ピクシブ百科事典

ドラゴン殺し

どらごんころし

ドラゴン殺しとは、漫画「ベルセルク」に登場する巨剣である。
目次[非表示]

それは剣というにはあまりにも大きすぎた。ぶ厚く重くそして大雑把すぎた。
それはまさに鉄塊であった。

概要

三浦建太郎漫画ベルセルク』に登場する
(唯一劇中で呼称されたのは「ドラゴンころし」とされるが、「ドラゴン殺し」とされる事が多い。)
主人公であるガッツが、使徒に追われるようになってから手に入れた特製の大剣。

彼自身の驚異的な膂力と剣技と合わさり、一振りで甲冑を着た兵士をまとめて両断したり、巨岩や大木も叩き斬ることができ、強大な使徒にも対抗し得る。その大きさと頑丈さから盾の代わりにもなる。使徒や魔族などの超常的な存在などを斬り捨て続けた事で、霊的な存在にさえ攻撃できる一種の魔剣へと変質している(ゾッドからは斬馬刀ならぬ斬魔刀と呼ばれている)。
ガッツの代名詞ともいえる武器であり、鋼鉄製の義手狂戦士の甲冑とともに驚異的な戦力を支えている。

ガッツの手に渡るまでの経緯

元々は武器の見た目や美術的価値ばかりを偏重する王侯貴族達にうんざりしていた鍛冶屋のゴドーが、当時の領主から「ドラゴンをも殺せる剣を造ってほしい」という注文を受けた際に、領主を茶化すため「ドラゴンを殺す聖剣にふさわしい美しい剣を作れ」という含みを敢えて無視して文字通りに実際にドラゴンを殺せそうなほどの大きさと重さを持たせて造り上げたものである。
ゴドーはこの一件で領主の逆鱗に触れ危うく縛り首にされそうになり、当時住んでいた街を追われた。
その巨大さ故に誰にも扱えず蔵で埃を被っていたところ、居候していたガッツが使徒に襲撃された際に咄嗟に振るった事を機に、以後ガッツの愛剣となった。

初めて手に取った時のガッツはこの言葉と共に歓喜する。
…人が悪いぜゴドー あるじゃねえか もっとオレの戦向きのやつがよ!

なお、ゴドーの養女エリカはこの剣を「ドラゴンころし」と発音していた。
それが正式名称だったのか、当時の幼いエリカの舌足らずさの演出だったかは不明だが、アクションフィギュアシリーズ「figma」パッケージには「ドラゴンころし」と書かれている。

ガッツがこれ程の巨剣を扱える事ができた理由として、彼が幼い頃より体格以上の長さと大きさを持つ剣を使い続けていた事があげられる。
ガッツが傭兵団で剣技を叩き込まれ始めたのは若干六歳の時で、大人の両手剣を子供ながらに使用。成長するにつれて相対的に身の丈を超える「だんびら(幅広剣)」を使うようになった。
チューダーの傭兵団相手に百人斬りを行なった時の剣は「なまくらだが厚みも重さも普通の剣の三倍以上」とガッツ自身が言っている。この剣は激戦の中で酷使された結果、ドルドレイ攻略戦の最中に紫犀聖騎士団団長ボスコーンとの戦いで打ち負けて折られた。

作者談、及び後世メディアへの影響

「ベルセルク オフィシャルガイドブック」の作者インタビューにおいて、ガッツがドラゴン殺しを振るう姿は「ピグマリオ(著:和田慎二)」に出てくる巨大剣「大地の剣」や「グイン・サーガ」にヒントを得たと書かれている。(大地の剣は山くらいの大きさ。)
そこから「大剣を持った人間が本当にいたら どれだけ筋肉が必要で、振るとどんなアクションになるのか・・・といった実写の発想から入りました。」との談。

身の丈を超える剣を振るう剣士というガッツの存在は、後のメディア作品に大きな影響を及ぼしている。
例えば、昨今のファンタジーでは必ずと言っていいほど『大剣持ちの重戦士』が登場する。
特に有名なのは、トライエース(販売元:スクウェア・エニックス)のRPG作品である『ヴァルキリープロファイル』に登場するアリューゼで、彼はそのままガッツのオマージュキャラであったりする。
また同社発売のドラッグオンドラグーンニーアにも見た目もほぼ同一の鉄塊という武器が登場している。
pixivサイト内では別のアニメキャラ・ゲームキャラにドラゴン殺しを持たせる二次創作がしばしば見られる。

余談

  • ベルセルクの大ファンであるプロレスラー・池田大輔がレプリカ品を入場ギミックとして使用。

 誤って頭上に落としてしまい試合前から大流血した。

関連タグ

ベルセルク ガッツ 大剣 巨大武器 斬艦刀
ドラゴンスレイヤー ドラゴンキラー ドラゴンバスター

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラゴン殺し」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 263446

コメント