ピクシブ百科事典

ハルマゲドン

はるまげどん

(ユダヤ教・キリスト教・イスラム教において)世界の終わりに起こるとされる戦争の地。転じて、その戦争自体を指す。

「メギド」はイスラエルの地名。「ハル」は。よって「メギドの丘」という意味。

新約聖書「ヨハネの黙示録」一六章に「かの三つの霊、王たちをヘブル語にてハルマゲドンと称ふる処に集めたり」とあり、終末の象徴として使われることが多い。
世界の命運を決するような大きな戦いを、「との最終戦争」と呼ぶことがある。

ハーマゲドン、アルマゲドンと表記されることもある。

日本では、前世紀末に「オウム真理教」がハルマゲドンの到来を主張し、その延長線上に地下鉄サリン事件を起こすに至った。

関連タグ

ラグナロク アンゴル=モア ノストラダムス 地球終了のお知らせ 春曲鈍

pixivに投稿された作品 pixivで「ハルマゲドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 218356

コメント