ピクシブ百科事典

バウムクーヘン

ばうむくーへん

木の年輪のような模様が特徴的な洋菓子。

概要

ドイツ語で「木のケーキ」という意味がある洋菓子
同じく木の形をしたケーキにブッシュ・ド・ノエルがあるが、両者は別物である。

芯棒を備えた特殊なオーブンを使い、層を重ねながら焼いて作る。
日本では第一次世界大戦時、青島で非戦闘員捕虜となったドイツの菓子職人カール・ユーハイムによって、1919(大正8)年3月4日広島県物産陳列館にて初めて製造販売された。このことから、3月4日は「バウムクーヘンの日」と定められている。
意外だが実際のドイツでは珍しい種類の菓子であり日本ほど一般的な知名度はない。
(作り方の関係で専用の設備や技能を要するため、一般的な菓子店では扱っていないことが多い。また精魂込める作業と、オーブンの火に常に曝され続けなければならないこともあり、「バウムクーヘン焼きは長生きしない」とまで言われていた。)

何層も重ねて焼き上げた断面図が年輪のように見えるため「年輪を重ねる=長寿・繁栄のしるし」として、日本では祝い事の引き出物として好まれる。

日本では小型なものならリング状のままでスライス、大型なものなら縦に切ることが多い。
本場ドイツではその模様に沿って薄くスライスして、これをお皿に盛りつけて、好みで生クリームやブランデー、フルーツなどを盛り付けて頂く。

関連タグ

バームクーヘン ドイツ 洋菓子
広島県産業奨励館
バウムクーヘンエンドバームクーヘンエンド

バウムクーヘンが好物の人物

pixivに投稿された作品 pixivで「バウムクーヘン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 196743

コメント