ピクシブ百科事典

バイラス・ドーパント

ばいらすどーぱんと

バイラス・ドーパントとは、『仮面ライダーW』第11-12話に登場したドーパントである。
目次[非表示]

「もう私には止められない……私の心には、憎しみしか残っていない!」

概要

何者かがメモリ売人・根津から購入したバイラスメモリを左手首に挿して変身したドーパント
ストリートギャングの一味の人間達を次々に殺害していた。
相手に触れる事でウイルス感染させて即死させる事が出来る。廃車に憑依して感染車とよばれるモンスターに変えて操る事が出来、この状態でも能力が使える(相手をすり抜けて感染させる)。ウイルスだけに飛行能力も持つ。
しかし、ウイルスだけあって高熱には弱い。

ちなみに感染車となった廃車は本来はオンボロ車なのだが、バイラス・ドーパントのウイルスの感染によって新品同様に修復されている。
運転していたのはギャング達によって姉をひき逃げされた青年山本康平で彼らに復讐するために襲撃を繰り返していた。
ギャングのリーダーである黒須を狙ったがダブルの活躍により感染車は大破。しかし、その後初めて姿を現し、黒須を殺害している。

正体

バイラスの正体はギャングにひき逃げされた康平の姉である山村幸
彼女は画家である湯島則之と婚約していたが実は湯島は結婚詐欺師であり、その事を知って失意の中でメモリを購入。だがその直後ひき逃げに遭い咄嗟にメモリを挿入し、精神体のみのドーパントとして誕生した。
そして今度は湯島の命を狙うがヒートトリガーの「トリガーエクスプロージョン」を喰らい跡形も無く消滅。メモリも幸本人から排出されブレイクされた。

備考

精神が実体化した形であったため、能力が劣化してしまったが本来ならウイルスの空中感染によって都市1つ滅ぼす事が出来るらしい。
しかしそんな事をしたら園咲家も無事では済まないはずなのに、何故このような危険なメモリを一般人に販売したのだろうか……?
とは言え高位のメモリを有する園咲家の面々(猫含む)はそのメモリを扱うだけの身体と実力を有しているため、一般クラスのメモリが起こすバイオハザードくらいならば無効化できるとも考えられる。
『仮面ライダーの常識』(双葉社)では「単純な攻撃力だけならン・ダグバ・ゼバ仮面ライダークウガラスボス。瞬間移動と分子操作能力でわずか1日で3万人を殺した)に匹敵する」とまで書かれている。

派生作品

MOVIE大戦アルティメイタム」ではアンダーワールドの破壊工作員として登場した。バイソンヤミーと共にW(サイクロンジョーカー)を襲撃するも、蹴りで吹っ飛ばされてコンテナにぶつかっただけで死んだ。うーむ、情けない…。

関連タグ

仮面ライダーW ドーパント

pixivに投稿された作品 pixivで「バイラス・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1701

コメント