ピクシブ百科事典

ハンガー

はんがー

衣服を掛けて収納・保管するための道具。日本語では衣紋掛け。

ハンガー(衣紋掛け)とは、衣服を掛けて保管してするための道具。
日本には平安時代から存在し(正確にはハンガーとは別の物)、当時は服を掛けておくため以外にインテリアとしても使われていたらしい。
また、本来の使い方とは別に相手に投げつけたりヌンチャクのように振り回したりする使い方もある。
ちなみに、針金製のハンガーを頭にはめるとが自然に回る(個人差あり)。これは、ハンガーから逃げようとする本能が働くからだと言われている。

関連タグ

家具 収納 タンス クローゼット 物干し/物干

pixivに投稿された作品 pixivで「ハンガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 180111

コメント