ピクシブ百科事典

ネット右翼

ねっとうよく

一定の特徴を持った右翼的発言をインターネット上で行うユーザー、および彼らに直接あるいは間接的に影響を受けた人々の総称として作られた造語。
目次[非表示]

概要

この単語自体は2ちゃんねる成立直後には普通に使用されており、それ以前から既に使用されている形跡が存在し、ウヨ嫌韓厨といった言葉も使用されていると推測される。

この言葉の略称などとして「ネトウヨ」「ネットウヨ」「熱湯浴(変換ミスより)」が挙げられる。特に「ネトウヨ」は語呂が良く変換しやすいため広く定着していった。

元々はネットスラングであるがゆえに明確に定義が決まっているわけではなく、否定的なレッテル貼りであるが故に、論者によっては意味・内容が異なる。実際の所「ネット版・街宣右翼(ニセ右翼)」的な扱いで、「(国士改め)酷使様」などとともに蔑称として使われる。肯定的に捉える際にはしばしば「ネット保守」と言い換えられるが、「ネット保守」も批判的ニュアンスを込めて使われることは多い。

「右翼の器にあらず」として従来の右翼団体及び支持者には彼らの存在を嫌う者も多い。しかし、高須克弥瀬戸弘幸など「ネット右翼」を自称する者もいる。

ネット上の嫌韓言説(≒ネット右翼)は2002年日韓ワールドカップの開催を機に台頭したが、2005年ごろまでは彼らの活動はネット上にとどまっており、マスコミはあまり取り上げることはなかった。しかし2006年に「在日特権を許さない市民の会」が結成され、同会をはじめ「街に出たネット右翼」と称される草の根市民団体脅迫ヘイトスピーチなどの事件が報道されるようになると、この言葉が普通にネットの外でも使われるようになっていった。

2010年代の実態としては「特定アジア」などネット周辺から生まれた用語が産経新聞など既存のメディアで使われるようになっており、ニダーなど2ちゃんねるから発生・一般化したネット文化も少なくなく、彼らがネット文化、さらには右派言論に与えた影響はいい悪いは別にして無視できない物も多い。

問題点

ネット右翼を自称する、あるいは認定される者の中には「ソースなどを確認せず発言」「デマの流布」「事実の捏造・改竄・歪曲」「2ちゃんねるなどの掲示板での荒らし行為」「敵対する人物や団体を誹謗中傷する」「民族差別を煽る発言」などの問題行動を繰り返し、この行動をたしなめられると相手を「反日」「テロリスト」呼ばわりするなどの無茶なレッテル貼りを行ったり、「根拠の無い敵対陣営認定」(たとえば「工作員認定」「在日人認定」)を行うなど、いわゆる厨的な行動が非常に目立っている。

なお、ネット右翼の中には「誹謗中傷や虚偽の内容を流すネトウヨは、サヨクや在日が成りすましたニセ右翼である」と主張する場合もあるが、これもまた「根拠の無い敵対陣営認定」に類する話である。

ただし、このようなの存在はネット右翼と呼ばれる者達のみが抱える問題ではなく、ネット上、あるいは多くの人が集まるコミュニティにしばしば存在する。
ネット上でわかりやすい例としては、ゲハカップリング論争など、多くのジャンルにおいて問題化している信者アンチの騒動に巻き込まれるファンという構造と、本質的にはほぼ同じであり、もはや思想とは関係なくただ厨は厨としか言いようが無い。

注意点

上述の通り、ネット右翼は伝統的な右派とは別の勢力とされていた。しかし、上述の瀬戸弘幸などはいわゆる「企業ゴロ」「恐喝右翼」と言われるブラックジャーナリスト出身であり、旧来の右翼やニセ右翼が、ネット右翼と呼ばれる者たちを利用しようと彼らに接近し、扇動したことによって浸透した面も否定できない。

さらに、自民党がネット右翼を取り込もうとした試みと言われる「自民党ネットサポーターズクラブJ-NSC、ネトサポ)」では、入会したネット右翼らしき者達の差別発言が酷すぎて、慌てて「自民党は差別を認めません」と宣言する一幕もあった。

近年はかつて親韓的だった自民党にも、ネット右翼の影響もあってか嫌韓的な発言を繰り返す議員が増えており、2014年には自民党総裁の安倍晋三首相自身がFacebookでネット右翼系ブログ「保守速報」を紹介するなど、ネット右翼と既存の保守層との明確な境はほぼなくなっている。

さらに、近年はネット右翼に似た論調が産経新聞週刊文春フジテレビなどの保守系メディアでも普通に流布するようになってしまい、マスコミを通じてネット右翼的な言説が民衆に浸透しつつある。

ただし、上記のメディアがネット右翼的な論調一色になっている訳ではない。そもそもフジテレビは韓流捏造(ゾンビウェーブ)疑惑により、ネット右翼からは反日企業認定されている。

関連項目

対義語:ネット左翼

pixivに投稿された作品 pixivで「ネット右翼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9007

コメント