラクシール

でゅらくしーる

デュラクシールとはスーパーロボット大戦シリーズに登場するロボット、超魔装機の一つ。メカデザインはカトキハジメ氏によるもの。
目次[非表示]

概要

初出は『スーパーロボット大戦EX』で、地上人召喚事件の際に、セニア・グラニア・ビルセイアが兄のフェイルロード・グラン・ビルセイア用に、地上から召喚された機体を参考に開発した超魔装機。
地上世界のモビルスーツにセニアが影響を受けたため、ガンダムタイプのMSによく似た外観になっている。
そのためOGシリーズに準拠した世界観であるDS版および第2次OGでは頭部形状が変更され、ヒュッケバインのデータを参考にしたという設定に変更されている。

戦闘ではその巨体と両腕に備えられた鉤爪、そして両肩についたバインダーがビットのように機能することによって戦闘する。

設定画のSDイラストではSDガンダム同様に瞳が描かれているが、ゲーム中では瞳は描かれておらず他の魔装機と同様の仕様になっている(OGシリーズ版では瞳に相当する部位が最初から存在している)。
地上の技術を用いたため、武装も通常の魔装機とは大きく異なる他、MAP兵器を無効化することが可能。

フェイル機はマサキ・アンドー達によって撃破され、設計図はセニアによってアカデミーに厳重に保管されていたが、その後テューディ・ラスム・イクナートによって、改修を加えた上で2機が復元され、主にラセツ・ノバステカンツォート・ジョグルビッカ・ハッキネンが乗り込んでシュテドニアス軍で運用された。
ちなみに当初は設計図に脱出装置は描かれていたが、フェイルロード・グラン・ビルセイアの覚悟から、建造時には脱出装置が意図的に省かれており(ちなみにセニアの預かり知らぬ所で設計図からも脱出装置が意図的に消されており、彼女に非は無い)、大破時脱出不可となっている。それは改修・復元されたものも同じであり、テューディ・ラスム・イクナートがワザと省いたままだったのか気付かなかったのかは不明である。
魔装機神Ⅱではガエンが一時的に使用、魔装機神Fではガエンが使用していた機体を調整した上でセニアが使用している。

後に改良型であるデュラクシールⅡが登場する。

性能諸元

分類:超魔装機
全高:50.1m
本体重量:89.0t
全備重量:95.5t(OGシリーズでは98.5t)
動力:フルカネルリ永久機関
補助動力:対消滅機関・擬似プラーナ発生装置
エネルギー:魔力プラーナニュートリノ併用
装甲:オリハルコニウム
開発者:セニア・グラニア・ビルセイア
所属:フェイルロード軍(EX・OG2nd)、シュテドニアス連合軍(LOE第二章)、アンティラス隊(ROE以降)

武装

誘導ミサイル
超振動クロー
ハイメガビームサーベル/ハイパープラズマソード
メガバスター砲
メガスマッシャー
拡散ビーム
エンタイアリィバスター
バスターキャノン
タオーステイル

関連イラスト

デュラクシール(旧デザイン版)

(旧デザイン)

デュラクシールDS

(新デザイン)

関連タグ

魔装機神 スーパーロボット大戦
超魔装機 魔装機 ヒュッケバイン
ガンダム モビルスーツ
フェイルロード・グラン・ビルセイア セニア・グラニア・ビルセイア
オガンダム バカラス某版権ロボに似ている為にデュラクシール同様の数奇な運命をたどった点では共通している

pixivに投稿された作品 pixivで「デュラクシール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43780

コメント