ピクシブ百科事典

トロリーバス

とろりーばす

トロリーバスは架線から電力の供給を受け走行するバスであるが、法律上は「電車」扱いとなる。
目次[非表示]

この車両架線から電力の供給を受け、軌条を用いずに走行する車両、形式としてはバスであり、その名にあるとおり集電装置にトロリーポールを使用している。なお日本の法令上は無軌条電車という鉄道車両である。

概要

 空中に架線(第3軌条でもかまわないが、利用上困難)を敷設し、架線から得られる電力でモーターを駆動し走行するバスである。
 地下鉄等で用いられるゴムタイヤ式鉄道は電力供給設備兼用の案内軌条を持つため、これとは認められない。
 また名古屋で実用化されている新交通システムで用いられるガイドウェイバスは法令上無軌条電車であるが、実際にはゴムタイヤ式鉄道の気動車およびバスとなる。
名古屋ガイドウェイバス
 この形式の車両は線路が不要な分電車よりも維持管理コストが低く、坂にも強い、通常のバスより内燃機関とモーターの差により整備の手間がかかりにくく、排気ガスも直接出さず運用コストは安いというメリットが存在するものの、バスよりも架線が必要な分維持管理費が高い、電車よりも摩擦が多い分運用コストは高い、高速化にも限度があるなどというデメリットが存在する。

構造

 外見はトロリーポールがついている以外、普通のバスと大差ない。内部もエンジンと変速機の代わりに電車用の制御機とモーターがついている以外は普通のバスと大差ない。ただ、路線によっては踏切などトロリーバス用の架線が敷設されていない場所を通行することがあるが、この際は短距離の場合惰力通過で対応可能であるが、長距離の場合制御機とモーターのほかに発電機や走行用エンジン電池(蓄電池)などを搭載することがある。架線は鉄道の場合線路が電流の帰り道として利用できるが、道路は電気を通さないため電流の帰り道に使えず、2本張る必要がある。

利用状況

 日本では一部の地域で市電(平面交差不能な地点に用いられる)や市バス(燃料不足や燃料にかかる経費の削減)の補完として導入されたが、ディーゼルエンジンの信頼性向上によるバスの安定化、都市部において交通量の多い道路や幅の狭い道路が多く渋滞を招く(これは誤解交じりであったが)、同様の理由で電力設備を利用可能な市電廃線となったこと、導入したものの保守部品等がなくなり、更新に予算が出せなくなったにより、都市部では姿を消し、現在導入されているものはトンネル内部を運行するために排気ガスを直接出さないという性質を買われたものである。
 なお海外では、特に共産圏に多く、またヨーロッパアメリカなどでも存在する(廃止したのはイギリスぐらいであり、逆にスペインでは2008年に開業した)。それらは騒音が小さいことと排ガスを出さない(スイスなど)こと、燃料の供給不安によるもの(北朝鮮など)であると考えられる。

日本のトロリーバス路線

立山黒部貫光(立山トンネルトロリーバス)
関西電力(関電トンネルトロリーバス)

関連タグ

鉄道 電車 バス 名古屋ガイドウェイバス

pixivに投稿された作品 pixivで「トロリーバス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7122

コメント