ピクシブ百科事典

ネオガンダム

ねおがんだむ

ネオガンダムとは『機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

アナハイム・エレクトロニクスシルエットガンダムをベースに「シルエットフォーミュラプロジェクト」で開発した試作モビルスーツ
シルエットガンダムは、サナリィの台頭によって次世代モビルスーツ開発の主導権を奪われたアナハイムが当時サナリィで開発が行われていたF91を模倣しそのノウハウを取り込む為の機体であり、一応の成果を挙げた。ネオガンダムはこれを踏まえてF91を上回る機体を目指し過去のアナハイム・ガンダムのコンセプトやデータを全て投入した独自路線の機体として完成した。
開発コードはAFX-9000であったが、前述の理由からRX-78(初代ガンダム)の正統な流れを組んでいることを謳うためか、型式番号はRX-99とされている(本機体以降「RX」系を名乗るMSは現れていない)。

シルエットガンダムとの最大の相違点として、データ回収及びパイロット生還率の向上を目的にホリゾンタル・インザ・ボディ形式のコア・ブロック・システムが搭載されており、合体後のバックパックを兼ねるコア・ファイターの構成もガンダム試作1号機などガンダム開発計画で開発された物に似る。

全2機が試作され、1号機は黒、2号機は白を基調とした塗装が施されロールアウトした。
1号機はブッホ・コンツェルンとの裏取引によって得たネオ・サイコミュ・システムが搭載されており、脳波による思考操縦によって、手足を使わずに機体を操作する事が可能となっている。
一方で2号機にはネオ・サイコミュは搭載されておらず、コックピットシステムは従来の物を採用。コックピットの余剰スペースには、サブシートを設置している。

パイロットはバス・ガレムソン及びトキオ・ランドール。
本来は地球連邦軍に次期主力機のベース機として納入される予定であったが、紆余曲折を経て1号機、2号機は敵対。最終的に2号機のコア・ファイターを残して機体は失われた為、その後の経緯は不明となっている。
なお、サナリィはネオガンダムと同じくコア・ブロックシステムを搭載したクラスターガンダムを同時期に開発しており、一種の収斂進化の様相を呈している。

武装

頭部バルカン

頭部に搭載されたバルカン砲。
ビーム兵器主体の機体の中で唯一の実体弾兵装。

ビーム・サーベル

バックパックに装備されたビーム・サーベル。
コア・ファイターに分離した際にはガンダム試作1号機などと同じくビーム・カノンとして使用可能。

Gバード

ネオガンダム最大の特徴である大型ビーム砲。
GバードとはG-B.R.D=Generative Beam Rifle Deviceの略称である。
「小型化し手持ち武装としたメガライダー」とも呼べる装備であり、加速用スラスターと独立したジェネレーターを内蔵し、火力と同時に機動力強化にも貢献している。
放たれるビームはコロニーの隔壁を貫通し、その向かい側に居たラー・カイラム級戦艦を轟沈させるなど、F91のヴェスバーをも凌駕する火力を誇る。
ジェネレーターを内蔵式にした事で機体本体のジェネレーター出力を推進力・機動力に回す事ができ、加えて手持ち式にした事で高出力メガ粒子砲の欠点である射角の狭さを解消している。
また、コア・ファイターとドッキングする事も可能であり、この際は高い機動力と火力を誇る重戦闘機としての運用される。

ビーム・シールド

左腕にマウントされているビーム・シールド。
シルエットガンダムのそれよりデバイスが小型化され、よりサナリィ製の物に近い形態になった。

関連項目

シルエットフォーミュラ91
シルエットガンダム F90 F91

pixivに投稿された作品 pixivで「ネオガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28746

コメント