ピクシブ百科事典

ナックル星人

なっくるせいじん

ナックル星人は『帰ってきたウルトラマン』を始めとするウルトラシリーズに登場する架空の宇宙人。
目次[非表示]

データー

別名:暗殺宇宙人
身長:2 ~43メートル
体重:250キログラム~2万トン


帰ってきたウルトラマン
第37話「ウルトラマン夕陽に死す」
第38話「ウルトラの星光る時」に登場。
CV:沢りつお/人間態:成瀬昌彦

概要

「いつもウルトラマンの力を借りているくせに」
「お前たちの守護神ウルトラマンは二度と現れない。我々は地球が平和的に栄えるのを好まない。サターンZは武器として使用するつもりだ!」
「早く処刑しろ。バラバラにしてしまえ」

ジャックリサーチなう


用心棒怪獣ブラックキングを鍛えあげ、ウルトラマンジャックの抹殺を図る暗殺宇宙人。宇宙電波研究所の所長に擬態し、ジャック打倒の機会を狙っていた。
捕獲したシーゴラスベムスターの同族を戦わせてジャックの能力を探っていたが、予想以上のデーターが出たために、ブラックキングでも勝てるか不安になっていたが、ウルトラマンジャック=郷秀樹の弱点として坂田健坂田アキ兄妹が彼の心の拠り所になっていることに気づき、轢き逃げという生々しい形で惨殺。当時の視聴者達にトラウマになりかねないような衝撃を与えた
復讐に燃えるジャックをそのエネルギー源である太陽光線の弱い夕方に誘き出し、ブラックキングと共に完膚なきまでに叩きのめした末、敗北に追い込んだ(ただし本人が戦闘に参加したのはブラックキングとの戦いでジャックがかなり消耗してからであり、このあたりからも悪く言えば狡猾さ、良く言えば思慮深さが受け取れるだろう)。

ウルトラの星輝くとき


その後、宇宙船にジャックを拘束してナックル星に連行し処刑しようとしたが、ジャックの救出に現れた初代ウルトラマンウルトラセブンの活躍によって阻止され、この時ナックル星からやって来た宇宙戦艦も悉く撃墜された。

しかし今度はMATへの潜入を図り、伊吹隊長をはじめとする隊員達を洗脳して強力な液体火薬「サターンZ」を奪取。地球へ帰還した郷を銃殺処刑しようと目論むも、唯一洗脳を免れた丘隊員の機転もあり、あと一歩のところで失敗に終わる。
再びジャックと戦った時も一度は窮地に追い込んでいるが、闘志を取り戻したジャックの前に一方的にやられ続け、さらにブラックキングがスライスハンドで倒されると慌てて逃走を図るも、直後にジャックによって捕まえられた挙句、相手を空中から放り投げる荒技ウルトラ投げで頭から地面に叩きつけられて致命傷を負う。
死に際にサターンZで東京を道連れにしようと目論み、東京の爆破計画がまだ残っていることを言い残して消滅した。しかしその恐るべき計画も郷の活躍により阻止され、ナックル星人の野望は完全に潰え去ったのであった。

因みに人間態である宇宙電波研究所長を演じた成瀬昌彦氏は ウルトラセブン内でも屈指のトラウマ回として有名な第43話「第四惑星の悪夢」ロボット長官を演じている。

漫画版

内山まもる執筆の「小学二年生」版では、坂田兄妹を爆弾で殺害。さらに、ウルトラマンジャックを海中のスクリューで細切れにしようとするも間一髪で助かる。目論見が外れたことを知ったナックル星人は市街地にブラックキングと共に出現。ジャックを羽交い締めにしてブラックキングの角で刺殺を目論見るが、ジャックがよけたために自身に角が刺さり、そのまま息絶えるというテレビ版以上に因果応報な結末だった。その直後にブラックキングも倒されている。

また、同作者が1974年に執筆した「かがやけ ウルトラの星」では、メフィラス星人率いる宇宙人連合の幹部として参加。四国に怪獣軍団を送り込むがウルトラマンAに阻止され、ウルトラセブンのアイスラッガーを食らい他の幹部諸共殺害された。

