ピクシブ百科事典

ハイマックス

はいまっくす

カプコンから発売されているゲーム「ロックマンX6」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

ゲイトによって開発された、アイゾック率いるナイトメアウイルス調査団のリーダーを務める。
「オールドロボット」であるエックスを超えるレプリロイドとして製作され、数値上の性能、特に防御力においてはエックスを遙かに上回る。無愛想な性格で、確実に任務をこなすことを身上とし必要なこと以外は喋らない。

OPステージの最後に現れ、戦いを挑んでくるが、エックスの初期装備ではまったくダメージが通らない。
所謂、初代ロックマンXにおけるVAVAのポジション。

実は解析に成功したゼロのデータの一部を使って製作されており、自らのオリジナルに該当するゼロをこの世から抹殺するべく執念を燃やすも、エックスやゼロに秘められし潜在能力の前には適わなかった。

声優は若本規夫だが、セリフは感情の起伏がまったく感じられない機械的なもの。


弱点武器

ハイマックスには通常攻撃が通用しない。
倒すには特殊な手順が必要で、状況によっては手詰まりになる可能性もある。

エックス
・チャージショット後に、特殊武器で攻撃。
シャドーアーマーの円月輪。
アルティメットアーマーでチャージショット後に、ノヴァストライクで攻撃。
ゼロ
・必殺技後に、攻撃。
円水斬

なお、ダメージを受けた時に発する台詞は「効かん・・・!」であり、断末魔もこの台詞である。

使用技

デスボール
ハイマックスの代表的な技。攻撃力が非常に高い。
巨大な球状エネルギーを地面に向けて発射。球状エネルギーはそのまま地面に沿って移動する。
初期状態ではジャンプしてかわすのが困難なので、大抵のプレイヤーは壁によじ登って逃げようとするが
デスボールは壁に到達しても消滅せず、そのまま壁に沿って移動する。
所謂初見殺し技で、プレイヤーの行動を見透かしたようなセリフを発するのが印象深い。
「デスボール………無駄だ」

シーズショット
胸部に腕を置いて、小型エネルギー球4連発を3回放ってくる。
威力は低く、かわすのも容易。
「死ぬんだ」

デスブレイク
デスボールエネルギーを腕に充満させながら突進してくる。
突進スピードがやたらに速く、ジャンプでかわすのはほぼ不可能。

ガード・リング
ガードエネルギーを身に纏って、体当たりを仕掛けてくる。

ガーディアン
攻防に利用できるガードエネルギーを、両端へ装備している。
ガーディアンの攻撃バリエーション
ガード・ロップ
ガーディアンを視界から消した後に、エックス、ゼロへ落としてくる。
ガード・レイク
ガーディアンを前方に放って、電磁弾を撃ちだしてくる。
ガード・リペア
ガーディアンが破壊されると、すぐにもう一度発現させてくる。

デスボール・ファイナル
体力が一定以下になると発動。この状態になると通常攻撃が通るようになる。
中央に陣取って高速で飛ぶデスボールをプレイヤーに連射してくる。
デスボールに攻撃を加えると4つの小型デスボールに分裂する。
分裂しても威力がまったく衰えないため非常に厄介。
「デスボール…デスボール…デスボール…デスボール…デスボール…デスボール…デスボー(ry

関連イラスト

デスボール



関連イベント


関連タグ

ロックマンX ゲイト アイゾック ゼロ
ガングリフォン‐同名のロボットが登場する

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイマックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20681

コメント