ピクシブ百科事典

ハンス・ウルリッヒ・ルーデル

はんすうるりっひるーでる

ハンス・ウルリッヒ・ルーデルとは、ナチス・ドイツに存在した空の魔王とも呼ばれる爆撃機パイロット。
目次[非表示]

プロフィール

生年月日1916年7月2日
没年月日1982年12月18日
最終階級ドイツ空軍大佐
搭乗機Ju87 Fw190


以下の概要はすべて事実である!!

第二次世界大戦中のドイツ空軍のパイロット

朝起きて牛乳のんで朝メシ食って牛乳のんで体操して出撃して昼メシ食って牛乳のんで出撃して晩メシ食って牛乳のんで出撃してシャワー浴びて寝るという毎日を送ってたら、何時の間にか戦車を約数百両以上も撃破し世界最強のキング・オブ・タンクキラーになっていたと言うリアルチート
おまけに航空機も9機撃墜しているので爆撃機を駆るエースパイロットでもある。
さらに言うなら、被撃墜王でもある。

通称は空の魔王」「戦車撃破王」「ソ連人民最大の敵」「スツーカ大佐」、そしてアンサイクロペディアにうそを言わせなかった男」etc…
ソ連軍によってかけられた賞金は10万ルーブル(現在の日本円にして、およそ1億円)。

戦果

  • 戦車519両
  • 装甲車・トラック800台以上
  • 火砲(100mm口径以上)150門以上(100mm以下も含めるとさらに増える)
  • 装甲列車4両
  • 戦艦1隻撃沈(ガングート級戦艦マラート
  • 嚮導駆逐艦1隻 (ミンクス型嚮導駆逐艦ミンスク)
  • 駆逐艦1隻 (駆逐艦ステレグーシチー)
  • 上陸用舟艇70隻以上
  • 航空機9機(戦闘機2、爆撃機5、その他2。9機のうち1機は37㎜砲により撃墜)


これだけでも空前絶後であるが、彼は負傷した際も病院を脱走して前線にまぎれ込み、誰が壊したのかわからないスクラップ戦車を大量生産したり、同僚や部下が休暇をもらえるようマイレージの如く自分のスコアを譲ってあげたり、逆に指揮官に任命されたあとも自身が戦場に留まり続けるために自分のスコアを過小に報告するなど、何度も粉飾を繰り返していたのだ。よって――

  • 撃墜数:11機
  • 戦車:800輌以上
  • 装甲車・トラック:1000台以上
  • 火砲(100mm口径以上)180門以上
  • 装甲列車:6両以上

信憑性の高い数を挙げるとこうなる。ある意味ギネスブックに載ってもおかしくないスコアであり、今後更新されることはないだろう。されたら色々と大変!
(しかもこのソースは資本主義陣営に逃げた将兵の証言のみなので、下手したらこれより増える可能性大……)

  • なお、戦艦1の戦果である戦艦マラートだが、着底して完全に海没しなかったためソ連~ロシアの公式記録では「大破」になり、後に修理されている。
  • 嚮導駆逐艦ミンスク及び駆逐艦ステレグーシチーも後に引き上げられ、修理・復帰している。

逸話

  • 3ヶ月目の新人時代、ソ連の戦艦マラートへダイブブレーキなしで直角に急降下し1t爆弾を投下。見事真っ二つに!
  • 対空砲によって計30回撃墜されてきたがスネークばりのスニーキングで毎回生還する(ちなみに戦闘機に撃墜されたことは皆無だった)。
    • 対空砲で右足を失う大怪我を負ったこともあるが「左足が残っているからどうでもいい!それよりこの祖国の危機に出撃できないのが悲しい」と慨嘆した挙句、全治半年の診断なのに義足を装着して六週間後には病院から脱走し、書類を偽造して出撃。しかし破壊者不明の戦車が多すぎてすぐにバレてしまった
    あまりの戦果に見合う勲章が尽きてしまい時の総統閣下は彼のためだけに黄金柏葉剣付ダイヤモンド騎士鉄十字勲章と言う新たな勲章を作った(円卓の騎士に準えて12個作られたが、受賞したのは彼のみ。というか他に居たらドイツは勝っていた…)。
    • 総統閣下は何度も「面と向かっては言いにくいが、もうこれ以上は飛ぶな」とルーデルに気を遣って言っていたが、彼は先の勲章を受け取る際「もう二度と私に地上勤務をしろと言わないのならば、その勲章を受け取りましょう」とあっさり拒否った。
    どんな損害を被ろうが圧倒的な物量攻めで押し通す事で知られたソ連軍が、ルーデル編隊の猛攻にはたまらず撤退する羽目になった


  • アメリカに投降した後、「(戦闘機に撃墜されたことがなかった戦歴から)自機にどれだけ凄まじい改造をしたのか」と質問をされたが、自信満々に「戦車の装甲をぶち抜けるよう、37mm機関砲二門を外付けした」と答えた (アメリカ軍の専門家は「そんなバカな……」と溜め息をついたらしい)。
    • その後アメリカのフェアチャイルド社に頼まれてA-10の開発に助言。
その結果、A-10は戦闘ヘリよりローコストなのに機銃を300発以上撃たれても落ちないクセに戦車を一撃で吹っ飛ばすチート攻撃機と化し、絶賛現役中。
      • なおこれはライバルのシュトゥルモビクに生き写しな性能だったりするが本人からのコメントはない。

