ピクシブ百科事典

バブル

ばぶる

「泡」の意の英語。「泡のような経済膨張」を指す比喩の場合が多い。
目次[非表示]

概要

のこと。

 経済においては不動産株式など、直接生活へ関係しないものへの投機により物価などが高騰し、これがさらに投機を引き寄せている状態を「バブル経済」と呼ぶ。
 この状態になった場合、雇用の促進、購入意欲の増加による物価の上昇などが発生する。しかしこの状況が各種事情(対象商品の暴落や中央銀行の金利引き上げ)により終了した場合、その反動、すなわち雇用の購入意欲の減少や雇用の衰退が一気に襲い掛かることとなり、不景気、ひいては恐慌が訪れる。

 特に日本では80年代末〜90年代初頭のバブル経済を「バブル期」「バブル景気」などと表現し、その後の不景気を失われた20年と表記することがある。また、広義においては大戦景気(第一次世界大戦により、ヨーロッパでの製造が停止したことによる好景気、戦争終了後不況になる)もこう表記することがある。
 なお外国においては以下のものが有名である
オランダチューリップバブル(17世紀ごろ庶民がチューリップ球根に投資したことに始まるもの)
フランスミシシッピ計画(18世紀ごろアメリカ開拓会社株式およびフランスの紙幣によるバブル、フランス革命の原因の一つとなった)
イギリス南海泡沫事件(18世紀ごろ南米とイギリスとの貿易およびアフリカとの奴隷貿易を行う会社であった南海会社、の公債引受けによる株式発行に端を発した株式のバブル、イギリス議会のスキャンダルとなり、会計監査制度が行われるきっかけとなった)、鉄道狂時代(19世紀ごろの鉄道に対する投資の集中)
アメリカ狂騒の20年代(20世紀、第一次世界大戦のあおりでヨーロッパの資本が流入したこと、大量生産の体制が整ったことによる景気過熱。ウォール街大暴落を引き起こし世界恐慌をもたらした)
また、南アメリカおよびアジアにおいても1990年代にこの状態となり、終了後不況が訪れた。

 近年ではIT関連やサブプライムローン(富裕層でないところへの住宅ローン、他の債権と組み合わされ販売されハイリスクであるにもかかわらず投資家が購入し住宅価格の下落によりジャンクとなった)などの問題がこれであったとされる。

関連タグ

比喩 バブリー 80年代 90年代
FXで有り金全部溶かす人の顔(バブル経済の終了とともにこういう顔の人が現れる)

参照

wikipediaバブル経済

pixivに投稿された作品 pixivで「バブル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 273679

コメント