同氏が『小学三年生』に連載した『ウルトラマンレオ』では、ウルトラ戦士への憎しみを心の支えとして自らをサイボーグ化し、シャドーマンと名乗って(どこかで聞いた名前だ)ウルトラ兄弟暗殺を誓う。
暗殺宇宙人の異名に恥じず、単身エース、ウルトラマン、そして宿敵ジャックをその手にかける。これに対し一計を案じたゾフィーはボディペインティングをしてジャックになりすまし動揺を誘うという手段に出るが、シャドーマンは「最後の手段」として加速装置を使ってクロックアップタロウ、アストラを殺害、ゾフィーにも瀕死の重傷を負わせる。しかし加速装置の時間制限が切れた直後にゾフィーが縋り付き、レオに「私ごと攻撃しろ」と進言。涙を振り払ったレオの光線の前に息絶えた。

ウルトラ超伝説』ではグア軍団の配下として1号、2号が登場。
アンドロメロスアンドロウルフを引き離す為数十倍の力を増したブラックキングキングジョーをそれぞれSP5星雲基地と東京に強襲させる二面作戦を展開する。しかし東京ではエース80の助太刀を受けてメロスがテレポーテーションを使ったことで策が破られ、それぞれサクシウム光線とダブルハリケーンの余波を受けて倒される。グラビア版では単一で登場。一度は倒されるものの再生怪獣・宇宙人軍団のメンバーとしてリベンジするが、やはり破れてしまう。

ゲーム版

PS『スーパーヒーロー作戦』では、宇宙刑務所を脱獄した犯罪者の構成する秘密結社『ETF』の一員として登場。原作同様にジャックを叩きのめし、さらに東京に隠れていた郷をいぶりだすために巨大化して子供たちを掴み「出てこなければこいつらを地面に叩き付けてやる」人質にとって叫びまわる。しかし、M78星雲で傷病を治療して帰ってきたウルトラマン(紛らわしいが、初代ウルトラマンその人である)とウルトラセブンの攻撃を受けて人質を奪還され、さらにウルトラ3兄弟の攻撃を受けて葬り去られた。

スーパー特撮大戦2001』では原作におけるバット星人の立場も担っており、ウルトラマンジャックを倒すためにブラックキングに加えゼットン(天然物)を差し向けている。事実上、帰ってきたウルトラマンのシナリオではラスボスに当たる。

ウルトラマンメビウス

「計画を、第二段階へ移行する!」

宇宙人連合


CV:中尾隆聖
映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」に登場する宇宙人連合の一角として登場した個体。
顔つきがよりシャープになり、どこぞの宇宙の帝王と同じ声ということもあってか、超悪者っぽい雰囲気になっていた。また、腕から赤い破壊光線を放つ技も手に入れている。

テンペラー星人ザラブ星人の戦闘データをもとにウルトラマンメビウスの技を研究し尽くして倒し、ガッツ星人と共に神戸の街を蹂躙した。復活したウルトラ兄弟のスペシウム光線メタリウム光線を浴びて死んだかに見えたが、どっこい生き延びてUキラーザウルス・ネオヤプールを復活させる。しかし、ヤプールはナックル星人のことを最初から自身を復活させるための捨て駒程度にしか考えておらず、「これで地球はこの俺様のモ…」まで言った途端に破壊光線を背後から浴びせられて、爆発四散した。

大怪獣バトル

大怪獣バトルNVER ENDING ODYSSEY

スペースビーストガルベロスを操り、主人公のレイを苦しめるが、暴走したゴモラ(レイオニックバースト)の超震動波を浴びてガルベロス諸共倒された。

声は中尾みち雄

ウルトラ銀河伝説

ウルトラマンベリアルによって甦らされた個体がベリアル軍団の一員として登場。
マグマ星人ダダババルウ星人と共にレイモンに立ち向かったが、レイモンのキックで倒された。
なお本作にはブラックキングも登場するが、使役しているのはシャプレー星人である。

ウルトラアドベンチャーに登場するナックル軍

「行け! EXタイラント!!」
本作は「メビウス」の遠い未来が舞台であり、ペダン星人と激しい星間戦争を行っていた。

ペダン星に大量のブラックキングを送り込むもペダン星人が新たに開発したキングジョーブラックに圧倒され、手をこまねいていた所でヤプールと同盟を組んだ。
ブラックキングに加えヤプールが送り込んだ超獣軍団と共に巻き返しを図るが、虎の子として暴れ回らせていたEXタイラントをペダン軍に逆利用され、旗艦が轟沈。あえなく全面撤退を余儀なくされた。

