ピクシブ百科事典

ネオガンダム

ねおがんだむ

F91の対抗馬として開発されたアナハイム製ガンダム。
目次[非表示]

RX-99ネオガンダムとは『機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91』に登場するモビルスーツである。

概要

連邦軍の次期小型MS開発コンペティションにおいて、F90系列を作り上げたサナリィに後れを取ったアナハイム・エレクトロニクスは焦燥感を募らせ「シルエットフォーミュラプロジェクト」を発動、サナリィからF90Vタイプのデータを盗用して“仮想のF91”ともいうべきシルエットガンダムを完成させたことにより、プロジェクトは一応の成果を挙げた。
とはいえ、アナハイム社がサナリィから次世代MS開発のイニシアティブを奪回するためには、F91を含むサナリィ製MSを更に上回る機体の開発が必須であった。このような危機感から、これまでアナハイムが開発した全ガンダムタイプMSのコンセプトやノウハウを投入し、同社の総力を挙げて開発されたのがこのネオガンダムである。
開発コードはAFX-9000であったが、前述の理由からRX-78(初代ガンダム)の正統な後継機であることを謳うためか、型式番号はRX-99とされている(本機体以降「RX」系を名乗るMSは現れていない)。

ネオガンダム1号機


本機は、全2機が試作され、1号機は黒、2号機は白の塗装が施されている。コア・ブロック・システム(水平ドッキング式)を採用し、データ回収率とパイロット生還率の向上を図っている他、1号機のみブッホ・コンツェルンとの裏取引によって得たネオ・サイコミュ・システムが搭載され、これにより1号機は脳波による操縦も可能になっている。
尚、地球連邦軍に次期主力MSのベース機として納入される予定であったが、最終的に2号機のコア・ファイターを残して機体は失われ、その後の経緯は不明である。
F91に匹敵しうるポテンシャルやコア・ブロック・システムの導入による生存性の高さ等、まさにアナハイムの技術の集大成といえる傑作機であったのは確かで、もし1号機か2号機のどちらかが残存していたとするならば、連邦のMS史に大きな変化があったかもしれない…。

余談だが、コミック版では主人公のトキオ・ランドールが2号機を奪って1号機に乗る敵役のバス・ガレムソンと戦うという、ガンダム同士が戦う図式の中でも主役側に強奪される珍しいガンダムだった(プラモデル付属『MSハンドブック』版ストーリーでは月面のアナハイム社で受け取ったとされているが、こちらは尻切れトンボに終わったことや、Gジェネではコミック版のストーリーが採用されていることもあり、『ハンドブック』版が話題になることはほとんどない)。

武装

固定武装として頭部にバルカン砲、背部にビーム・サーベル(ビーム・カノン兼用式)、左腕にビーム・シールドを装備。しかし、本機最大の特徴はGバードG-B.R.DGenerative Beam Rifle Device)と呼称される大型のビーム兵器であろう。「サブ・フライト・システム+メガ・バズーカ・ランチャー」という趣旨のモジュールで、加速用のバーニアを備え、独立したジェネレータを内蔵し、高度なセンサーが組み込まれたこの武装は、ネオガンダムの機動性を高めると同時に、大出力かつ高精度のビーム射撃を広射角で行える。
その火力たるやF91のヴェスバーをも凌駕する驚異的なもので、劇中ではコロニーの隔壁を貫通しラー・カイラム級戦艦を轟沈させている。
余談になるが、ビギナ・ロナにも「ヴァリアブル・メガビームランチャー」と呼称される同一装備が存在する。この事から「Gバード」の「G」には「ガンダム専用の」という意味も込められていたと考えられる。

関連項目

ガンダム シルエットフォーミュラ91 シルエットガンダム F90 F91

pixivに投稿された作品 pixivで「ネオガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27116

コメント