ピクシブ百科事典

ドッピオ

どっぴお

『ジョジョの奇妙な冒険』第5部に登場するキャラクター。
目次[非表示]

もしかして→ディアボロ

「もしもし、はいドッピオです」

概要

ヴィネガー・ドッピオとは、『ジョジョの奇妙な冒険』第五部「黄金の風」のラスボスであるディアボロのもう一つの人格である。
パッショーネの参謀という扱い。

普段は気弱で優柔不断な少年であるが、正体(ディアボロ)に感づかれると激昂し、ディアボロの人格の片鱗を見せる。ボスの意思で人格を入れ替え、そのときには体格まで変化する。人格だけを入れ替えることも可能。
ドッピオはディアボロの第二の人格であることは知らず、自分のことをボスの忠実な部下だと信じている。
ディアボロとは「電話」によって交信し、その前兆に特徴的な電話のベル音を口走る。
交信に使う「電話」は本物の電話ではなく、自分の近くにある手に取れて耳に当てられるものを使う。

「電話」にした物
マスコット人形→生きたカエル→ポイ捨てされていたタバコ→通行人が食べようとしていたアイスクリームおもちゃ電話→コードの切れた受話器→本物の携帯電話

「無関係なもの」→「手に持つもの」→「電話っぽいけど通話機能の無いもの」と、使うものがだんだん「電話」に近づいていくのが興味深い

ボスと同一人物の為、ボスのスタンドであるキング・クリムゾンの一部を操る事ができるが、本人は「ボス」から借りたものだと思っている。
またその力は「エピタフ」による未来予知とキング・クリムゾンの「両腕」による打撃といった断片しか使えない。もちろん時を飛ばせない。

担当声優

黄金の旋風:宮本充
オールスターバトル石田彰

関連イラスト

ッピオのもしもーし
もしもし?



関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 GIOGIO 黄金の風 
ディアボロ ヴィネガー・ドッピオ
ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧 スタンド使い 
リゾット・ネエロ

pixivに投稿された作品 pixivで「ドッピオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2143346

コメント