ウルトラマンギンガ

ルギエル・エージェンツ


CV:平野勲人
ダークルギエルに仕える闇のエージェントの一人:ナックル星人グレイが登場。
詳細はリンク先を参照。

ウルトラマンX

『ウルトラマンX』第5話にナックル星人バンデロという名前のナックル星人が登場。西部劇風の風貌をしている。チンピラのような言動をしているのが特徴。
顔つきが初代ナックル星人に近くなり、ブラックキング実に44年ぶりに共演、ブラックキングをさらに改造した“ブラックキングドリルカスタム”とタッグを組み、エックスゼロのタッグと激闘を繰り広げる。
詳細は該当項目を参照。

また9話にはギンガに登場したグレイにそっくりなナクリという個体も登場。
こちらはバンデロとは打って変わって改心して他の宇宙人と共に地球でひっそりと暮らしており、地球人とも交流を持つなど歴代のナックル星人の中でも、屈指の温厚さ・友好的な性格の持ち主として描かれている。


ウルトラマンオーブ

第6話「入らずの森」に惑星侵略連合のメンバーの一人であるナグスという個体が登場。
声は『X』と同じく岸哲生氏が担当。
性格や描写もバンデロとよく似ており、荒っぽい性格の持ち主で、銃器の扱いを得意とする。

『直前スペシャル』では、夕日差す荒野でジャックと戦う新撮映像が登場している。着ぐるみはバンデロのスーツの流用。

ウルトラマンSTORY0

「なぜこの俺がブラックキングを支配できたと思う!? この俺が、ブラックキングより強いからだよ!!」

宇宙征服を企む「星間連合」幹部の一人として登場。に似たリリパット族の住む惑星オズを征服し、多種多様な形態のブラックキングや、その餌や実験用となる怪獣を飼育する「怪獣牧場」とした。また、全身の赤い玉にマイクロブラックホールを使ってリリパット族の子供を幽閉し、「従わなければこの球を破壊する」と脅し彼らを従わせていた。

セブン、ザージカラレスフレア、オズの原住怪獣であるアギラを捕らえる。しかしカラレスの気転で逃げ延びたゴライアンがリリパット族の超能力を活かして基地に潜入、ウルトラ戦士とカプセル怪獣の活躍で基地も牧場も壊滅し、リリパット長老の捨て身の行動で子供達も奪還される。最期は全身の筋肉を隆起させてセブンに格闘戦を挑むがまったく通用せず、アイスラッガーにより一刀両断された。

正々堂々とした決闘を持ち掛けながら劣勢になると人質を殺すと脅し、怪獣を道具扱いしてカプセル怪獣を仲間だと言うセブンとザージを嘲笑うなど、悪役の中でも非道で悪辣なキャラクターとして描かれている。

ナックル兵(仮称)

ナックル配下の兵士達で、いわゆる戦闘員ポジション。
体色は頭部と同じ黒で、赤い玉は胸(ウルトラマンでいうカラータイマーの位置)に一つあるのみ。

ウルトラ怪獣擬人化計画

ナックル星人さん


2016年2月7日に行われたワンダーフェスティバルの電撃ホビーウェブニコニコ生放送にて、配下のブラックキングと共に擬人化され、同年発7月のワンフェス夏の会場にて先行発表された。
デザインはブラックキング共々、黒銀氏が担当。

掲載誌によれば、デザインコンセプトはエリートヤンキー
そのためなのか、短髪、中性的容姿体型などボーイッシュな外見になっている。
公式イラストでは杖を手にしているので、魔導師のようにも見えるが、ここには自分の円盤が格納されているという設定があるようだ。

漫画版

29話で登場。
今作ではブラックキングとは主従関係ではなく仲の良い友人同士という設定になっており、一緒にクリスマスの街でウインドウショッピングを楽しんでいた。
日常系ギャグ漫画ということもあって悪党らしい描写はなく、お人好し性格の普通の女の子として描かれている。

ちなみに、玩具のオーブリングを手にしているシーンがあるが、ナックル星人とブラックキングは上記にもあるように、実際に『オーブ』にも登場している。

関連タグ

ブラックキング ウルトラ怪獣

pixivに投稿された作品 pixivで「ナックル星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 331697

コメント