ピクシブ百科事典

ネェル・アーガマ

ねぇるあーがま

宇宙世紀が舞台のガンダム作品に登場する戦艦。「ネェル・アーガマ」とは「アーガマに近きもの」という意味。
目次[非表示]

艦体データ

分類宇宙戦艦(強襲揚陸艦)
全長380m
武装ハイパー・メガ粒子砲、サブ・メガ粒子砲、連装メガ粒子砲、単装ビーム砲、対空機銃
艦長ブライト・ノア(ガンダムZZ)、ビーチャ・オーレグ(ガンダムZZ)、オットー・ミタス(ガンダムUC)
所属エゥーゴ地球連邦軍ロンド・ベル

概要

アナハイム・エレクトロニクス社が建造した宇宙戦艦アーガマに代わるエゥーゴの旗艦として開発され、前方にカタパルトを上方に3基、下方に2基、後方に着艦用デッキを1基装備しており、MS運用能力は高い。また、アーガマの欠点だった火力の不足もハイパーメガ粒子砲などを装備することで克服している(ボンボン版では一撃でコロニーの残骸を蒸発させているほど)。竣工直後は「戦艦」にカテゴライズされていたが、ロンド・ベル編入後は「強襲揚陸艦」となっている。
機動戦士ガンダムΖΖ』及び『機動戦士ガンダムUC』に登場する。

機動戦士ガンダムZZ

アーガマに代わるジュドー・アーシタ達ガンダムチームの拠点として登場する。指揮はブライト・ノアが執っていたが、ブライトがフォン・ブラウン市へ赴いて以降は、ビーチャ・オーレグが艦長代理として指揮を執った。第一次ネオ・ジオン抗争終結後、地球連邦軍ロンド・ベル」隊発足と同時に初代旗艦として「ロンド・ベル」に編入されるが、ラー・カイラムの就役と時を同じくして旗艦の座を移譲した。

機動戦士ガンダムUC

「ロンド・ベル」隊所属の艦として登場する。艦長はオットー・ミタス。同型艦の無い互換性のなさや取り回しの悪さから艦隊編成にも組み込まれず、主に単艦で運用されている。大規模近代化改修が施されており、推進器周りの形状がクラップ級に近い形に変化している。袖付き(ネオ・ジオン)やフル・フロンタルからは、「木馬もどき」と呼称される。
袖付きと交戦した際、左舷カタパルトデッキを破壊されたが、修復はされずそのままラプラス戦争終盤まで運用された。

備考

オリジナルデザインは明貴美加、ガンダムUC版はカトキハジメによるデザインである。ゲームなどでは、『ΖΖ』時代と『UC』時代のものを区別するため、『UC』の方はネェル・アーガマ改という名称になっている。

関連タグ

機動戦士ガンダムΖΖ 機動戦士ガンダムUC
ブライト・ノア ビーチャ・オーレグ オットー・ミタス
アーガマ ラー・カイラム クラップ 宇宙戦艦

pixivに投稿された作品 pixivで「ネェル・アーガマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20806

コメント