ピクシブ百科事典

トロール

とろーる

ヨーロッパの伝承などに登場する妖精の一種。またはファンタジー物の小説やゲームなどに登場する架空の種族のこと。
目次[非表示]

ヨーロッパの伝承などに登場する妖精の一種。またはファンタジー物の小説やゲームなどに登場する架空の種族のこと。多くの場合、そのキャラクターは“邪悪の手先”として設定されており。魔王や強大な魔力を持った悪の魔法使いの悪の軍団の兵士として、主人公たちの前に立ちふさがり敵対する。

一般的に日本語表記では「トロール」だが、「トロル」と表記する場合もある。

外見的イメージ

ファンタジー物の小説やゲームなどでは“定番のキャラクター”ではあるが。同じく架空の種族でありファンタジー物でも頻出のオークコボルドに比べると、特にこれと言った“固有の共通イメージ”を持っていない

ほとんどの場合、

  • 大きな体(身長2m~5m)
  • とてつもなく怪力
  • 動きは鈍重で頭の回転も鈍い
…という描写される事が多い。

作品や描き手の解釈によって様々なのは言うまでも無いが。映画の『ハリーポッター(Harry Potter)』では怪力だが極めて愚鈍であり“ウドの大木”で、昔の漫画などで描かれる様な原始人をそのまま巨大化させた様な外見だった。ファンタジー小説の古典である『指輪物語』でもほぼ同様の解釈で描かれているが、さらに巨大であり性格も凶暴であった(ハリーポッターでは身長5mほどなのに対して、指輪物語では10mを有に超える)。
絵本『さんびきのやぎのがらがらどん』でも土気色の肌の巨人(顔だけで子ヤギほどもある)として登場する(まあ、長男山羊に瞬殺されるが…)。

またジョージ・ルーカス原案の映画『ウィロー(Willow)』では。全身が赤毛の毛むくじゃらで、垂直の壁を自由に登ったり出来る。動物のオランウータンにそっくりな外見で表現されていた。大きさもオランウータンと同じくらい(身長2m程度)。

ほとんど人間と同じ様な外見を持っている物から。毛むくじゃらだったり、頭に角が生えていたり、時には“一つ目”の巨人として描かれる事もある。体型もでっぷりと太って腹が突き出たものや、逆に筋骨隆々で引き締まった肉体を持つもの、時にはガリガリに痩せて骨と血管が浮き出たミイラの様な描かれ方をする場合もある。

人食い鬼
C ボストロル



妖精としてのトロール

英語表記では“Troll”と書き、元々は北欧神話に登場する妖精の一種。伝承によってその姿形は様々で一定のイメージは存在しない。「毛むくじゃらの巨人」であったり、「小柄な老人」であったり、時には「赤毛の美人」であったりもする。これが背景となってか、姿を自由に変えられる魔法が使えるとされる。

日の光に当たると石になってしまうため、トロールは日没から日の出までしか姿を見せないとされる。

またグリーンランドやカナダ地方のイヌイット族に伝わる伝承では。トロールは邪悪な巨人であり、夜な夜な徘徊しては人を襲い、住処に引きずり込んではその肉を切り裂き喰らうとされ。妖精と言うよりは“人食い巨人”と言った方が近いイメージである。現在でも北欧地域に住む人々は、どちらかと言うとこの“人食い巨人”の方のトロールを信じている人が多い。

ノルウェーの諺では、急に物が無くなった時などに「トロールのいたずら」と言われる。前述の様に人間を襲って食べてしまう怪物としてのトロールと、人々の生活の身近に潜んで時折いたずらをする妖精としてのトロールの2つのイメージが混在していると言える。これは日本の秋田地方の民間伝承である「なまはげ」と通じるものがある。

ムーミンとトロール

よく「アニメや童話でお馴染みの“ムーミン”もトロールである」とされるが、作者のトーベ・ヤンソンは否定している

原書では「ムーミントロール(Mumintrollet/Muumipeikko)」と表記されてるせいでそう解釈されているのだが。ヤンソン自身は「トロールと言う名前の別の妖精」と述べている。尚、「ムーミン」と「トロール」のどっちが種族名なのかは作品中でも曖昧で明確に区別されていない。

ファンタジー内でのトロール

作品や描き手の解釈によって様々なのは言うまでも無いが。ほとんどの場合はオークゴブリンも同時に登場し、それらと比べて圧倒的に大きな体格を有して腕力に優れたパワーファイターとして描かれる事が多い。その反面、あまり知的活動は得意とせず。「大男、総身に知恵が回りかね」を体現している場合が多い。

ただしTRPG『トンネルズ&トロールズ(Tunnels & Trolls)』では人間同様の知的レベルを有しており。通常はモンスター側としてプレイヤーが触れる事が出来ないトロールを、明確にプレイヤーが使用可能な1個の種族として定義している。このため非常に強力なキャラクターを作る事が可能となる。

また近年になって、新しく発表されるゲームなどではトロールの扱いは急速に向上している。今まではただの敵役でしかなったトロールが、最近になって発表されるTRPGMMORPGでは、多くの場合プレイヤーが使用可能な種族に入っている事が多い。

その際、今まで固定化されていた“人食い巨人”のイメージから変化して邪悪な種族ではなく、エルフドワーフなどと同様に様々な設定が施される事が多い。しかしながら外見的なイメージ設定は、むしろ単純に大柄な人間の姿に若干のアクセント、例えば「浅黒い肌」や「筋骨隆々した肉体」などが付加されるのみで。既存の小説やゲームなどで描かれてきた“モンスター的な側面は完全に消失”している場合も多い。特に「筋骨隆々した肉体」と言う特徴は、一種の「筋肉女萌え」の派生とも考えられる。

トロールお姉さん



ただし純粋に“悪の勢力を演じる”という主旨のRPGも存在するので注意(『ウォーハンマーRPG』など)。

その他

インターネット・トロル

英語圏では、いわゆるインターネット上の掲示板やブログのコメント欄などに、ネガティブな書き込みを繰り返す行為や人物~即ち“荒し”の事を「インターネット・トロル(Internet-Troll)」と呼ぶ(ただ単に“troll”と称する事も多い)。

またまれに、周囲の迷惑を顧みない人物の事を評して、単に「トロル(troll)」と呼ぶ事もある。意味合いとしては日本語の「厄介者」とほぼ同義。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「トロール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 443977

コメント