ピクシブ百科事典

ドクタースランプ

どくたーすらんぷ

90年代に再アニメ化したシリーズで、監修・キャラクター原案は原作者の鳥山明。
目次[非表示]

ドクタースランプ

1997~99年にかけて放送された鳥山明の漫画『Dr.スランプ』のアニメ第2作(1997年)。「Dr.スランプ」の再アニメ化作品。
東映アニメーションのフルデジタルでの制作の実験的な要素が強く、作画も彩度が高くメリハリのきいた個性的なものとなっている。

メインキャラの声優は大半が一新され、ストーリーも前半(30話)までは原作に沿っていたが、49話以降からは完全アニメオリジナルのストーリー展開がなされた。そのため原作の話もアニメオリジナルシーンなどが多い。

東映アニメーションは「原作やアニメ1作、アニメ1作の劇場版とは出来るだけ切り離し、初めて「Dr.スランプ」に出会った時の新鮮な驚き、むしろ新しい原作に出会ったものだという考え方で企画しました。」と言っている(簡単に言うと、原作やアニメ1作とは別物ということだろう)。


メインキャラの声優は大半が一新され、ストーリーも前半(30話)までは原作に沿っていたが、49話以降からは完全アニメオリジナルのストーリー展開がなされた。そのため原作の話もアニメオリジナルシーンなどが多い。




自称天才科学者の則巻千兵衛はお手伝いさんロボットの開発に熱中していた。ナイスバディのメイドロボットという漢の浪漫を実現させようとしていたが、突然の落雷によって製造器が故障し、結果誕生したのはチビで怪力のアラレちゃんであった。
かくして、のどかで平和なペンギン村に降臨したアラレちゃんを中心に驚天動地の物語が幕を開けた・・・・!

セリフとしてのドクタースランプ

木緑あおいを始めとする、アラレちゃんやニコちゃん大王などが千兵衛に向かって「ドクタースランプ」と呼称していたりする。失敗続きである博士だからか。

関連タグ

Dr.スランプ 90年代
台詞系タグ一覧(全年齢作品・た行)

pixivに投稿された作品 pixivで「ドクタースランプ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 536473

コメント