ピクシブ百科事典

ハオ

はお

ハオとは、『シャーマンキング』に登場するキャラクター。

CV高山みなみ 500年前のハオ:緑川光

プロフィール

年齢13(中学1年生)
西暦1985年
誕生日5月12日
血液型A型
星座牡牛座
身長160cm(登場初期)
好物カレーとパン
趣味作曲


麻倉葉と瓜二つの顔をしており、その正体は、かつてG.Sを使って人類を滅ぼし、優れたシャーマンだけの世界「シャーマンキングダム」を作ろうとした麻倉家始祖の大陰陽師・麻倉葉王
因みに人類を憎んでるはずなのにやたら子孫がいるのは後の転生などを考慮したのではなく、単に寂しがり屋だったからほうぼうの娘に手を出しまくっただけである。
陰陽道を究め、泰山府君の祭で閻魔大王と契約することにより自らの輪廻転生を自在に操れるようになった葉王は、死後も転生を続け、葉の双子の兄・ハオとして現代に現れた。

落ち着いた物腰に見えるが、その本質は冷酷無慈悲かつ残忍。その圧倒的な巫力から相手を見下す傾向があり「ちっちぇえな」が口癖となっている。
部下達に「ハオ様」と敬われているが、彼にとっては自分の目的を果たす為の手駒に過ぎない。また、自分に協力を示さない者は、躊躇いも無く平然と消してしまう。このやり方から、部下のシャーマン達以上の大勢のシャーマン達から恨まれており、ハオ打倒を目的にS.F.に参加したシャーマンも多い。
シャーマンとしての精神の強さは“人類への怒りと悲しみ”。

ということになっていたが、気軽に部下を殺しまくったのは(魂を木っ端微塵にしても)シャーマンキングになれば再生できるから自分が馬鹿にするのはいいが他人に部下を非難されるのは嫌というフォローなんだか格下げなんだかよくわからない設定が付いている。

加えて続編で(シャーマンキングになったら基本的に現世には帰ってこないのだから知る由もないのだが)最後の最後の試練としてシャーマンキングは遡って7代前までの先任者に拒否権があることが判明。転生しまくって何度もシャーマンファイトに参加するという彼の戦略は根本から間違っていたことが立証されてしまう。拒否権発動には七代中三代の合意が必要だが彼の場合直接喧嘩売った二人立川のどっちかで条件を満たしてしまう。チャンスなど最初からなかった

特に先代には決定的に嫌われているらしく、続編の大きな軸となっていく(→シャーマンキングFLOWERS

持霊は五大精霊スピリット・オブ・ファイア

関連タグ

シャーマンキング 麻倉葉 麻倉葉王

pixivに投稿された作品 pixivで「ハオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1343462

コメント