ピクシブ百科事典

ネオラント

ねおらんと

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.457
英語名Lumineon
ぶんるいネオンポケモン
タイプみず
たかさ1.2m
おもさ24.0kg
とくせいすいすい / よびみず / みずのベール(隠れ特性)


進化

ケイコウオネオラント(レベル31)

ネオ乱闘



概要

第4世代(DPtシンオウ地方)初登場の、胸ビレが非常に大きな型ポケモン。
その特徴的な容姿から、「海のアゲハント」の二つ名も存在する(公式)。

二つ名からさぞ優雅に、水中を舞うように泳いでいるのだろう・・・と思われるかもしれないが、図鑑によると敵との遭遇を避けるために腹ビレで海底を這って移動する深海魚であり、胸ビレはもっぱら餌をおびき寄せる事に用いると説明されている。
ナガヅエエソとか、あのあたりの類の生き物なのだろう。言われてみれば、胸ビレ以外のヒレは体に対してかなり小さく、背ビレに至っては確認できないため、あまりバランスが良さそうには見えない。
一応特性すいすい」の個体がいる事から、全く泳げないわけではなさそうだが・・・

ネオラント研究
ある海の1コマ


深海魚らしく体の表面に発光体を持っており、深い海の底で光るネオラントは、まるで夜空に輝く星のように見えると言われる。種族名や分類名はここから来ているのだろう。
アニメに登場した際には「あやしいひかり」のような効果を発揮し、人間さえおびき寄せていた。実はでんきとかエスパーの素質があるんじゃなかろうか。

この特徴から、生態の近いランターンとは競合関係にあるらしく、よく餌の奪い合いになるそうである。向こうは正式にでんきタイプを有しており、相性的に勝てる気がしないのだが。
アゲハントも見た目や能力に反して中々獰猛なポケモンとして知られており、もしかすると二つ名はそうした面を見て付けられたのかもしれない。

ストーリーでの扱い

鳴き声がエコーがかかったようだったり、グラフィックが常時半眼だったりと、生態同様になんとも言えない雰囲気を醸し出している。
が、同期の鳴き声が特徴的なポケモン達のように大きな話題になる事はなかった。

何故ならこのネオラント、とても影が薄いのである。
深海魚という設定を反映してか、野生の個体は一部海域で「すごいつりざお」を使う事でしか遭遇できず、育成しているNPCも『DPt』のストーリー中1人のみ。しかも避ける事が可能な位置にいたため、そもそも出会わないでストーリーを終える可能性さえあったのだ。


希少な魚型ポケモンと言えばヒンバス系列という前例があったが、出現場所が限られすぎて逆に話題になっていた上に、ミロカロスみんなのトラウマレベルの戦績を残したために嫌でも印象に残るあちらとは異なり、ケイコウオ系列は良くも悪くも空気
『DPt』では、クリア後のエクストラダンジョン的なバトルゾーンを攻略するにあたり、「ストーリーに登場するポケモンに最低1回ずつ出会っていること」が必要となるのだがその条件を知って初めてネオラントを探し回るトレーナーが続出したくらいである。

当時ネット環境で影響力を増しつつあった動画投稿サイト「ニコニコ動画」でも、第4世代までのポケモン493種の中で記事立てが最遅になるという始末。
これが同サイト内でネタにされた(外部リンク)事が決定打となる形で、「最も影が薄いポケモン」の異名が非公式に定着してしまう

世代を跨いでも扱いは全く変わらず、「よびみず」の仕様変更や隠れ特性(夢特性)による強化フィーバーもどこ吹く風。ネオラントはまさに深海魚のようにひっそりと環境の片隅に棲息し続けた。強いて言えば、シンオウをよく知らないトレーナーからイッシュの新ポケモンと誤解されるという新たな空気ネタが発生したくらいか。


だが、『XY』のカロス地方は違った。
同地方のバトル施設「バトルハウス」にて、ボス級トレーナー・ルスワールがネオラントを手持ちに抜擢したのである。
あくまで接待用のパーティで、いわゆる「ガチパ」は別に存在していたものの、かつてクロツグの下でミロカロスが務めていた役割と同等の大役を担うという出来事は、挑戦者に大きな存在感を感じさせた事だろう。ネオラントは立派な要対策ポケモンになったのだ。

