ピクシブ百科事典

ナッパ

なっぱ

ナッパとは、「ドラゴンボール」の登場人物。
目次[非表示]

ドラゴンボール」に登場するサイヤ人の一人。
CVは飯塚昭三(DBZ)、梁田清之(GT)、稲田徹(改)。

概要

ラディッツが殺され、話が一段落した直後にベジータと共に登場。
その時は彼らが乗っ取った星の人間と思しきを食っていた。
スキンヘッドが特徴的な筋肉質の巨漢で、小柄なベジータとは対照的である。
強面だが、自身の倍以上の戦闘力と高い地位を持つベジータには頭が上がらず、「オレのいうことがきけんのかーーーっ!!!!!」とベジータに一喝された際は完全に萎縮して震えあがっていた。

戦闘力は4000ほど。天津飯餃子ピッコロなどを圧倒的戦力差で葬り去った。
彼くらいの戦闘力が、サイヤ人の名門出レベルのようであり、それなりの地位もあった模様。
番外編でもベジータの側近として登場しており、その時はまだがあった。サイヤ人の髪は不気味に変化しないはずだが、地球人同様ハゲる事はある模様(あるいは自分で剃った可能性もある)。

ナッパ


あと、実はこの頃すでに、下級戦士のバーダックに戦闘力では倍以上の大差で追い抜かれている(当時のバーダックの戦闘力は1万以上)が、これはバーダックが激戦の度に瀕死の重傷からの生還を繰り返していたためであり、大抵の下級戦士はそこまで強くなる前に死んでしまう模様。

しかし、悟飯を殺そうとした直前に駆けつけてきた悟空には全く歯が立たず、最高の技と自負する口から放つ超高圧エネルギー波を至近距離から放つもかめはめ波で相殺されてしまった(しかもこのかめはめ波、一切溜めなしで放った抜き打ちである)。
悟空を仕留められない事に苛立ちを感じたベジータに「貴様では埒が明かん!」と下がるよう命令されるが、悔し紛れに生き残った悟飯とクリリンを殺そうとしたせいで悟空の界王拳による突撃を喰らう羽目になり、一撃で戦闘不能に陥ってしまった。
そしてベジータに助けを乞うが、醜態を晒した挙げ句戦闘不能になった事で「うごけないサイヤ人など必要ない!!!」とベジータに見放され、空高く放り投げられた後にエネルギー波を浴びせられて爆死した。

結局、悟空が到着してからは全くいいところを見せることができずにやられたわけだが、サイヤ人らしくタフネスはそうとうなもので、倍の戦闘力差があった悟空の一方的な攻撃を何度食らってもしぶとく立ち上がっており、当の悟空に「これじゃキリがない」と言わしめたほど。
更に最高の技も「まともに食らったらやばかった」と悟空に言わしめ、戦う前に悟空が「まだ使わない」と宣言していた界王拳を使わせた事からして、数値以上の強さだった事が窺える。
その後のフリーザ一味との戦いでの事例を見てみるとわかるが、戦闘力差2倍というのは足掻くことすら許さずほぼ瞬殺が可能な実力差であり、そんな絶望的な力の差がありながら悟空が(界王拳なしには)トドメを刺しきれなかったというのはかなりの驚異である。
もっとも、悟空は殺された仲間の恨みを晴らすつもりでいたので、一撃では倒さずに仲間の分をやり返し、ある程度痛めつけた上で実力差を思い知らせる狙いがあったものと思われるが。
それだけに完全な実力を出せぬままあっけなく殺されてしまった事が悔やまれてならない。

なおドラゴンボールの存在を知り、「ラディッツを生き返らせるんだな?」とベジータに確認したり、本気で戦わずに負けたサイバイマン処刑したベジータに「なんてことを!」と非難の声を上げるなど、下の者への情は(多少)あった模様。
ちなみにアニメ版では悟飯の「お前の母ちゃんでべそー!」にショックを受けていた事から、ナッパの母ちゃんはでべそだった事が判明する(ナッパ自身も「どうして知ってんだぁ!?」とそれを肯定している)。

