ピクシブ百科事典

トライデント

とらいでんと

矛(矛槍)類に属する長柄武器の一種。 三つ又の銛のような穂先を持ち、槍のように突いて攻撃する。 三叉戟、三叉槍とも。 ギリシャ神話の海神ポセイドンや、インド神話の破壊神シヴァの武器として知られる。
目次[非表示]

トライデントとは、(矛槍)の一種である。
意味は『三本の【Trident】』。

概要

 矛(矛槍)類に属する長柄武器の一種。
 のような三つ又に分かれた穂先を持つ武器で、牧草をかき集めるための農具である『フォーク』から発達したとも、そのまま銛から発展したともいわれる。

 神話々の武器として有名で、特にギリシャ神話海神ポセイドンの武器として知られる(ギリシャ語でトリアイナ〔τρίαινα (tríaina)〕という)。このトライデントには、嵐や津波、洪水や風という海の力を操る力が秘められており、また人間の精神に勇気を与える力もあるという。

 インド神話三大の一柱であるシヴァも、トリシューラ〔त्रिशूल (triśūla)〕と呼ばれる三叉槍を武器とする。

 また、ケルト民話の光の神ルーの武器の一つに『ブリューナク』と呼ばれる五叉槍があり、魔力を込めることで穂先が五本のビームと化して五人の敵を討つ力を持つ。

創作における「トライデント」

 ファンタジーにおいて、水棲精霊の武器としてや主人公たちの水属性武器の一種として登場することが多い。

余談

 まれに悪魔がトライデントを装備している(もしく装備品を『トライデント』というタグ登録をしている)イラストなどが散見されるが、悪魔の装備品で有名な三つ又の槍はどちらかと言えばフォーク(農具)である。
 あまりこだわって分化する必要性はないが、豆知識として知っておいて損はないだろう。

兵器としての「トライデント」

ロッキード(現ロッキード・マーチン)製の潜水艦発射弾道ミサイルのこと。
導入国はアメリカとイギリス。
アメリカはオハイオ級原子力潜水艦にアメリカ製の核弾頭を装備して、イギリスはヴァンガード級原子力潜水艦にイギリス製の核弾頭を装備して搭載している。

旅客機の「トライデント」

イギリスホーカー・シドレー社が開発したジェット旅客機
元々デ・ハビランドがBEA(現ブリティッシュ・エアウェイズ」)の「ヨーロッパ内路線向けの中距離旅客機」の要求に向けて開発していた機体である。
エンジンは機体後部に3発搭載。え、どこかで見たことがあるって?
はい、そうです。ぶっちゃけB727やTu-154の元ネタです。
(一応(少なくともボーイングに対しての)フォローするとすれば、トライデントを「お手頃サイズのジェット機」として目をつけた…けど「でもこれじゃ航続距離とか輸送力があと一歩だなあ」と難色を示したため、「じゃあトライデントのでかい版作りますよ」とボーイングが作ったのがB727である)

自動操縦装置の搭載を筆頭とした高度な先進性を備えた機体だったが航続距離や輸送力の問題などで販売は伸びなかった。

日本ではANAが本機の導入を検討していたことがある。

関連タグ

武器
フォーク
ポセイドン シヴァ

pixivに投稿された作品 pixivで「トライデント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 114402

コメント