ピクシブ百科事典

トリニティフォーム

しんごうあぎと

トリニティフォームとは、仮面ライダーアギトの戦闘形態の1つである。
目次[非表示]

「三位一体の戦士」

概要

津上翔一が一時的に記憶を取り戻した事によって変身した仮面ライダーアギトの戦闘形態。グランドフォームをベースにストームフォームのスピードとフレイムフォームのパワーを併せ持つ。再び記憶を喪失した後は使用しなくなり、後に記憶を取り戻した時にも既にシャイニングフォームへの変身が可能になっていたため使用されなくなった。
電王」のクライマックスフォームや「キバ」のドガバキフォームなど「てんこ盛り」の先駆けともいえるフォームである。

外見

胴体がグランドフォーム、左腕がストームフォーム、右腕がフレイムフォームになっている。

ツール

ストームハルバード
ストームフォームの武器。左手に持つ。
フレイムセイバー
フレイムフォームの武器。右手に持つ。

必殺技

ストームファイヤーアタック
展開したストームハルバードとフレイムセイバーで同時に攻撃する。
ライダーシュート
クロスホーンを展開して放つ跳び蹴り。ライダーキックよりも威力が高い。

余談

登場回数が少なく、仮面ライダーアギト本編では第26話と第27話の2回しか使用されていない。
その後『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』で久しぶりに登場した。

そんなトリニティフォームだが、ゲーム作品では多く出演しており、
ガンバライド/ガンバライジング、クライマックスヒーローズ、ライダージェネレーション、バトライド・ウォーといったオールライダー系のゲーム作品には大抵何らかの形で登場している。

関連タグ

仮面ライダーアギト

pixivに投稿された作品 pixivで「トリニティフォーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45617

コメント