ピクシブ百科事典

ヌオー

ぬおー

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)のうちの一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.195
英語名 Quagsire
ぶんるいみずうおポケモン
タイプ みず / じめん
たかさ 1.4m
おもさ 75.0kg
とくせいしめりけ / ちょすい/てんねん(PDW)


※しめりけ: 味方も相手もじばく、だいばくはつが使用できなくなり、ゆうばくによるダメージも無効になる。
※ちょすい: みずタイプのわざのダメージを無効にし、HPを25%回復する。
※てんねん:相手の能力ランクを無視する。

進化

ウパーヌオー

ゆる~く、ね



特徴

耳の触角がなくなり、新たに腕が生える。
体色はウパー同様水色で、背中には紫色のヒレ状の器官を持つ。
川を泳いでいる時に川底の岩や船底に頭をよくぶつけるという。
♂の方が背びれが長い。
モチーフは進化前がウーパールーパーだったのに対し、ヌオーはオオサンショウウオがモチーフ。

ゲームにおいてのヌオー

共通

見た目こそかわいいが、タイプの関係で何気に高性能。
くさ四倍しか弱点がない。

第3世代~

すばやさこそ低いものの、ちょすいヌオーはギャラドスエレキブルカイオーガなど、多くの強キャラとされるポケモンたちに対して軒並み有利。
特にカイオーガは場合によっては完封できる

第5世代

同タイプの中では低めの種族値が気になり始め、新たなライバルのガマゲロゲの登場やトリトドンの特性「よびみず」が水技を引き寄せる+特攻upという向かい風にあっている。

しかし夢特性で得た「てんねん」が優秀すぎたため、心配は全く無いという状況。
暴走した積みアタッカーのストッパーとして地位が上昇している。
前作からの「ちょすい」イメージも大きいので中々水技を撃たれにくいのもメリットだろう。

ポケダン

マグナゲートでチームメンバー管理と(特に「なかまモード」での)アイテムショップ店主を兼業している。
宿場町の近辺に住んでおり、温厚な性格。主人公達の成長を暖かく見守ってくれる。

老齢で普段はぼーっとしている事が多いが、実はGODヌオーと呼ばれる凄腕の悪人ハンターであり
悪人を見つけると徹底的に叩きのめし、二度と悪さをしたく無くなるほどにまで締め上げてしまうという。

使用トレーナー

ハナダジムのジムリーダーでアニメでは所持してないが、ゲーム版で使用する。

劇場版「結晶塔の帝王ENTEI」のゲストトレーナー。
OPでサトシのピカチュウと対決。このヌオーは10まんボルトをものともしない強敵。(じめんタイプだから当たり前だが、映画第1作のOPで10まんボルト如きで倒れたじめんタイプの先輩がいるのでここでは強敵とした。)そこでピカチュウはバトルフィールドとしていた公園のブランコを利用してずつきタライがぶつかったような鈍い音が響き、ピカチュウの勝利に終わった。(あんまりネタにされないが、船底や岩にぶつかっても大して気にしない生態を持つ彼をフラフラにさせるほどの頭突きを食らわせるサトシのピカチュウは何気に恐ろしいような。)


DPtのノモセジムの男性ジムリーダー

関連イラスト

浜辺でお絵かき
ヌオーかわいいよヌオー(*´▽`*)



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 ポケモン図鑑 ポケスペ ソフビ

pixivに投稿された作品 pixivで「ヌオー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 743239

コメント