ピクシブ百科事典

バード・ドーパント

ばーどどーぱんと

バード・ドーパントとは、仮面ライダーW第17-18話に登場したドーパントである。
目次[非表示]

「さあ?俺らはただ、面白おかしくやってるだけだ。」

概要

江草茜達、風都南中学の3年生4人がバードメモリを左腕に挿して変身したドーパント
このメモリは通常の売人が販売したものではなく、女性のメモリ売人からもらったもの。
通常はコネクタ手術をして生体コネクタを体に刻まなければメモリは使用できないはずだが、「純粋無垢な若者の使用したときの結果」のガイアメモリの実験のため、このメモリはコネクタ手術なしでも使用できるように改造(チート)されており、1本を4人で使い回していた。
しかしその代償は大きく、コネクタ手術をしないで使用し続けた者は、メモリ痕が爛れてメモリの毒素に苦しむ事になる。
更に正規使用者でもあってもメモリを使い続ければやがて死に至る。

始祖鳥を思わせる独特な風貌をしており、飛行能力を持ち、羽手裏剣で攻撃できる。
また、正規使用者は変身しなくても体に力がみなぎり身体能力の向上するなどの結果が見られる。
また、使用者が若者ということもあってかバードメモリへの依存が強い。

彼らは最初ただ空を飛ぶだけが目的だったが、元が中学生ということ、ガイアメモリの毒素に呑まれていたこともあってか、
悪乗りして遊び感覚で風都のあちこち(江草茜の陸上競技のライバルの親の職場)を空から襲撃するようになった(この事が風都で「鳥人間」の都市伝説になった)。

生体コネクタがある正規使用者は、下記の強化態を持つ。
メモリ本来の持ち主以外の者が変身した個体は倒してもメモリブレイクできず、メモリのみを的確にメモリブレイクしないと正規使用者の命が危機に曝られるという独特の特徴を持っている。

バード・ドーパント強化態

始祖鳥の記憶」を内包したバードメモリの真のホストである江草茜の変身したバード・ドーパントがWとの交戦中に進化した強化形態。

頭部が変形して金属質へと変化し、の鉤が巨大化して一層鋭くなっている。
また、攻撃方法も手裏剣から火炎弾を発射する能力に変貌している。

飛躍的に攻撃力が増加しており、上述のメモリブレイクの難しさもあってWを苦しめたが、霧彦が変身したナスカ・ドーパントのアシストで正確なメモリに位置が判明し、最後は『トリガーバットシューティング』により的確にメモリへとの弾丸を撃ち込まれメモリブレイクされ茜の命も助かった。

派生作品

仮面ライダーWForeverAtoZ運命のガイアメモリ

T2バードメモリとしてメモリのみの登場。仮面ライダーエターナルに飛行能力を与える。
そもそもバードメモリはメモリブレイク不可、コネクタ無しで使用可などT2ガイアメモリとの共通点が多い。

小説仮面ライダーW『Zを継ぐ者』

ミュージアム』縁のZENONリゾート社員が変身する別個体が登場。なお、その際にバードのメモリが“”てはなく“始祖鳥”の記憶を内包したものであったことが判明している。

ちなみに小説では最早バードは再生怪人扱い(解析済み)になっており、
サイクロンジョーカーエクストリームによって強化態に進化することもなく、あっさりとメモリブレイクされてしまった。

MOVIE大戦アルティメイタム

アンダーワールドの怪人として登場。フクロウヤミー共々仮面ライダーアクセル焼き鳥にされてしまった。

関連タグ

仮面ライダーW ドーパント 始祖鳥

pixivに投稿された作品 pixivで「バード・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 978

コメント