ピクシブ百科事典

バットガール

ばっとがーる

アメリカンコミック「バットマン」に登場するバットマンのサイドキックである
目次[非表示]

概要

アメリカンコミック「バットマン」に登場するバットマンのサイドキック(相棒)。ロビンと同じく、複数の人物がいる。

人物

初代バットガール

バットガール


本名バーバラ・ゴードン(Barbara Gordon)。
ゴードン市警本部長の養女。ジョーカーに撃たれ、下半身不随となり引退(「キリング・ジョーク」)。その後は、車椅子ながら複数のスーパーコンピュータを駆使して機密情報を提供する情報屋「オラクル」として、ヒーローの補助役に回る。ナイトウィングとは恋仲。
だがなんと、「New52」にてバットガールに返り咲く。「キリング・ジョーク」事件の後、死に物狂いのリハビリで奇跡の復活を遂げた。と言う事になったが、銃を向けられると、その時のトラウマですくんでしまう弱点も出来てしまった。

二代目バットガール

HUNTRESS!ラフ


本名ヘレナ・ベルティネリ(Helena Bertinelli)。
幼少時にマフィアが派遣したヒットマンに家族を殺され、復讐の女戦士ハントレス(Huntress)となった。ボーガンとリストダーツを愛用。
大地震後に合衆国の隔離政策により、ゴッサムシティが本土から分断されていた時期―「ノーマンズ・ランド」期にバットガールを名乗って街の平和を維持していたが、マフィアとの縄張り争いで死傷者を出し、激怒したバットマンにクビにされた。

蝙蝠娘ズ


三代目バットガール(画像左)

本名カサンドラ・ケイン(Cassandra Cain)。
ブルース・ウェインも師事した事もある伝説の暗殺者デビッド・ケインの養女。
暗殺術のみを教えられて育った為言葉を話せなかったが(運動中枢を高める為に言語中枢の働きを意図的に遮断した)、とある超能力者と出会い、言語中枢を活性化されたおかげで、現在では普通に読み書きができるようになった。その後、ハントレスが着ていたスーツをバットマンから譲り受け、バットガールとなる。
同様に暗殺者である母親レディ・シヴァを倒したことから現在はチームを離れてしまっているが、後にブルースが組織した国際チーム「バットマン・インコーポレイテッド」の香港支部メンバー:ブラックバットとして活躍。

四代目バットガール(画像右)

本名ステファニー・ブラウン(Stephanie Brown)
元はB級ヴィラン:クルーマスターの娘で、父の犯罪を止めさせるためにスポイラーというヴィジランテになる。三代目ロビン=ティム・ドレイクのガールフレンドで、四代目ロビンを襲名したことも。カサンドラがゴッサムを離れる際にスーツを譲ったことでバットガールに。
その実力は歴代最弱(ディック談)だが、持ち前のガッツとバーバラのサポートで何とか頑張っている。「カサンドラの格闘スキルを使えるスーツ」や「何でも凍りつかせるバットラング」等、装備が異様に高性能。ディックバットマン&ダミアンロビンと共闘した際に誤ってダミアンを凍らせてしまい、ダミアンに会うたびに憎まれ口を聞かされる。



TVアニメにおけるバットガール

原作を元にした独自の設定である。本名バーバラ・ゴードン(初代バットガール)。
女子大生で、単独で自警団として活動していたが、後にバットマン達と共に行動することになる。
初期のコスチュームは灰色のボディスーツに、青味がかったマスクとマント、黄色いブーツ。設定画変更後のシリーズでは黒いスーツに黄色いブーツとかなりシックになった。
声優は林原めぐみ

関連タグ

BATMAN DC アメコミ 映画
ヒーロー コウモリ/バット
ダークナイト
スーパーマン

登場キャラ

バットマン ロビン
ジョーカー トゥーフェイス ハーレイハーレクイン
キャットウーマン スケアクロウ ポイズンアイヴィー リドラー

pixivに投稿された作品 pixivで「バットガール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213677

コメント