ルスワール


・・・と締め括りたかったところなのだが、正直悪目立ちしかしていなかったというのが現実であったりする。
ルスワールは、ダブルバトルにてあまごい」で火力と素早さを上げつつ「なみのり」で範囲攻撃を行うという戦法を取ったのだが、ネオラントはまだしも他のメンバーが全く雨状態を活かせてなかった
かみなり」で強力なシナジーを発揮できたはずのパチリスさえ、何故か交代技の「ボルトチェンジ」を「とんぼがえり」と並立で持たせるというミスマッチぶり。更に言えば、ネオラントすら必ずしも「すいすい」の個体ではなかったり

そもそもまもる」持ちが誰もいない状態で「なみのり」を連発させたため、ネオラントにさえ気を付けていれば後は勝手に他のメンバーを消耗させてくれるという、接待どころか舐めプもいいところな散々な試合になっていたのである。
挑戦する上ではありがたい措置ではあるのだが、初の大役が味方殺しになったネオラントとは一体・・・

対戦での扱い

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計値
ネオラント696976698691460
ケイコウオ494956496166330
進化前比較+20+20+20+20+25+25+130


素早さと特防が少し高めな以外は1進化ポケモンとしてごく平凡なステータス。ミロカロスのように追い求められなかったわけである。
より素早く、手足を活かした技も多数覚えられる、同期のフローゼルも気になるところ。特性まで被っている。

この素早さ、第6世代初期に廃人の間で「10ほど上昇したのではないか」という噂が流れた事がある。ライチュウ等で実際にあった強化なのだが、ネオラントはその対象に入っていない
どうやら、あまりに使い手が少なすぎて、廃人層にすら正確な値や「すいすい」の存在が忘れられていただけというのが事の真相のようである。しかも、この騒動さえ「ルスワールのガチパに未解禁の夢三犬がいた」という桁違いの衝撃にかき消されて早々に風化していった。どこまでも不憫


ネオラントならではの特徴としては、「海のアゲハント」の二つ名通りむしタイプひこうタイプの技をそれなりに有するという点が挙げられる。
もっとも、高火力技は軒並み覚えられず、「ほたるび」や「ちょうのまい」といった有用な積み技の習得対象からも外れているため、それで苦手なくさタイプを返り討ちにできるかというとかなり厳しい
せいぜい「とんぼがえり」できあいのタスキや「がんじょう」を潰しながら逃げるか、「おいかぜ」で他の味方をサポートできる程度だろう。素の火力を考えても、ネオラントにメインアタッカーを期待する事は無謀と言える。


補助技ならば、進化前に引き続き自力で「メロメロ」「ゆうわく」、タマゴ技で「あまえる」「てんしのキッス」を覚えると、妙な方向性の技がやたらと充実している。中途半端な値で揃ったHP・攻撃・特攻と合わせて「ポケモン界の泳ぐ18禁などと言われるとか言われないとか。
だが、ミロカロスも似たような特徴を持っている上、あちらは隠れ特性で「メロメロボディ」まで得てしまってるため、明確な差別化要素となっているわけでもない。そしてなにより、多分廃人層には通用しない

また、自力で「うずしお」を習得する、いそうでいないポケモンでもある。上記の補助技や「どくどく」「ダイビング」あたりと組み合わせれば、強引に耐久型ができない事もない
とは言え、やはりそれで活躍するネオラントがいたという話もあまり聞かず、代わりに流れてくるのはとある空気主人公迷言と掛け合わせたネタばかりであったが。
わぁいうずしおネオラントうずしお大好き。


ルスワールを反面教師として、無理に殴らせず「みずびたし」や「こごえるかぜ」等でのサポートを中心にすれば、ダブルバトル以上にも出せない事はない。「よびみず」が真価を発揮するのもこちらである。
ただし、世代を経る毎に高速化が進み、素早さ91はもはや速いとは言えなくなってしまった事、「みずびたし」がメガシンカや「バトルスイッチ」で容易に無効化されるようになってしまった事など、課題も多い。味方を巻き込まない範囲攻撃技である「だくりゅう」も覚えられない
根本的な立場の改善は、次世代以降に持ち越されそうな情勢である。

余談だが、しぜんのちからの技マシンはケイコウオの段階でしか使えず、ネオラントになってからは覚える手段が無くなってしまう。現状特に有用な使い道があるわけでもないが、かつては「じしん」に変化していた事もあった技なので、記憶に留めておいて損は無いだろう。

関連イラスト

ネオラント
**


空からのおとしもの
深海魚



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン一覧 みずタイプ シンオウ 深海魚 ネオン アゲハント

pixivに投稿された作品 pixivで「ネオラント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 223833

コメント