ピクシブ百科事典

パラケルスス

ばらけるすす

16世紀に活躍した医学者兼錬金術師。 四大精霊論や三元質論など、自然哲学に基づく錬金術理論の研究のために西欧各地を遍歴した伝説の学者。 伝説の物質『賢者の石』の精製に成功した人物の一人として有名。
目次[非表示]

パラケルススとは、15世紀末から16世紀中期に活躍したスイス出身の医師錬金術師である。

概要

 本名は、"テオフラストゥス・フィリップス・アウレオールス・ボンバストゥス・フォン・ホーエンハイム"
 【Theophrastus Philippus Aureolus Bombastus von Hohenheim】

 科学(錬金術)の分野における大家として知られる人物。
 スイスのアインジーデルンで生まれ、医師であった父・ウィルヘルムから自然哲学を教わりながら育つ。
 その後、講師・研修者として在学していた大学を出奔し、ヨーロッパ各地を遍歴しながら医療研究に没頭していき、いつしか"古代ローマの大医師ケルススを超えた者"という意味を込めて『パラケルスス』を名乗るようになったという。

言行録

 医師として以上に錬金術師として、とりわけ賢者の石ホムンクルスの伝承について、多くの伝説を残している。
 ニコラ・フラメルサン・ジェルマンと並び、賢者の石の錬成の数少ない成功者の一人とされており、彼はアゾット剣(パラケルススの魔法剣)と呼ばれる短刀を所持しており、その柄の中に賢者の石を忍ばせ、旅先で病気やけがで苦しむ人々にであうと、これを用いてたちどころに治癒して見せたといわれている。
 またホムンクルスの精製にも成功し、その方法やホムンクルスとの交流も残されている。

 四大元素に精霊が宿るという『四大精霊』に関する論もパラケルススが大成している。
 そのほかにも水銀硫黄からこれら元素が発生するとする『三元論』も表している。

 こうした言行から、彼を魔術師として見る向きもあり、「悪魔を使役できた」「アゾット剣に悪魔を住まわせている」といった伝承も存在する。

 自然哲学医学に関する書籍を多く残しており、後世に大きな影響を与えている。
 その一方、ノストラダムスとも因縁があり、パラケルススが講じた錬金術理論が当時の医学にも強い影響を及ぼしていた結果、ノストラダムスの講じた「衛生管理によるペスト予防」の促進に大きな障害となって立ちはだかった。

関連タグ

科学 医学 錬金術
医師 錬金術師
賢者の石 ホムンクルス
アゾット剣 アウレオルス=イザード

pixivに投稿された作品 pixivで「パラケルスス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 298354

コメント