ピクシブ百科事典

パニッシャー

ぱにっしゃー

アルファベットは『PUNISHER』。「断罪者・誅罰者」の意味を持つ。このタグには複数の意味がある。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. アメコミMARVEL掲載作の一つ、及びその主人公である私刑執行人。本記事で解説。
  2. トライガンに登場する『最強の個人兵装』パニッシャー(トライガン)
  3. 佐渡川準による漫画。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、2008年10号から2009年21・22合併号まで連載された。単行本は全7巻
  4. コミック「電人ファウスト」でファウストが使う必殺技。
  5. カヲ酢氏製作の同人ゲーム。
Punisher SD



概要

マーベル・コミック刊行の複数のコミックに登場するアンチヒーロー。本名、フランク・キャッスル。元アメリカ海兵隊所属の軍人

実はスパイダーマンの敵役に雇われた狙撃者として初登場した。彼のキャラクターぶりが好評で単独タイトルを得た。

フランクは家族と共に、セントラル・パークでピクニックを楽しんでいた。
しかし、突然勃発したギャング同士の抗争に巻き込まれ、その銃撃戦の流れ弾によって最愛の妻と二人の子供達は帰らぬ人なってしまう。
暗黒街のギャング達への復讐を固く誓った彼は、いっさいの過去を捨てる。正面に大きく白い髑髏を描いた漆黒のコスチュームに身を包み、非情の私刑執行人「パニッシャー」となり、クライムファイター(=犯罪者退治専門のヒーロー)として法の裁きを逃れている犯罪者たちを断罪するべく活動を始める。

パニッシャーとなってからは、主にニューヨークを中心に活動している。

特徴

人物

MARVELコミックのヒーローは、基本的に相手がどんな極悪人でも故意に殺すことはないが、彼の場合は悪人ならば老若男女容赦せず、冷徹に処刑・抹殺する。
そのため犯罪者として警察に追われる身であるのはもちろんだが、他のスーパーヒーロー達とも対立しがち、あるいは軽蔑されがちである。現実のアメリカの治安の悪化という背景事情がこうしたヒーロー像を求め、許容するようになったと見られている。

とは言え、決して残虐な人物ではなく、本来は温かな家庭人であり(だからこうなったとも言える)、彼自身も自分の行いを決して良いものとは考えておらず、それ故に苦悩することもある。実写版第3弾では、そんな彼の人間味のある部分が描かれている。
スパイダーマンデアデビルなど、ニューヨークを中心に活動するヒーローとは一応の親交がある。また、パニッシャーほど苛烈では無くとも場合によっては殺人も辞さないウルヴァリンX-MEN)とは、ある種の共感を持ちあっている様であり、彼やゴーストライダーとは共闘することもよくある。

能力

他のMARVELヒーロー達と違い、超人的能力は持っていないが、元海兵隊員という経歴から、銃火器を初めとした様々な武器類を自在に使いこなすことができ、格闘術による白兵戦の腕前も超一流で、他のヒーローに決して劣らない戦闘能力を誇る。
最近は、アニメ『アベンジャーズ コンフィデンシャル: ブラック・ウィドウ&パニッシャー』において、アベンジャーズのメンバー・ブラックウィドウにも引けを取らない戦いぶりを見せ、『S.H.I.E.L.D.(シールド)』のニック・フューリー長官に腕を見込まれ、任務の協力を依頼されている。

協力者

マイクロチップ
本名:ライナス・リーバーマン、武器商人でフランクに銃器などの武器を提供している数少ない友人の一人。フランクと同様にギャングに家族を殺された過去を持つ。

マーティン・ソープ刑事
警察署の「パニッシャー対策本部」を敷いており、表向きはパニッシャーを追う立場だが、本当はフランクの協力者の一人であり、法の処罰を逃れている犯罪者たちの情報を提供している。

