ピクシブ百科事典

ハルファスガンダム

はるふぁすがんだむ

SDガンダムGジェネレーションシリーズに登場するオリジナルMS。
目次[非表示]

概要

ソロモン72柱の一柱・ハルファスの名を冠するガンダム。Gジェネには珍しいゲーム内ストーリーオリジナルの機体。
ナノスキン装甲による自己修復能力や飛行形態への変形、「バーニングフレア」や「クロス・メガビームキャノン」を始めとする武装など、フェニックスガンダムに酷似した要素を多分に含んでいるが、性能面ではフェニックスと同等かそれ以上である。
その姿形から、「黒い不死鳥」の異名を持つ。

初出は『WORLD』で、このときはラスボス機体の前座として何度もステージに登場する。ワールドシグナルを発していた張本人であったが、本来はジェネレーションシステムを管理するアプロディアの端末であった。しかしジェネレーションシステムの暴走によって「ワールドシグナル」を発振し世界中を混乱に陥れ、様々な勢力が破壊もしくは利用を企てた。
度重なる戦闘の後に機能を停止し、アプロディアの手に戻った後は彼女の乗機として運用されている。登場する作品ではすべてにおいてクリア後のご褒美機体の位置づけであり、クリア前では図鑑登録のみとなっている。
ゲームでの性能は前述のとおりフェニックスに肩を並べ、火力はすさまじいが、反面継戦能力ではフェニックスに若干劣る。HPやENは本機のほうが高いが、フェニックスと異なりビームライフルを持たないため、これといって扱いやすい武装がビームサーベルくらいしかないのが欠点となっている。続編の『OVERWORLD』では、攻防面は完全にフェニックスと同じになり、武装面での差別化が図られている。

バリエーション

ハルファスベーゼ

「Gジェネレーションオーバーワールド」に登場。
アプロディアの名を騙りジェネレーションシステム掌握を企むコード・アメリアスが、ハルファスガンダムをベースに強化・改良を施し運用した機体。
パイロットの技量に依存するフェザー・ファンネルは廃止され、代わりにワイヤー制御式のフェザースクゥィーズが採用され、大型ビームサイズを装備する事で格闘戦能力も向上している。
また、強化パーツとドッキングする事でハルファスベーゼ ハルバードと呼ばれる高機動形態となる。

レギナ

ハルファスガンダムと同じ開発ラインで製造された機体。
フェニックスガンダムやハルファスガンダムと違い、女性的なスマートなデザインを採るが、一応ハルファスガンダムの量産型と位置づけられている。
パイロットが搭乗することを前提としているが無人での運用も可能。
武装は、格闘戦用兵器のビームファンが2基。機体背部にはバインダーシールドライフルが搭載されている。


関連タグ

Gジェネレーション フェニックスガンダム アプロディア コード・アメリアス

pixivに投稿された作品 pixivで「ハルファスガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19317

コメント