ピクシブ百科事典

ネーナ・トリニティ

ねーなとりにてぃ

ネーナ・トリニティとは、機動戦士ガンダム00の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

生年月日不明
外見(肉体)年齢17歳(1st season)→22歳(2nd season)
身長151cm(1st season)→156cm(2nd season)
体重42kg(1st season)→44kg(2nd season)
血液型B
CV釘宮理恵


概要

アニメ『機動戦士ガンダム00』の登場キャラクター。
その小悪魔的な容姿と言動は釘宮病患者のみならず、多くの視聴者を虜にしたようである。
因みにスローネシリーズのメカニックデザインを担当した鷲尾直広氏のお気に入りキャラクターでもある。

表紙用ネーナ

※pixivユーザーでもある鷲尾直広氏が描いたネーナ

CVの関係や見た目からファンの多いキャラクターであるが、ネタ抜きのド外道として扱われている。
どうしようもなく身勝手な性格、気が向くままに破壊行為や殺戮行為を楽しむ残虐さ、単なる気まぐれで起こした行動が多くの無関係の人間の人生を狂わせるなど、いかにもな萌えキャラなのに全ての行動が視聴者に不快感を与えるように機能している。アニメ史上でも稀に見る特殊なキャラクター。
基本的に美少女キャラなので人気は高い方だが、毛嫌いしている視聴者もまた多い(特にルイスのファン)。

人物像

ソレスタルビーイングに所属する三兄妹のマイスター、チームトリニティの末妹。
戦闘支援や電子戦に長けたガンダムスローネドライに搭乗し、情報収集や撤退支援、ステルスフィールドによるジャミングなどを担当。
長男であるヨハン、次男のミハエルを「兄兄ズ(にぃにぃズ)」と呼んでいる。
3人とも名前はコードネームであるが、後述の通りマイスターになるためだけに生みだされた存在なので本名と呼べるものは存在しない可能性が高い。
赤髪そばかすがチャームポイント。髪型は1st seasonと2nd seasonとで違う。(1stはツーサイドアップ、2ndはサイドテール

外見(肉体)年齢は17歳だが、推定される実年齢は一期の時点で5歳以下なので、考えようによっては合法ロリである。まったくけしからん
アレハンドロの私兵として生み出されたデザインベビーであり、限定的ではあるが脳量子波でのヴェーダへのアクセス能力を与えられている。
ガンダムマイスターとしての技量は兄達と同じくあまり高いとは言えず、乗機のスローネドライも強力な武装を詰んでいなかったこともあって、劇中での戦闘では完全に他のエースパイロット達に技量負けしていた。
パートナーは紫色のHARO

作中での活躍【あたしを怒らせたらダメよ?】

ファーストシーズン

三大国家群によるガンダム鹵獲作戦で窮地に陥り、サーシェスの新型MSアグリッサの奇襲により死亡寸前刹那に助太刀する形で登場した。シチュエーションだけ見ると完全に正義の味方である(もっとも、この後赤いGN粒子を散布するシーンはかなり禍々しく、後の展開を予期させるが)。
その後兄2人と共にチームプトレマイオスの下へ挨拶に赴く。そこで明るく活発だが、甘やかされて育ったことを伺わせるかなりのワガママ気質を発揮した。だがそこがいい。
生身での対面が初だった刹那を一目で気に入り、ほぼ不意打ちでキスまでしてしまった。当然だが刹那はかなり嫌がっていた。

無邪気ともいえる幼さの一面に論理観の欠落した残虐性を持ち、その極め付けが次の戦場へ向かう途中で偶然、ルイス・ハレヴィとその家族が同席していた結婚式を見付け、
「自分達は世界を変えるために戦ってるのに呑気に楽しそうなのが気に入らない」という理由で

「死んじゃえばいいよ」

という一言と共にビームライフルを発射。彼女の両親と親戚を皆殺しにしただけではなく左手を失う大怪我を負わせた(しかもその際に浴びた疑似太陽炉GN粒子は毒性が残っているため、再生治療が不可能)。
物語後半でアレハンドロに用済みとされ、逃亡生活を続ける中、刺客としてやって来たサーシェスにヨハンとミハエルを殺されてしまい、自身も撃墜されそうになるが、間一髪のところでガンダムエクシアに救助された。

セカンドシーズン

王留美の配下の一人として、彼女とソレスタルビーイングの間の連絡を取り持ち、プトレマイオス2に情報を流すなどの仕事を受け持っていた。ガンダムスローネドライを積んだ擬装MA『リィアン』を使って戦場の情報収集などにも奔走しており、砂漠カタロン秘密基地からの物資運び出しにも参加していた。
しかし、留美がイノベイターと関わりを持っていると知ると、有能な手駒を演じつつ留美の行動を監視するようになり、彼女がイノベイターを見限ってソレスタルビーイングに接触を図った際に反旗を翻し、留美と紅龍の2人を殺害する。

しかし、直後にリボンズの配下として現れたルイスのレグナントと遭遇。
「パパとママを殺した、あの時のガンダム!!」という発言に対し「家族の仇!? 私にだって居るわよ!! 自分ばっかりいい子ぶって!!」と憤りをぶつけながらドライで応戦するが、既に型落ち同然であった4年前の機体ではその性能差は如何ともしがたく、あえなく機体は撃墜。
断末魔は『ちくしょおおおぉぉ!』。ルイスの憎悪の原因が自分ということを理解出来ないまま散っていった。自業自得とも呼べるが、何処か悲壮感を漂わせているかのような最期であった。

劇場版

彼女の遺伝子上の親族であるミーナ・カーマインが登場している。詳しくはミーナの項へ。

他メディアミックス作品での活躍

Gジェネレーションシリーズ

Gジェネシリーズにも出演を果たしたが、そこでのネーナは本編からは考えにくいはっちゃけっぷりを披露している。釘宮ボイスで放たれる「ごっとふぃんが!」、「ふぃん・ふぁんねる!」は、Gジェネファン層にも釘宮病が拡大感染する事になった。

『EXTREME VS. FULLBOOST』

2012年に登場した本作において、明らかに戦闘力が上のはずの兄二人とその乗機を差し置き、めでたく参戦している。因みに兄二人の機体は当然モビルアシスト扱いである。

第2次スーパーロボット大戦Z

NPC及び敵として登場。
中断メッセージで中の人の代名詞ともいえるツンデレじみたセリフを聞くことが出来る。(ネーナ自身はツンデレキャラではないが)

関連イラスト

ファーストシーズン

死んじゃえばいいよ!
ネーナ・トリニティ


セカンドシーズン

00の台風少女、再び。
ネーナ可愛いよネーナ



関連タグ

表記揺れ

ネーナ

機動戦士ガンダム00 / ガンダム00 鷲尾直広 釘宮理恵 釘宮病
ガンダムスローネドライ
ヨハン・トリニティ ミハエル・トリニティ(兄たち)
刹那・F・セイエイ 王留美 紅龍(一応味方)
ルイス・ハレヴィ(彼女の家族を殺す)
アリー・アル・サーシェス(家族を殺される)
アレハンドロ・コーナー ラグナ・ハーヴェイ リボンズ・アルマーク(利用された)
ミーナ・カーマイン(遺伝子が同じ)

久慈川りせ中の人外の人繋がり
円亜久里/キュアエース:中の人繋がり⇒キュアネーナ

pixivに投稿された作品 pixivで「ネーナ・トリニティ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1133567

コメント