余談

今現在までにおける彼の動向。


  • スパイ組織『S.H.I.E.L.D.(シールド)』の長官ニック・フェーリーを亡き者にしようとする輩による『ニックが家族を殺した』というニセ情報を鵜呑みしてフェーリーを狙撃。(ちなみにフェーリーは死を偽装し数年間身を隠す)

  • 自分の過ちを恥じて自殺したものの神の使いによりゾンビのごとく蘇った?後に元の人間に戻ったとの事(当時の人気低迷によるマーベル社のテコ入れ)

  • シビルウォー」事件で再び姿を現す。(元の人間として登場)、数々の事件を得てノーマン・オズボーン率いるにダーク・アベンジャーズとの対戦により死亡。その亡骸はマッドサイエンティストにより「フランケンシュタインの怪物」のごとく蘇ったとの事

  • ・・・とおもいきあ元の人間に戻ったとか色々忙しい人物である。

  • 3度も実写映画化されている。下記参照(↓)

  • 日本ではカプコンからゲームが発売された。ゲーメスト読者には「パニシ」でお馴染みの存在である。

  • 米国海軍特]殊部隊SEAL'sが好んでボディアーマーやヘルメットに大きくトレードマークとして描いている。

PUNISHER IN RAMADI



映画

パニッシャー(1989年版)

英題:The Punisher
1989年、オーストラリア、日本公開1990年1月
監督:マーク・ゴールドブラット
主演:ドルフ・ラングレン
原作と違い、今作ではフランクがパニッシャーとして活動する以前の経歴は刑事で、そのため犯罪者の逆恨みを買いマフィアに家族を殺害されるという設定。この映画では、フランクはパニッシャーのトレードマークてまあるドクロマーク入りのコス チュームを着用していない。これは主演のドルフ・ラングレンが着用を拒否したためという説があるが本人は否定している。代わりにドクロはパニッシャーが犯罪者を処刑する際に使うナイフの意匠として盛り込まれている。


パニッシャー(2004年版)

英題:The Punisher
2004年4月全米公開、日本公開2004年11月
監督:ジョナサン・ヘンズリー
主演:トム・ジェーン ジョン・トラボルタ
本作では、フランクがパニッシャーとなるまでの経緯が描かれている。設定は前作同様に変更され、経歴は湾岸戦争への従軍経験やCTUに所属した経歴を持つFBI捜査官となっており、舞台もニューヨークではなくフロリダ州のタンパに移された。また、ロイ・シャイダーの遺作でもあった。 公開時は反響が少なかったが、ビデオやDVDのヒットから続編製作が決定し、これが紆余曲折の末、次回作となった。


パニッシャー:ウォー・ゾーン

英題:Punisher: War Zone
2008年12月全米公開、 日本公開2009年4月18日
監督:レクシー・ アレクサンダー
主演:レイ・スティーブンソン
前作の続編として製作されていたが、繋がりは一切なくなりリメイク作品となった。前2作と比べてより原作に忠実な設定 (元海兵隊、家族構成など)になっており、舞台もニューヨークとなっている。アクション要素が重視された内容で、 いままでで一番バイオレンス描写が濃く、銃撃で肉体の一部が血や肉片を撒き散らしながら吹き飛ぶ様子などを事細かに表現している。上述の特徴の通り、戦いの中でのフランクの苦悩や彼の人間味ある部分も描かれており、信心深いカトリックである設定となっている。協力者であるマイクロやソープ刑事が登場するのも本作のみ。


関連項目

ルナティックコマンダー・ドーパント・・・・同じく悪人を私刑行為で殺す者。悲惨な過去の持ち主という点でも共通。
夜神月句楽兼人・・・こちらも悪人を私刑行為で制裁したり殺したりする者。ただし、パニッシャーと違って特に悲惨な過去というものがない。
ブラックラベル・・・同じく法で裁けぬ悪人を容赦なく抹殺する組織。

漆黒の意思
銃始末
公式が病気

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「パニッシャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 741828

コメント