ピクシブ百科事典

ドラケン

どらけん

スウェーデンの軍事メーカーサーブ(SAAB)が開発したマッハ2級軽戦闘機。ドラケンとはスウェーデン語で「竜」を意味する。
目次[非表示]

ソードワールド2.0の種族についてはこちら

概要

スウェーデンの航空・軍需会社サーブが開発したマッハ2級戦闘機
型番をあわせた正式名称はJ35ドラケン
ダブルデルタと呼ばれる三角形を二つ重ねた形状の主翼が特徴的であり、マッハ2の最高速を誇る。

特徴的な形状をしたダブルデルタと呼ばれる主翼は、当時としては画期的であり、デルタ翼機の弱点である離着陸性能を補っている。ほかにも、ブレンデッドウィングボディ(胴体が主翼に滑らかにつながる形態)の先駆者としても知られる。

ただし、フライバイワイヤといった先進機体制御システムがなかった時代であったので、迎え角、特に着陸時の角度に厳しい制限があったりするなど、操縦にはパイロットの腕が要求される戦闘機であった。
もっとも、この戦闘機の初飛行は1955年ということを考慮すれば、それでもすごいといえる所。

スウェーデンの防衛事情が考慮されているので、一般道路でも使用できるように軽量に作られているほか、主翼は外翼部分を取り外すことで小さなハンガーにも入り込むように作られ、外翼を取り外すと、貨物列車で運べるようになっている。。先述した離着陸性能も道路での運用のため。
そのせいで航続距離は短くなってしまっており、搭載量もそれほど多くないが、これは敢えて切り捨てられた性能と言っていい。自国防衛に専念するドラケンに航続距離は必要なく、搭載量は補給の簡便さで補う。

上記の性能は小国にってもメリットになる性能であり、輸出にも成功している。
フィンランドデンマークオーストリアの空軍で運用されたほか、興味を持ったアメリカが研究試験のために少数を購入している。

製造国であったスウェーデンでは1999年に全ての機体が退役。隣国フィンランドでも2000年に退役。オーストリアで使用されていた機体の2005年の退役をもって、全てのドラケンが翼を畳んだ。

なお、この機体がLERXの先祖であるような見方をされることもあるが、尾翼の構造状LERXの最大のメリットである高迎角飛行がドラケンには難しく、一端離陸してしまうとダブルデルタはいまいち効果を発揮しづらい。
LERXの発見はF-5の偶然によるものであり、ドラケンとは無関係なものである。

そもそもこの翼形状はスウェーデン自身にとってもいまいち使いづらかったらしく、後継のサーブJ-37 ビゲンではダブルデルタをさっくり取りやめてクロースカップルドデルタを取り入れた。

日本のドラケン

一般的に見れば割りとマイナーな戦闘機ではあるが、日本では軍事オタクに限らず知名度が高く、日本の模型メーカーからも複数のキットが発売されていた。
航空機模型の分野ではハセガワ製のキットが1/72・1/48スケールのドラケンのプラモデルの決定版。この評価は世界的なものとなっている。
大体こいつのせいだろう。

似たような理由で同じSAABのJAS-39も日本のオタク間の知名度が妙に高い。詳細はJAS-39の項目を参照されたし。

映画のドラケン

なぜか何故か、どういうわけか「アパッチ(1990)」で、「麻薬組織(コロンビア)の高速ジェット機」として2機も登場している。これまたどういうわけか、割とあっさりと撃墜されてしまうのだが、本来は戦闘ヘリにとって戦闘機は非常に戦いにくい相手であり、これは速度差がありすぎて追随できず、また兵器も基本的に高速飛行目標には対応していないため。

いちおう対戦闘機用の空戦機動も考えられてはいるのだが、これもあくまで攻撃をかわし、隙あれば一撃見舞う程度のものなので、基本的には逃げの一手である。
なおこの対戦闘機用空戦機動、いまだ実戦で役に立ったことはない。今はまだ、であるが。

関連タグ

戦闘機 JAS-39 ビゲン 風間真

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラケン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23379

コメント