ピクシブ百科事典

ナイアルラトホテップ

ないあるらとほてっぷ

『クトゥルフ神話』に登場する架空の神性。初出はラヴクラフトの短編小説『ナイアルラトホテップ』
目次[非表示]

貌がない故に千の貌を持つとされる神性。外なる神の一柱。
クトゥルフ神話においてトリックスターとして活躍する。
神話内でも屈指の人気を誇り、登場作品や主役となる作品も膨大にある。
ただし、設定が便利すぎるため却って作家からは使いづらいと思われることもあるようである。

名前の読み

クトゥルフ神話内でも訳による表記ブレが特に多い。それだけ多くの作品に登場し、多くの人間に訳されたという人気がうかがえる。
Nyarlathotep
ナイアーラソテップ ナイアルラトホテップ
ニャルラトホテプ ニャルラトテップ
どれが使われていても正しい表記である。

概要

『クトゥルフ神話』における外なる神(アウターゴッド)の一柱。
古代エジプトまで記録をさかのぼることができ、名前の意味は「門のところに平和(安息)はない」。古代エジプト人は人間の次元と他の外なる神の次元をつなぐ門であると考えていたという。この「ナイアルラトホテップ」という名前は古代エジプト人がこの謎めいた存在を呼ぶときに使っていた呼称であり、それ以前の名称、人間外が使用していた名称は(存在するかも含めて)わかっていない。
他の多くのクトゥルフ神話の存在とは違い、最初から人間が付けた名前である。
初出はラヴクラフトの「ナイアルラトホテップ」であり、「ナイアルラトホテップ」と名乗る不可思議な科学や魔法のようななにかの知識を持つ謎めいた人物として登場した。
「未知なるカダスに夢を求めて」にはれっきとしたキャラクターとして登場し、台詞も多い。

 魔王アザトースをあやす蕃神の筆頭。
 現代を舞台にした作品でも自由に活動している。これには多くの旧支配者らとちがい旧神らからの封印から逃れたとされることがある。ただし、後述するように封印地が設定される場合もある。(旧支配者が旧神によって封印されたかどうかも世界観による)
 外なる神の中で唯一、真の意味での人格を持つとされている。この「人格」がどのようなものかははっきりと明言されていない。「ナイアルラトホテップ」には「~心もなく」という記述もある。
 アザトースに使役されているが、主人や他の神々をも冷笑し続けている。外なる神のメッセンジャーであり魂、彼らの啓示を代わりに伝えに来る者でもある。邪教の儀式に知らぬまま現れる謎めいた人物はナイアルラトホテップの化身だと言われている。
 地球の夢の国の神々を守護してもいるが、同時に夢の国の奥深くに侵略しようともしている。

わかっている性質は混沌そのものであり、存在自体に多くの矛盾を孕んでいる。
「ない」と「ある」や「+」と「-」が中和されずに同時に存在している。

 顔がない故に千もの異なる顕現を持つため千の無貌と呼ばれるほか、エジプトで最初に信仰された神無貌の神であり、そのサバトに現れる黒い男であり、預言者であり、核兵器を開発した科学者としても姿を表す。
 この「貌がない」ことがこの存在の最も特徴的な特徴だが、それが本質的にどのようなことなのかは解釈が分かれる。「貌がない〝故に〟千の貌を持つ」という記述は大きな手がかりである。

 狂気と混乱もたらすために自ら暗躍する。ただし、その真意や意図はわからない。ナイアルラトホテップにとっては重要で、かつ面白いことであるようだ。
 ダムの水底に沈んだ土地に巣を作っていた蟻に、なんの前触れもなく自分たちを滅ぼした膨大な水を流し込んだものの存在や、その意図を理解せよというのは酷なことである。
 宇宙規模で暗躍しているはずなので、他の星の知的生命体の文化にもちょっかいをかけていると思われる。

 大鹿の女神イホウンデーを妻としているほか、従姉妹に影の女悪魔と呼ばれる女神マイノグーラがいる。妻を娶っているが自ら子を産んだりもしている。
 配下にはシャンタク鳥と忌まわしき狩人がいる。また、どの奉仕種族も召喚することが出来る。

這い寄る混沌」と呼ばれる形態は、触腕、鉤爪、手が自在に伸縮する無定形の肉の塊と咆哮する顔のない円錐形の頭部を持っている。
輝くトラペゾヘドロンにより召喚される黒い翼と三つの炎を噴きだす目を持つ闇である「闇をさまようもの」もまた、ナイアルラトホテップである。
クリーチャーとしてのイメージでナイアルラトホテップを描写するときによく描かれる化身、「月に吠えるもの」は円錐型の三本足に頭部から『血塗られた舌』と呼ばれる長い触手状の物体を生やしている。誤解する人がいるが、これがナイアルラトホテップの本体というわけではない。化身の中でも独自の特徴を持つ姿なので、アイコン的に使われることが多いためこのような誤解があると思われる。

