ピクシブ百科事典

パリ講和会議

ぱりこうわかいぎ

第一次世界大戦における連合国が同盟国の講和条件について討議した会議。

概要

1919年1月18日に開会され、第一次世界大戦における連合国が同盟国の講和条件について討議した会議である。
なお、ヴェルサイユ宮殿で講和条約の調印式が行われたことから、ヴェルサイユ会議とも呼ばれているが、実際の討議のほとんどはパリのフランス外務省内で行われており、正しい呼称とは言えない

第一次世界大戦は、1918年11月にウィルソンアメリカ合衆国大統領の14か条をドイツが受け入れたことで、休戦が成立した。
本会議はそれを受けて上記の通り開かれたものである。

この会議では、戦勝国である日本イギリスアメリカフランスイタリアのいわゆる「5大国」による「十人会議」が会議のほとんどを支配した。
中でも主要な参戦国であったイギリスアメリカフランスが主導権を握り、敗戦国は会議から除外された。
アメリカのウッドロウ・ウィルソン大統領は、十四か条の平和原則を主張したが、これはイギリスとフランスによってほぼ無視された。

外部リンク

パリ講和会議 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「パリ講和会議」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 196

コメント