ピクシブ百科事典

デンプシーロール

でんぷしーろーる

アメリカのボクサー、ジャック・デンプシーが開発したブローである。「はじめの一歩」の主人公・幕之内一歩の必殺ブローとして有名。
目次[非表示]

デンプシーロールとは

折れない負けない倒れない


漫画「はじめの一歩」の主人公・幕之内一歩の代表的なブローである。実在のアメリカンボクサー、ジャック・デンプシーの開発した必殺ブローで、はじめの一歩で取り上げられて有名になった。
上半身をの形のような軌道で振りながらその反動を利用して左右から重い連打をたたき付けるという強力なブローである。千堂武士とのタイトルマッチでは一歩のそれまでの得意ブローと掛け合わせ、リバーブロー→ガゼルパンチ→デンプシーロールの順で相手を叩き伏せるという、一歩の技の集大成のような形でたたきつけた。
ただし破壊力のあるブローではあるものの、振り子のように単調な動きであるためかカウンターを狙われやすいため、これを実際に使用するボクサーはそれほどいない。
実際一歩もカウンターパンチにて対抗・無力化されている。また、体のバネや筋肉を酷使するブローでもあるため肉体にも相当の負荷が掛かる諸刃の剣と成っている。

部屋で電灯の紐を相手に行うときはぶっちしないように注意しよう。

ちなみに

ボクシング漫画のデンプシーロール登場自体は一歩が初めて、というわけではなく、1979年に週刊少年チャンピオンで連載されたボクシング漫画「ナックルNo.1」が初出である。

上の動画を見てもらえばわかる通り、守備のウィービングを行えばパンチへの移行が難しく、パンチをしっかり打とうとすれば身体を振れなくなってしまい、なかなか再現は難しい。ジャック・デンプシーにせよ藤猛(日本人の使い手)にせよ両立は完全には出来ておらず、出来たとしても手数は1秒に1発程度。世界戦に出られるクラスのカウンターパンチャーならそれほど苦も無く合わせられるであろう、と思わせる。漫画でもそのあたりを考慮した描写がなされている(「ナックルNo.1」ではウィービングだけでパンチの出るタイミングを偽装したうえでのとどめの一撃、というアレンジがされている。一方、「はじめの一歩」では愚直に体幹を鍛えぬき、少しでも手数を増やそうとしている。鍛えすぎてフェザー級では戦えなくなりそうな勢いである。)

関連タグ

はじめの一歩 諸刃の剣
若瀬いずみ←電灯の紐ぶっちしちゃった人

pixivに投稿された作品 pixivで「デンプシーロール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 810564

コメント