ピクシブ百科事典

トロルコング

とろるこんぐ

トロルコングとは、漫画『トリコ』に登場する猛獣の一種である。せっかくなのでここではゾンビタイパンに関しても記述する。
目次[非表示]

概要

分類哺乳獣類
捕獲レベル9
生息地主にIGOビオトープ内
体高4,5m
体重2t
価格肉は食えない。脳ミソのみ100g/5500円


IGO第8ビオトープに生息し、後述のシルバーバックボスとした縦社会を形成して群れで生活するゴリラ
緑色毛皮と四本の(本来ゴリラは「ナックルウォーキング」という拳を支えにした半二足歩行で歩くため、4本腕のトロルコングであればこの姿勢でも攻撃を繰り出すことができる)が特徴で、戦車でも軽々とひっくり返してしまうほどの怪力。トリコを襲撃した一番弱い下っ端ですら、直径1mはあろうかという大岩を4個同時に持ち上げて足場のない空中でブン投げていたほどである(とても単純に計算すると、1個が自重より上)。
知能が高いため格闘技術もあり、グルメコロシアムではガララワニにハンマーパンチ(アニメではベアハッグ)を決めて倒していた。
本来ゴリラは草食動物だが彼らは肉食動物であり、虹の実の周囲にを作り、実の香りに引き寄せられた獲物を捕食している。
腕力が強いだけでなく、チンパンジー並みの高い知能も持ち合わせているため、毒蛇ゾンビタイパンを投げる、落とし穴を仕掛けるなどを張ることも得意としている。

は筋っぽくて食えたものではないが(ただし、ゲームでは肉が食材として登場し、小松の調理で筋っぽさが解消されている。特殊料理食材なのかもしれない)、は珍味とされる。


当初は世界最強のゴリラと呼ばれていたが、登場した次の巻でGTロボに壊滅に追いやられた上、後にトロルコングよりも捕獲レベルの高い、ゴリラ系の猛獣が次々と登場したために世界最強とは程遠い存在となってしまった。


しかし、最終回でグルメ界で起きる新しい八王を決める戦いでトロルコングが次の八王候補として参戦することがトリコの発言で判明した。因みに姿は後記のシルバーバックではなく、通常の状態であった。

「トロルコング デビル大蛇 それにリーガルマンモス…あいつらも強くなったんだぜ」

シルバーバック

分類哺乳獣類
捕獲レベル10
生息地主にIGOビオトープ内
体高6m
体重3,5t
価格肉は食えない。脳ミソのみ100g/7000円


トロルコングのボス。歳を取り、体毛が伸び白く変色した。トロルコングを上回る腕力と知力で群れを統率する。
危機管理能力が高く、自分より強い相手に遭遇すると戦意喪失してしまう。
なお、シルバーバックとは本作の造語ではなく、年を取り体毛が白くなった年長者のゴリラを指す言葉である。
その後、グルメコロシアムに登場するがデビル大蛇に捕食されてしまった。

ゾンビタイパン

分類爬虫類
捕獲レベル1
生息地乾燥した山岳地帯
体長2m
体重8㎏
価格1匹当たり8万円


口が5つに分かれた毒蛇。噛まれれば常人ならば即麻痺、数時間で死に至る程の猛毒を持つ。
トロルコングはこのゾンビタイパンを捕まえて相手に投げつける習性を持ち、IGO第8ビオトープではトリコが三連釘パンチを破壊したことに驚いたトロルコングたちがの向こうから無数に投げつけた。
酢酸の匂いを嫌うため、葉巻樹を焚くと一時的に鎮静化し逃走する。

アニメでは主人公の喫煙描写&見るからに痛そうな描写なためカットされた。


関連項目

トリコ ガララワニ

コメント