 更に多くの化身が人間の姿を取る事もでき、創作では褐色の肌をもつ知的でスマートな美男子になる事が多い。ただし、美しいことが人間の姿としての必須の条件というわけでは決してなく、特別優れた容姿をしていたという描写のない男としてや、醜い女として登場した作品もある。正体を隠す気があるのか不明なあからさまなアナグラムの偽名を使用したり、舌まで真っ黒で、褐色どころか漆黒の肌を持つ人間の姿で現れることもあるため『黒い人』とも呼ばれている。
 人間としてのナイアルラトホテップは通常の方法で殺害することが可能。TRPGではその死体から別の化身が顕現することがあるが、自分を殺した相手には何もせず空の彼方へ消えていくと書かれている。

 オーガスト・ダーレスによる属性分類ではアザトースと同じ地属性である。
 火属性のクトゥグアとは敵対し、クトゥグアに地球での拠点であるンガイの森を焼き払われている。


千の化身

「千の貌」も文字通り千種類であるのか、無数であることを表現しているのかは異なる解釈がある。
ナイアルラトホテップの化身とは「ナイアルラトホテップ」と呼ばれる何者かが単純に化けているということではない。「ナイアルラトホテップ」という名前も古代エジプト人によってつけられた一つの名前でしかない。
それぞれの化身は同時に存在することが可能で、ある化身が別の化身に殺されてしまったという例もある。他の化身を顕現させる能力をもつ化身もいる。化身一つ一つがまったく別の存在と考える方が自然である。
化身ごとに知性も大きく差がある。
頭の悪い化身の例として、辺境部族に言い伝えられるだけの知性よりも獣の本能の方が強い力の弱い邪神の化身もいる。その一方で高名な魔術師、人類の科学力を発展させるほどの科学者の化身も確認されている。
『自由に姿を変えることができる』化身もあるほか、邪教の儀式で生け贄を基礎にして組み上げられただ焼き払われるだけの人形、機械、方程式などの無生物の貌や『ただの人間』の貌も(無自覚な者も含めて)おそらく無数に存在している。
有名どころの貌はそれぞれが人間の姿をとることが可能なようである。
ナイアルラトホテップは貌を持たないが千の貌を持ち、唯一無二の存在だが無数に存在し、正体や本質といったものを化身ごとにそなえている。こういった自己矛盾を混沌とともに内包しているのである。

矛盾する出自や正体

その出自は
・アザトースの息子である。
・アザトースの知性の具現。
・そもそもアザトースより以前に誕生していた混沌。
・ついさっき作られた。
・ついさっき計算された。
・邪神群が意思疎通のために使うテレパシーの力がナイアルラトホテップの正体だ。
・外なる神の次元に通じる門。
・邪神達のメッセンジャー。
・邪神達の異なる面を調停するエーテルであり、天の川に属する。
・無数の神々の力を宿した邪神の集合体。
などなど描く作家によってもまちまちだが、そもそも意図してそれらが互いに完全に矛盾して描かれていたりもする。おそらくすべて同時に真実なのだろう。
その在り方を正しく理解することは我々人間では不可能なのだ。

ブライアン・ラムレイによるタイタス・クロウ・サーガによれば、ナイアルラトホテップが旧神によって封じられていないのは旧支配者の精神感応力(テレパシー)の具現だからであると説明された。(幻夢の時計 42ページ)
つまりナイアルラトホテップが自由に活動できているのは、精神活動そのものを投獄することは不可能であるからである。
だが、これもナイアルラトホテプが数多く抱える矛盾した真実の一つであろう。
旧神達の幽閉から免れたとされることもあれば、故郷でもあるシャールノスの黒檀の宮殿が幽閉地であるともされる。また、リン・カーターは暗黒の世界アビスを幽閉地としている。
これらのなにかが間違っているのではなく、おそらくすべてが同時に真実なのである。

ナイアルラトホテップを称える言葉

暗黒のファラオ万歳 ニャルラトテップ万歳
くとぅるふ・ふたぐん にゃるらとてっぷ・つがー
しゃめっしゅ しゃめっしゅ
にゃるらとてっぷ・つがー くとぅるふ・ふたぐん

ナイアルラトホテップの呪文

にゃる・しゅたん!
にゃる・がしゃんな!
にゃる・しゅたん!
にゃる・がしゃんな!

