ピクシブ百科事典

ネネちゃん

ねねちゃん

クレヨンしんちゃんにでてくるキャラクターの愛称。
目次[非表示]

クレヨンしんちゃんの登場人物、桜田ネネの愛称である。
かすかべ防衛隊の一人。
タグの登録数としてはこちらのほうが多い

かすかべ防衛隊の紅一点でもある。友人にはネネちゃんと呼ばれている。
CV:林玉緒

概要

ひまわり組のしんちゃんの友達の女の子。
登場当初はマサオくん同様ちょっと泣き虫な子だったが、今では男性陣を一喝で黙らせるほどにたくましくなっている。どうしてこうなった状態である。その姿はまるで30分前のガキ大将を思わせるが、女の子なので彼と違い肉体的暴力を振るう事は滅多にない。

リアルおままごと」なる遊びが大好きで、嫌がるしんのすけ達を無理矢理参加させるのはお約束。
(ちなみにこのリアルおままごと、内容が物凄くドロドロしていてヘタなメロドラマより非道い)

母親である桜田もえ子からの血筋なのか(詳しくは後述の「きっかけ」にて)、嫌なことがあると物陰に隠れてウサギのぬいぐるみ(通称、なぐられウサギ)をサンドバッグにし、ストレス解消するのが癖。
このなぐられウサギ、時には彼女の武器として振り回されることもある。
だが、アニメで夢とはいえいつも殴られるウサギが桜田親子に恨みを言いながら迫ってきた事がある。その後もたびたびホラーなキャラクターとして登場する)
殴られウサギの他にも、コブラツイスト用に四の字固め用、卍固め用、ラリアット用‥と、あらゆるウサギのぬいぐるみをコレクションしている(因みに殴られウサギははずかし固め用)。
あいちゃんとはライバル的な関係だったが、今は仲が良いようである。

きっかけ

前述のようにバイオレンスな性格に変わったきっかけはおそらく、「ネネちゃんがおこったゾ」にて、風間くんとしんちゃんとの三人でネネちゃん家でおままごとをやったとき。

※ちなみにこの事件の1回目のおままごとの際、風間くんが「せっかくだからシチュエーションを決めよう」と言ったことが、後にネネちゃん脚本のドロドロとした「リアルおままごと」の発端と思われる。この時風間くんの考えた設定がけっこうギスギスしていたのでほぼ間違いない。
もしかしたら彼女の性格というか本質的にハマっていってしまったのかもしれない・・・。

ウサちゃんを赤ちゃん役にして寝かせていたところに、しんちゃん(父2号役)が誤ってウサちゃんの顔面を踏んづけてしまったことでネネちゃんが「しんちゃんなんて大嫌い!」と激怒してケンカ別れになってしまったのだ。
だがその夜、ネネちゃんの夢に出てきたウサちゃんに「しんちゃんを許してあげて」と言われ目を覚ますと、自分の寝相でウサちゃんを足蹴にしてしまっていたことに気づき(人のこと言えないか、と思ったらしく)、翌日風間くんと共に謝りに来たしんちゃんと仲直りをする。(しんちゃんは当然初めからほぼ反省の色は無かったが)
そして改めて昨日のおままごとの続きをするのだが・・・

ネネちゃんが赤ちゃん役のウサちゃんをおトイレに連れて行こうとして、
「いい子だからちょっと我慢してね~・・・あーっ!おもらししてる!!」
「なんでママの言うことが聞けないの!謝りなさい!」
とウサちゃんの耳を握りしめたかと思うと次の瞬間――

壁に投げつけたのである。

その後も我が子にお仕置きするかのように「なんでいつも口答えするのよ!」とチョップしたり、足で踏みグリしたりと、数分前に、
「昨日はごめんね。ウサちゃんすごく大事にしてたからつい怒っちゃって・・・」
と子供らしく純粋にウサちゃん大好きなんだなと視聴者に思わせていた態度がウソのようであった。・・・おそらくこの時はまだ無意識にやっていたのだろうけど。

なお、話の最後でこの様子を偶然見ていた母親の桜田もえ子は「血筋、かしら・・・」と呟いていた。

容姿

ちょっと赤茶色の髪にツインテールの姿をしている。

関連イラスト

女の子コンビ
多分誰もが一度は考えたと思う



関連タグ

クレヨンしんちゃん ネネちゃん
かすかべ防衛隊 野原しんのすけ 風間トオル 佐藤マサオ ボーちゃん
ひまわり組 酢乙女あい
なぐられウサギ殴られウサギ

pixivに投稿された作品 pixivで「ネネちゃん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 526865

コメント