ベジータとナッパ
ナパべジ



クンッ

クンッ


ナッパの代名詞とも言える必殺技。人差し指と中指を揃えて上にクンッ、と突き上げることで全方位に大爆発を起こす。
最大で数千㎞に及ぶ超広範囲攻撃が可能であり、手加減して数十mに抑えることもできる。
地球に到着して早々、「ピーピーうるさいヒヨコ達への挨拶」としてこの技を使い、街一つを瞬時にして吹き飛ばし、焦土と化してしまった。 また、悟空との対戦時にも使っており、悟空が回避して爆煙から飛び出したところへ狙いを定めて攻撃を仕掛けている。
ゲームでは爆発波とかフレイムピラーとかジャイアントストームとか呼ばれておりいまいち安定性が無い。 後にフリーザが同じような「ばっ!」を使用する。
ドラゴンボールゼノバースでは最強の技というウワサも…?

カパッ

口から放つ超高圧エネルギー波。ナッパ曰く「オレの最高の技」。
倍以上の戦闘力を持つ悟空が咄嗟のかめはめ波で相殺した点から見て、自身の評価に違わぬかなりの威力があったものと思われる。 公式の技名はついていないが、ゲームでは「口からエネルギー波」とそのまんまなネーミングから「超魔口砲」、「ブレイクキャノン」など様々な技名が付けられており、ファンからは「ナッ波」とも呼ばれている。
ちなみに一部ゲームでは大猿ナッパの技が「超カパッ」だったことも?

ゲームにおいて

放送当時発売されたファミコン用RPG『強襲!!サイヤ人』にて、中ボスとしてゲームデビュー。
戦闘力は公式設定同様4000だが、非常に高い内部補正値が設定されており、攻撃力がやたら高く、数値以上の手強さを見せる。
また、防御力は下だがHPはベジータを上回っており、同ソフトの敵中では最高値を誇る。
原作と同様のタフさが数値にも反映されている。

ゼノバース』では、DLCに追加されたドラゴンボールGT編にて、ギニュー特戦隊と供に地獄から復活する。しかし肝心のギニューがカエルになってしまった事からチームに空きが出来たため、ナッパがギニューポジションで『ネオ・ギニュー特戦隊』として結成させる。自分を殺したベジータに復讐するために協力しているが、ギニューの決めポーズを完璧にこなす割には多少のうろたえを見せた。

3DS『ドラゴンボールZ超究極武闘伝』では復活した悪人軍団として登場。
悪人全員が超強化されており、当然彼も強化されているのだが、フリーザがベジータ達にトドメを刺そうとした時、ラディッツと共にベジータをかばうというシーンがある。
何気に初めてナッパが善人になったシナリオでもある。

また、先述したとおり『Sparking!NEO』や『ドラゴンボールゼノバース』では大猿化している。

フュージョンズ』では時間と空間の狭間・第1層でラディッツと供に登場し、主人公に襲い掛かるも、後に主人公を助けるために駆けつけて来た現代トランクス悟天に蹴飛ばされた。最初の悪役としてラディッツとして登場したのだが、主人公に戦いの基本を教えたりと、チュートリアル担当として活躍した。その後栽培マンを使って戦うも、負けたにも関わらず主人公たちの活躍に期待を持つようになるほど、本来あるはずの凶暴性を持っておらず、意外と律儀で落ち着いた性格に変わっている。常にラディッツと行動しているためか、お互いの相性が抜群であるため、トランクスと悟天から見習ったフュージョンでナッツに変身し、更にはEXフュージョンでラッパに変身した。

スーパードラゴンボールヒーローズではなんとライブミッション2弾で
ラディッツ、ベジータに続き(ベジータは元々あったが)彼まで超サイヤ人3に覚醒することが判明。
眉毛がなく、ヒゲが金色になって伸びたが、ハゲであるのは相変わらず。

関連タグ

ドラゴンボール ベジータ ラディッツ
サイヤ人 ナッパ様

pixivに投稿された作品 pixivで「ナッパ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1838376

コメント