ピクシブ百科事典

ハインケル・ウーフー

はいんけるうーふー

ドイツの夜間戦闘機、もしくは平野耕太の漫画のキャラクター
目次[非表示]

曖昧さ回避

ハインケル・ウ―フ―とは、

  1. ハインケル社(ドイツ)が第二次世界大戦中に開発し、ルフトヴァッフェに採用された夜間戦闘機He219
  2. 平野耕太漫画作品「HELLSING」・またはその単行本1巻から3巻に収録された短編「CROSS FIRE」の登場人物
この記事では漫画作品のキャラクターについて記載する。

漫画作品のキャラクター

神父服を着用した女性。HELLSINGでは殆ど男性のような外見で描かれる。
『CROSS FIRE』の設定では、由美江とコンビを組むイスカリオテの殺し屋。
HELLSING本編には武装神父隊のリーダー的存在兼由美江のブレーキ役兼全体のツッコミ役として登場する。

くちびるがプリップリ

物語終盤、大尉に頬を撃ち抜かれ、さらにウォルターに左の手足(肘・膝から下)を切断されるも生き残る。

巻末で「銃とかめんどくさいので次回死にます」とか言われ続けていたが
いわゆる「死ぬ死ぬ詐欺」だったようだ。

10巻の30年後を描いた書き下ろしストーリーにも登場するが
顔の傷は残ったまま、左手足はアングルで隠されておりどうなったかは不明。
9巻で大尉に撃たれ左頬をごっそり失っているので、以降しゃべり方が「は行」よりの発音になっているが、10巻本編ではルビ打ちがめんどくさくなったのかまともにしゃべっている。
書き下ろしでは多少やる気が出たのか、撃たれた直後のしゃべり方に戻っている。

二挺拳銃で戦うガンマン。
ちなみにふたなり疑惑がある。(作者インタビューの際。)

関連タグ

ハインケル ルフトヴァッフェ He219
漫画 平野耕太 HELLSING

pixivに投稿された作品 pixivで「ハインケル・ウーフー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23250

コメント