ピクシブ百科事典

デルフィング

でるふぃんぐ

デルフィングとは、「ブレイクブレイド」に登場する古代ゴゥレム。
目次[非表示]

概要

全長11メイル(約8.9メートル)。ビノンテン郊外の石英採掘場で発見された推定千年前の古代ゴゥレム。搭乗者はライガット・アロー。本来の名称は不明で、発掘後にコードネームとして現在の名が付けられた。折れた剣の角等の外観から「壊れた刃」、「破壊を象徴する刃」などの意味で「ブレイクブレイド」と呼称される。

稼働時間が極端に短く、操縦は全て手動で行う。現在の最新型ゴゥレムですら及ばない驚異的な加速力や跳躍力を発揮できる。武装・装備は全て後付けされたもので、シギュン・エルステルが専属で設計している。その後の話の展開にあわせて機体の外観も大きく変化していく。

デルフィング第一形態

無題


最初に発掘された際のデルフィング。外部装甲は腐食し、対人散弾でも貫通するほど脆い。武装は何も装備しておらず、ライガットもまだまともに操縦できなかったため、ゼスエルテーミスに簡単にあしらわれた。

デルフィング第二形態

デルフィング 第2形態


腐食した装甲の代わりに、軽装甲を施されたデルフィング。ゼスとの交渉にライガットが非武装で出撃した。その後、リィのエルテーミスと戦闘を行い、相手を撃破した。

デルフィング第三形態

デルフィング第三形態


多重装甲モードのデルフィング。急造多重装甲を装着し両腕部に多重盾、右腕に超重量大剣、左腕に長剣を装備している。超重量を活かした突進・体当たりで敵を粉砕する。パージも可能。

デルフィング第四形態

デルフィング 第4形態


新多重装甲モードのデルフィング。専用武装と共に開発された新型多重装甲を装着する。装甲は三層で、急造品であった以前と違い全体的に改良され、イーストシミター、三節棍、重長槍などの武装を持つ。

デルフィング第五形態

デルフィング第五形態パージ状態


王都防衛用の多重装甲モードのデルフィング。装甲は上半身に集約され、武装は二つの巨大手裏剣スローイングブレイド、イーストシミター、ネイルダーツ、大剣を装備している。原作ではこの形態でボルキュス打倒を果たした。

デルフィング第五形態(劇場版アニメオリジナル)

デルフィング第五形態-劇場版-


劇場版オリジナルのデルフィング。武装として十文字型巨大投擲武器ライデを装備する。ライデは変則的かつ、リーチのある攻撃を繰り返すことができる。

関連タグ

ブレイクブレイド ゴゥレム ライガット・アロー

pixivに投稿された作品 pixivで「デルフィング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57544

コメント