ピクシブ百科事典

ドレディア

どれでぃあ

ドレディアとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.549
イッシュ図鑑第1版No.055
イッシュ図鑑第2版 No.085
英語名Lilligant
ぶんるいはなかざりポケモン
タイプくさ
たかさ1.1m
おもさ16.3kg
とくせいマイペース / ようりょくそ / リーフガード(隠れ特性)


進化

チュリネドレディア(たいようのいし)

草姉妹ポケモン



特徴

名前の由来は「ドレス」「レディ」「ディア」「ディアナ」「ガイラルディア」または「マンドレイク」「ドライアド」だと思われる。
頭には花飾り、下半身にはドレスを纏うお嬢様のようなポケモン。
体の部分は芽が伸びた球根のような形状である。
舞う技を多く覚えるしちゃんと動けるのだろうけど、足の形状的にどうやって動いているのかはちょっと謎。ちなみにアニメでは普通に歩いていた。
進化前のチュリネ共々♀しか存在しない。

頭の花はデリケートらしく、非常に難しい手入れを続けなければ枯れてしまう。
…だけでなく、『サン・ムーン』にてパートナーとなる♂ができた途端にくすみ、萎れ、枯れてしまうという設定が追加された。
だからと言って、ゲーム内で預かり屋に預けてタマゴを手に入れたとて花が枯れたりはしないので安心されたし。

出現場所

『ブラック・ホワイト』バージョンより登場。
チュリネを進化させることで手に入るポケモンだがホワイトバージョンのみ野生でも出現する。
ブラックバージョンでは野生の捕獲は出来ないが、
シッポウシティに住む女性からブラックのみに出現するモンメンと交換することで
ドレディアの進化前のチュリネが入手可能である。

能力

種族値

能力は全体的に低めだが、とくこうは110と頭1つ抜けている。
すばやさも90とそこそこあり、眠り粉で眠らせ後述の「ちょうのまい」で強化する戦法が主流。

覚える技

高性能な積み技「ちょうのまい」(特攻、特防、素早さを1段階アップ)や、「はなびらのまい」などを覚える。
高い特攻と素早さを更に強化できるので、「ちょうのまい」を積んでからの「はなびらのまい」は非常に高い火力を誇る。
また、特性が「マイペース」の場合は「はなびらのまい」使用後に発生する混乱を無効化できる。
「ねむりごな」等のくさタイプ特有の多彩な補助技にも恵まれているため、
自力で「ちょうのまい」を積むための時間を稼げるのも大きい。

ただ、草タイプ以外の技はあまり覚えないので、得手不得手がはっきりと分かれる。
具体的には「めざめるパワー」と「はかいこうせん」と「ゆめくい」しかないという惨状である。

サブウェポンが非常に少なく、耐久が低く弱点が多いため、他のパーティメンバーで対策を取るなどをして、活かしてあげよう。

そして、第六世代にて・・・

新たなる18番目のタイプ、フェアリータイプが新たに登場により、ドレディアにもフェアリーがつくことで、
苦手だった特性をフェアリータイプの技を覚で克服し、さらにドラゴン技を無傷で受けられることから、カイリューやサザンドラ月の力を借りて天へ葬る能力を得てエルフーンとともに妖精となって蝶の様に羽ばたくのだった……

ドレディア の フェアリーダンス!






かに見えた。
ドレディアにフェアリータイプは付かず、なんとそのまま持っていかれてしまったのだ。(タマゴグループが「しょくぶつ」のみであるのに対しエルフーンは「しょくぶつ」「ようせい」であるのが明らかである。)
新しく覚える技も種族値が合わない(物理攻撃)「はなふぶき」のみで、彼女にとって重要なめざパも威力が60固定になりフェアリーにもならない上、マジカルシャインすら覚えない。
加えて同じくさタイプやほうじんの特性を持つポケモンにしびれorねむりごなが効かなくなることに。
「ひでり」の効果も5ターンに変更されたことで「ようりょくそ」の効果も落ちてしまった……
その一方でエルフーンはフェアリータイプが追加され「ムーンフォース」までも覚えられるようになった。ドレディアが何をしたというのか。

一応、場が「ミストフィールド」のときに「しぜんのちから」で「ムーンフォース」を放つことはできるが……。
しかしこれも「いたずらごころ」エルフーンがしぜんのちからを使うと先制技になる。
そして唯一覚えられるフェアリー技「あまえる」(遺伝)もエルフーンが取得(しかも自力)できるという……
やめたげてよぉ!

そのためかメガシンカ予想(ドレディア)のイラストは大体が
くさ・フェアリーorくさ・はがねタイプに設定されている

第七世代でまさかの…

デザイン人気があり持ち味もあるが、上述した諸々の事情のおかげで、対戦で活躍させるにはそれなりの愛が必要なドレディアであったが…
サンムーン発売後、彼女は思わぬ大躍進を遂げることになった
その舞台はシングルバトルではなくダブルバトル。そして、カギを握るのはコータスの存在である。

第七世代において、コータスの特性に「ひでり」が追加された。些細な変化だが、このことがドレディアの存在価値を大きく変えた。具体的に説明すると…

1.コータスとドレディアを並べて出す。
2.コータスの「ひでり」で天候が晴れになる。
3.ドレディアの「ようりょくそ」発動。
4.素早さが上がりまくったドレディアがコータスに「おさきにどうぞ」。
5.先手を得たコータスが晴れ状態での「ふんか」。相手は崩壊する。

とまぁ、ドレディアとコータスのコンビで以て相手を粉砕する戦術が確立されたのである。
コータスは天候特性ポケモンとしてはぶっちぎりに足が遅いので、相手に天候を上書きされる心配はまずない。その上で、天候のおかげで素早くなったドレディアがすぐさまコータスを支援することで、超火力を生み出すのである。
特性が「ようりょくそ」かつ「おさきにどうぞ」を覚えるポケモンは他にもいるが、そのいずれもがドレディアよりずっと足が遅いので、相手を速攻で潰す可能性を考えたらドレディアがベストと言える。
こうして、ダブルバトルにおいて、ドレディアとコータスの組み合わせはトップメタと評されるまでになった。

主な使用トレーナー


関連イラスト

ちょうのまい
ドレディアの はなびらのまい!▼


ドレディアちゃん
ホワイト勝ち組過ぎ泣いた



関連タグ

ポケモンBW ポケモン一覧 エルフーン キレイハナ
ドレディアちゃんマジお姫様 ドレエル

pixivに投稿された作品 pixivで「ドレディア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4981468

コメント