別名または貌の名前

割と気安く人間の前に姿を見せ、しかも毎回違う姿になるため多くの別名を持つ。


信仰

 外なる神を追い求める多くの存在から崇拝を受ける。また、ナイアルラトホテップによく思われたいがために他の外なる神を崇拝している者もいる。
 外なる神の魂でもあり、外なる神からの託宣や贈り物をする存在なので、外なる神を崇拝するときは結局、ナイアルラトホテップも同時に崇拝せざるを得ない。またグレートオールドワンを崇拝する団体も、ナイアルラトホテップには敬意を払うという。
 それぞれの化身を通しても崇拝を受ける。「膨らんだ女教団」「暗黒のファラオ団」「血塗られた舌教団」「砂蝙蝠教団」「野獣の結社」などである。

・星の智恵派
 ナイアルラトホテップを信仰する特に有名な信仰団体である。強力な秘密主義により詳細は不明。プロヴィデンスの指導者たちに解散させられるが、今でも分派を名乗る団体が現れるようである。

信仰者

・ネフレン=カ
 古代においては暗黒のファラオと呼ばれあまりに忌まわしいがために後世の記録から存在が抹消されたネフレン=カが特に熱心に信仰していた。
 ネフレン=カが生きたまま閉じ込められたピラミッドの中には彼が死ぬまで書き続けた過去からはるかな未来に至るまでの歴史が書き記されている。この歴史を見通す力はナイアルラトホテップに与えられたものである。

関係性

・アザトース
 親にして主人。矛盾する記述もあるが、少なくともアザトースを原因として生まれているはずである。ナイアルラトホテップはこの魔王のわがままを聞き、面倒を見ている。
・マイノグーラ
 従姉妹。影の女悪魔と呼ばれる女神。
・イホウンデー
 妻。大鹿の女神。ウボ=サスラの生み出した地上生物の雛形の一体とされる。ツァトゥグァ信仰の復興に押され、信仰が衰退した。
・イブ=ツトゥル
 息子。外なる神。大昔にはイブ神として崇拝されていた。召喚されても自身は現れず、イブ=ツゥトゥルの血液だとされる化身「ザ・ブラック(暗黒のもの)」を代わりに送る。術者が召喚すると、黒い雪片のようなものが降り始めたかと思うと人間の全身を覆い尽くす。多くのナイトゴーントを従えるが、旧神と協力関係にあるわけではない。

また、妻との子供かは不明だが子供として多くの神がいる。さらに、ナイアルラトホテップの化身が女性を孕ませる描写は珍しくない。
最も怖ろしい子供はンラス=ゴルとされている。ただし極端に資料が少ない。

・百万の恵まれたるもの、シュゴーラン(奉仕種族)など
 各化身ごとに奉仕種族や無数の子供達といった眷属を従えていることがある。シュゴーランはナイアルラトホテップの貌の一つだが、その奉仕種族も同じ名前で呼ばれている。

・アルスカリ
 ニャルラトテップの手先とされる独立種族。
 人類とは全く異なる進化の過程をたどった知的生命体。姿は大体人間に似ているが、灰色がかった白い肌をしている。巨大な目が顔に一つだけある。この目には穏やかな催眠効果がある。
 かつてはサイクロプスなど、伝説上の巨人として民話や神話に語られる大きさだったが、地下に移住することで小さく進化した(人間と比べればまだ大きい)。

協力、敵対関係

・ノーデンス
 協力関係でもあり、敵対してもいる。この旧神はドリームランドの奥地へと侵略しようとしているナイアルラトホテップにとっては敵であり、「大いなるもの」と呼ばれる神性たちを守護するという目的に関しては互いに協力してもいる。

・クトゥグア
 古くから敵対しているとされる旧支配者。外なる神に匹敵する力を持つと考えられる。

もしかして

もしかして→ナイア・ルラトホテップ



登場作品

ゲーム

ペルソナシリーズ
ニャルラトホテプ、這い寄る混沌、月に吼えるもの

ワイルドアームズ』シリーズ
混沌の勢力を束ねる種族這い寄る混沌

デモンベイン』シリーズ(斬魔大聖機神咆吼機神飛翔他)
ナイア / 旧支配者ナイアルラトホテップ / ナイ神父 / チクタクマン

『朝の来ない夜に抱かれて-ETERNAL NIGHT-』
無貌の神

小説

新本格魔法少女りすか』シリーズ
魔法少女の父水倉神檎 / ニャルラトテップ

妖神グルメ
内原富手夫 / ナイアルラトホテップ

魔界都市ガイド鬼録』シリーズ
ナイアルラトホテップ(邪神迷宮)

這いよれ!ニャル子さん』シリーズ
ニャル子、およびニャルラトホテプ星人一般 / ナイアルラトホテプ

漫画

エンジェルフォイゾン
ナルラ=トテプ(ニャルラトテップ)

ゲーム

『ロードオブヴァーミリオン』
ニャルラトホテプ(LoV)

関連タグ

クトゥルフ神話 外なる神 旧支配者
クトゥルフ アザトース

関連イラスト

通常

無題
這い寄る混沌さん


無貌の神
這いよる混沌


人間体

汝に、安らぎと智慧を
祝・連載3回突破記念「這い寄る混沌化身人気投票」結果発表

pixivに投稿された作品 pixivで「ナイアルラトホテップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 759893

コメント