ピクシブ百科事典

バックドロップ

ばっくどろっぷ

バックドロップとはプロレス技の一種である。
目次[非表示]

概要

20世紀最高と讃えられるプロレスラー、「鉄人」ことルー・テーズ
彼は自ら編み出したの必殺技について、こう語った。
『バックドロップはヘソで投げる』

つまり…相手を後ろから抱え込みヘソを支点にしてブリッジし、相手を後頭部から叩きつける!
当時、それは革命的な恐るべき技であった…

相手は背中から口、、後頭部にかけてダメージを受けることになる。
別名「岩石落とし」。

歴史の古い技であるため、数多くのレスラーがそれぞれにアレンジを加えている。上記の基本形とは異なる体勢になることもある。(例:垂直落下式バックドロップ)
因みに和名の「岩石落とし」だが、かつてはブロックバスターの和名であった。

代表的な使い手

ルー・テーズの他にジャンボ鶴田長州力後藤達俊永田裕志が挙げられる。
またアントニオ猪木ウィレム・ルスカ戦で放ったバックドロップ三連発も有名。

ジャーマンスープレックスとの違い

バックドロップ


プロレスに詳しくない人が見ると、どっちがどっちか分からないバックドロップとジャーマンスープレックス。大きな違いは、アマレスグレコローマンスタイルとフリースタイルの違いに起因する。

グレコローマンスタイルでは、腰から下に対しての攻撃がルールで禁じられているため、相手を抱え込むときに、できるだけ胸に近い位置に手を回すことになる。ただし、真後ろから相手の胸に手を回して抱え込むと、投げたときに自分の肩が先にマットにつく(フォールされる)恐れがある。
そこで、相手の脇の下に頭をねじ込んで胸に近い位置で抱え込み、相手の重心を自分の肩に乗せるような形で投げることになる。
バックドロップは、グレコローマンスタイルの技であり、こちらの形の投げ方である。自分の軸と、相手の軸が少しずれている。

対して、フリースタイルでは、腰から下に攻撃しても良いので、相手の腰回り(ベルトまわり)に手を回して、相手の重心を自分の胸から腹の上にのせるようにして投げることになる。
ジャーマンスープレックスは、フリースタイルの技であり、こちらの形の投げ方である。バックドロップと違い、自分の軸と相手の軸が一直線上に並ぶ。

もっとも、これは体重別にクラス分けされ、体格の近いもの同士が戦うアマレスでの話である。
プロレスの場合や、絵にする場合は体格差等を考慮するため、バックドロップとジャーマンスープレックスの違いは、手を回した位置の違いよりも両者の重心や軸の位置の違いに依存することになる。

危険性

ジャーマンスープレックスと同様、受け身を取り損なえば大ケガを負う危険な大技である。素人がプロレスごっこで使用してはならない。

主な危険な実例として

・元レスラーの馳浩(はせひろし)文部科学大臣が、新日本プロレスの選手時代に後藤達俊にこの技をかけられて受け身を取り損ない、試合後に一時心肺停止・臨死体験をしたことがある。
現在でもその後遺症により時折、目の焦点が定まらなくなることがあるという。この事件を契機に新日では、常設リングドクターの設置や所属レスラーの定期検診が定着した。

・また、2009年三沢光晴が死亡した原因でもある(対戦相手の齋藤彰俊のバックドロップを受けてまもなく亡くなった)。

しつこいようですが…絶対に良い子は真似しないで下さい

アトミック・ドロップ

別名「尾てい骨割り」相手のバックを取って大きく持ち上げ、自分の膝を立てて、そこに臀部を打ち付ける技。

相手の選手を抱え上げるまでの動作が抱え式バックドロップと一緒なので、「バックドロップと見せかけて~」と言う繰り出し方も多く(逆パターンもあり)、世界の荒鷲:坂口征二は相手選手の体重によって、技の切り替えを行っていた事がある。


もうひとつ

ライブの際、会場後方のに貼り付けるバンドをバックドロップということもある。

さらにもう一つ

ここまで盛り上げておいてなんだが、『バックドロップはヘソで投げる』という言葉は実はテーズ本人のものではない。晩年のインタビューでその話を聞いたテーズは「初めて聞いた」と大笑い。
続けて「投げるときに、常に支点・力点・作用点を意識するように、と教えている」と解説している。

さらにさらにもう一つ

和名の「岩石落とし」だが、元々はブロックバスターという技の和名であった

pixivに投稿された作品 pixivで「バックドロップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 417214

コメント