ピクシブ百科事典

バッカニア

ばっかにあ

『鋼の錬金術師』の登場キャラクター。または、17世紀におけるカリブ海の海賊。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 『鋼の錬金術師』の登場キャラクター。
  2. 17世紀のカリブ海において、スペイン船や植民地からの略奪などを行った海賊
  3. イギリス軍攻撃機 。1の名称はこれから取られた。→ ブラックバーン・バッカニア


本稿では1と2について解説する。

『鋼の錬金術師』の「バッカニア」

cv 大友龍三郎
国軍大尉。オリヴィエ・ミラ・アームストロングの部下。
熊のような巨体と、右手の機械鎧(義手)という威圧感のある外見の持ち主。
なお、機械鎧は元々高性能な義肢として考案されたものだが、彼はそういった普通の機械鎧ではなく、チェーンソーが組み込まれた機械鎧『クロコダイル』や、爪先が硬質のダイヤモンド素材で出来た機械鎧『マッドベアG』などの、戦闘用に設計・開発された機械鎧を愛用している。

極寒の地であるブリッグズ勤務だが、モヒカンみつあみ辮髪)といった寒そうな髪型をしている。みつあみの先には乙女チックな白いリボンを巻いている。
豪気な性格の持ち主であり、敵には容赦しない反面仲間と認めた相手には情が深く、また忠誠心も厚いため、上司であるオリヴィエや部下たちからの信頼も厚い、いい男なのだが彼女はいない様子。

関連タグ

鋼の錬金術師 オリヴィエ・ミラ・アームストロング

海賊の「バッカニア」

元々の「バッカニア」とは、17世紀にカリブ海のスペイン領を暴れまわった海賊である。
航海食として、西インド諸島において古くから作られていた保存食の「ブキャニング」と呼ばれる、干し肉を食べていた事から名づけられた。
構成員はスペインの入植民に住処を追われた原住民やヨーロッパからの逃亡者が中心となっている。
海賊としては珍しく『子供や老人には乱暴しない』等のルールを持ち、平等主義・民主主義者であったことから、襲われた側がすっかり感心してバッカニアに転向した者もいたと言われる。

関連タグ

海賊

pixivに投稿された作品 pixivで「バッカニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140756

コメント