ピクシブ百科事典

ニンジャマン

あおにさい

「誰が青二才だとぉ?!怒り爆発!!」
目次[非表示]

ニンジャマンとは『忍者戦隊カクレンジャー』の登場人物であり、青二才なカクレンジャーの一員である。
CV:矢尾一樹

概要

カクレンジャー6番目の戦士。三神将無敵将軍・隠大将軍・ツバサマル)の弟子。
戦隊史上で初めて「人間態」を持たない戦士
また、巨大戦で自ら巨大化して戦う戦士である

かつての罪(妖怪大魔王に騙され人間を傷付けてしまったこと)により、三神将によって壺に封印され長い間宇宙を彷徨っていた。

性格はお調子者で熱血で陽気な子供好き。筋斗雲に乗って飛行する術ももっている。
良くも悪くもノリが軽く、敵に騙され利用されたことも何度かある。おまけに行動が行き過ぎて、はた迷惑になってメンバーから叱られることもしばしばある…。

容姿は下記にもある通りロボの様な姿だが、食べ物を食べたりくしゃみをしたり寝るなど、人間と変わらない生活をしている。
「青二才」と言われると『怒り爆発!』してサムライマンへと変化するのがお約束。

容姿

忍者のロボのような姿でニンジャブルーより青がかった色を基本とし、手足や胸などを黒と金のフチできめている。

海賊戦隊ゴーカイジャー」では

レジェンド大戦には姿を見せず、レンジャーキーにすらなっていない。

第40話にて、ドモン(→タイムレンジャー)がゴーカイジャーに守ってくるよう指示された神社の中に彼が封印されたと思しき壺(形は本作と同形状)があった。
第45話でついに登場。封印されていた理由は本人の口から直接語られた。
それは、動物園から逃げ出した動物たちが子供達を襲いかかろうとしてそれを守った、が、やりすぎて動物たちに怪我をさせてしまったという本編の時と似たような理由であった…。
本来なら既に封印が解かれても良かったのだが、三神将がレジェンド大戦で戦闘不能にまで追い込まれたため封印が解かれなかった。
ゴーカイジャーから大いなる力の譲渡を持ちかけられるが、暫くの間彼らを観察する事に。
そして46話にて彼らを認め、自身がカクレンジャーの大いなる力となった。
なお、今度の怪人は「青二才」などという言葉は言わなかったため、サムライマンへは変身しなかった。
闘いの後は、師匠の下へと戻っていった。

裏話

ニンジャマンの入った壺は、本来の歴史ではマトリンティス帝国(→ゴセイジャー)の攻撃によって神社ごと消滅してしまっていたらしい。
つまり、ゴーカイジャーがタイムスリップで歴史を変えて(『ゴセイジャーVSシンケンジャー』)いなかったならば、レジェンド大戦に参加する事も出来ずに死亡していたという事になる。

17年前の作品で当時はロボット・サポートメカとして扱われていた故に処分もされたため、スーツを新造する必要があった。それが間に合わなかったのがレジェンド大戦不参戦の制作上の理由であるが、本編修了には間に合い、終盤の数話のみではあったが参加することが出来た。
ガンマジンアーサーG6など、似たような立場のサポートロボで参戦出来ていないメンバーが多い中このような待遇を受けられたのは、ひとえに彼の人気によるものだろう。

2014年2月に発送された『レンジャーキーセット コンプリートエディション』に、メタルヒーローアバレピンクと共にレンジャーキーが登場している。

(更に補足的なもの)『手裏剣戦隊ニンニンジャー』の忍び7「春のニンジャ祭り」のOPアバン映像では歴代スーパー戦隊の集合図が流れてきており、その中でカクレンジャーはニンジャマンを含めた6人が並んだ集合図が流れていた。写真を見る限りではニンジャマンのスーツが新造版もあり、この為に新しく撮影したものと思われる。

関連タグ

忍者戦隊カクレンジャー 忍者
鶴姫 サスケ サイゾウ セイカイ ジライヤ
妖怪軍団 バクキ

pixivに投稿された作品 pixivで「ニンジャマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34981

コメント