他にもこういった類の強烈な逸話が多数あるのだが、あまりに多すぎるので詳しくはwikipedia…よりもアンサイクロペディアを参照願いたい。『アンサイクロペディアにありそうなウソ』みたいな、ホントの話がいっぱいである。

そんな魔王の相棒達

  • アルフレッド・シャルノブスキー

マラートを真っ二つにしたルーキー時代の後部機銃担当。所属部隊では最年少だった。
最期は部隊長と共に巡洋艦キーロフに特攻し戦死。この部隊長共々、この世に魔王を生み出した張本人と呼ばれる。

  • エルヴィン・ヘンシェル
出撃回数1000回以上のエース。ルーデル閣下の相棒の中でもキャリアが一番長い。
敵地突破のためにドニエストル川を渡ることを提言するも、実行中に溺死した。
  • ロースマン
本名は不明。ルーデル閣下に捕まって後部座席に放り込まれた哀れな整備士。精神的に再起不能になって整備士に逆戻りしている。
一応言っておくとこれが普通の反応であって、他の相棒達が十分すぎるくらい異常なのである。

大佐と相棒と牛乳


4代目にして現れた閣下最高の相棒。本業は循環器系の従軍医師だったが後部機銃士としても優秀だった。
機体が撃墜されて前方に投げ出され、肋骨を3本も折る重傷を負っていたにもかかわらず、ルーデル閣下に「休んでいる暇はないぞガーデルマン、出撃だ!!」と引っ張り出された事があるが、逆に閣下の片足が吹っ飛んだ時には「脚が無くなったら痛くて喋れるわけねーです」「気絶している暇があったら操縦桿を引け」と大声で何度も叱咤して操縦桿を握らせ、不時着したのち閣下を機体から引っ張り出して応急処置を施した。趣返しを交えるあたり、はっきり言ってこの人も十分すぎる人外だ……

  • エルンスト・ニールマン
元々は従軍記者だったのだが、遠出をして帰れなくなったガーデルマン(というかルーデルがまた早期自主退院して音信不通に)の後釜として後部座席に放り込まれた。
実はすでにこの時点で何百回もの出撃を繰り返したベテランであり、閣下曰く「愉快な男」なんだとか…。
戦後も閣下と行動を共にしている。頼まれてもいないのに、勝手に

評価の傾向

特に日本人は自分たちに比べて他を若干過大評価する傾向がある。
そもそもJu87は往復で1,000kmも飛べない。対して同時期の日本機の「短い」は(増槽なしで)1,000kmちょっとのこと。
で、往復で軽~く2,000km飛ぶ零戦200回以上出撃している人とか、機首に12.7mm2丁しかないB-29に火を吹かせたりとか、WWIIにおいてそういう化け物武将は世界各国どこにも少なからずいたりしたわけだ。

登場作品

おたおめ爆撃王


すごいよルーデルさん


総統閣下はルーデル大佐にお怒りです

あの有名な嘘字幕シリーズで、ルーデル閣下を題材にしたものなのだが…。
だいたい……否、ほぼ事実である。現在はほとんど削除されてしまっているが。

各国版ルーデル

日本

  • 坂井三郎:いわずと知れた日本の撃墜王。スコアは低いが、飛行距離はルーデルを凌ぐと思われる。そしてどんなに絶望的な状況になろうと、ルーデルと同様に絶対に生還してきた。
  • 江草隆繁:ぶっちゃけ、完全に日本人版ルーデル。

アメリカ合衆国

イギリス
  • ネヴィル・デューク:スコアはそこそこだが不死身っぷりはルーデルに劣らず。
  • ダグラス・バーダー:両足義足の撃墜王。ルーデルに無償で新たな義足を作ってくれたり、ソ連の捕虜にならないようにしてくれた。簡単な話が類友

ソビエト社会主義共和国連邦
  • レフ・シェスタコフ:ルーデルと戦って敗れたソ連の撃墜王。その優秀さはルーデルが公式に認めた程だという。

フィンランド

関連リンク

アンサクロペディア>ハンス・ウルリッヒ・ルーデル
※今すぐにでも閣下の偉業を確認したい諸兄はこちらから↑
あろうことか、記述内容はウィキペディアより詳しい。ルーデル恐るべし!

関連タグ

ルーデル(表記ゆれ)/リアルチートナチス
撃墜王急降下爆撃空の魔王Ju87
A-10 - 基本後部座席はないのでガーデルマンも安心。
異能生存体 - もちろん冗談だが、(おそらく世界一の)披撃墜回数30回超(ただし、全て対空砲によるもので、戦闘機に落とされた事は一度もない)という生存確率的にありえない数字からたまにネタにされる。
アルゼンチン - 空軍の設立に協力。教え子や孫弟子は見事に染まった!
ヘルマン・ゲーリング - 空軍司令官・帝国元帥・元エースパイロット。いわば上司にして先輩。正直ルーデルの方が上だが。

pixivに投稿された作品 pixivで「ハンス・ウルリッヒ・ルーデル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 313053

コメント