ピクシブ百科事典

ハクビシン

はくびしん

哺乳綱食肉目ジャコウネコ科パームシベット亜科ハクビシン属に分類される動物。漢字では「白鼻芯」と表記する。

その名の通り、額から鼻にかけて(鼻心に)白い線があるのが特徴である。東南アジアから中国を中心に分布しており、日本では四国と本州の東半分に生息している(因みにハクビシンは日本に生息する唯一のジャコウネコ科の動物である)。雑食性だが果実を好み、果樹園では害獣呼ばわりされる。
中国では「果子狸」(クオツリー)と呼び、食用にする。(中華料理バトル漫画鉄鍋のジャン』に食材で出てきたよね)

 明治時代に、台湾の辺から、「ペットだか食用」で輸入されたものが逃げ出した、外来種説があるのだが、1980年代、多分1990年代までは、「タヌキと生態的地位(ニッチ)が被る」割に、巣(廃屋など)で両者がそろってもふもふしていた、ことなどから「在来種説」がある。

 縄張りという概念がない。お父さんとお母さん、長子という単位で生活し、移動などをする。長子は弟妹の世話をする。フットワークが軽いので、民家の屋根裏で居候し、子作りとかする。

江戸時代に描かれた妖怪「雷獣」はハクビシンが正体ではないか、とも言われている。

関連項目

食肉目 ジャコウネコ科 パームシベット

pixivに投稿された作品 pixivで「ハクビシン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117446

コメント