ピクシブ百科事典

ハリテヤマ

はりてやま

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.297
英語名 Hariyama
ぶんるい つっぱりポケモン
タイプ かくとう
たかさ 2.3m
おもさ 253.8kg
とくせい あついしぼう/こんじょう/ちからずく(夢特性)


進化

相撲


マクノシタハリテヤマ(レベル24)

概要

名前の由来は、「張り手+○○山(双葉山など、力士にありがちな名前)」
関取の姿をしたポケモン。その名の通り相撲を得意とする。
毎日色んな場所で相撲の稽古に励んでおり、強烈な張り手は電信柱を真っ二つにし、突っ張りで10トントラックも吹っ飛ばす。

関取であるが、相撲は国技じゃないッス!格闘技ッスー!といわんばかりに
明らかにボクシング技のインファイトを自力で覚える。
また、突っ張りポケモンであるが、決して朝青龍的な意味のツッパリではない。

また、複数回攻撃する格闘技つっぱりは登場後しばらくは専用技であったが、後にチャオブーヘラクロスが自力で覚えてしまった。なんてことだ…。

ゲームにおける性能

鈍足で防御の数値も少々低めだが、なんと144という非常に高いHPのおかげで、耐久面はカイリキーとほとんど変わらない。
格闘タイプらしく攻撃も十分に高い数値となっており、重戦車型のステータスと言える。ちなみにHPが極端に高いため、防御・特防に努力値を振ったほうが総合的に耐久力が高くなる。

特性はどちらも優秀で、状態異常で攻撃力が上がる「こんじょう」と、炎と氷タイプの攻撃に対しての耐性を得られる「あついしぼう」。
「こんじょう」の特性は他の格闘タイプのポケモンも持ている事が多いが、その中でハリテヤマは自ら状態異常になる「かえんだま」と先手で怯ませる技である「ねこだまし」を使う事で、安定して「こんじょう」を発動させる事が出来る点で他の根性持ちに勝る。

あついしぼうの方は、自ら状態異常になり、持続ダメージ分の耐久を落とす根性型に比べ、元からある耐久力を活かす事が出来る。
炎の耐性が出来たことでウルガモスに、氷の耐性が出来たことでパルシェン相手に強くなれる。

どちらの特性も直ぐには分からない上に分かった時は既に大きく戦況が傾いていることも多い。相手にしてみれば厄介なことこの上ないだろう。

見た目によらずかなり器用。三色パンチは勿論のこと、ねこだましバレットパンチフェイントと三種類の先制技を覚え、防御面ではワイドガードやカウンター、サポートでは日本晴れや手助けといった技も覚えることが出来る。強いて言うなら豊富な先制技を持ちながらタイプ一致の「マッハパンチ」は覚えないのが少々惜しいところか。
上記の強力な特性と併せ、多くの型を作ることのできるカスタマイズ性の高いポケモンと言えるだろう。

第5世代にて高火力と高耐久を併せ持つ上にハリテヤマと同じ「こんじょう」、「ちからずく」を持ったローブシンの登場により少々厳しい立場に立たされているが、もう一つの特性「あついしぼう」や前述のねこだましによる安定したこんじょう発動などで充分に差別化できているため決して劣化にはならない。ハリテヤマが覚えてローブシンが覚えられない技にも「インファイト」、「はらだいこ」、「バレットパンチ」など中々強力な技が多いため、相手によってはハリテヤマの方が有利に戦える場面も多いだろう。
現在の環境でも先制ブレバをぶっ放してかくとうタイプ全体を恐怖に陥れているファイアローの存在を警戒していれば充分通用するポケモンである。


なお、ハートのウロコでしおみずを思い出す事が出来る。
それってあs…力士が取り組み前に撒く塩のことだろう。

主な使用トレーナー

シバハリテヤマ



関連イラスト

No.297 ハリテヤマ
ポケモン界の大横綱




ハリテヤマ


やっぱりこんな扱いもたまには…ある。

関連タグ

ポケモン一覧 相撲 力士

pixivに投稿された作品 pixivで「ハリテヤマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108601

コメント