ピクシブ百科事典

パワード・ジム

ぱわーどじむ

パワード・ジムとは、OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する架空の兵器。 地球連邦軍の量産型モビルスーツ(MS)である。
目次[非表示]

概要

一年戦争終結から三年が経った宇宙世紀0083年に、次世代MS開発を目的とした「GP計画(ガンダム開発計画)」の一環として開発された装備評価用モビルスーツ(一部資料ではジムの性能向上も目的としていたとされる)。
主なパイロットはディック・アレン。

装備の評価試験機という性質上既存の機体を改修しており、一年戦争後に配備されたジム改をベースにガンダム試作1号機と同型の大型バックパック、大推力ブースター、ショック・アブソーバーユニット等を無理やり装備する形で構成されている。
本機はこの改修によって、ジム改から30%増しの推力を発揮したとされている。
一方で、既存の機体を改修した、限界性能を知る為のテスト機であった事もあり特に型式番号の更新などは行われておらず、携行武装も連邦製の汎用装備であるブルパップ・マシンガンやハイパー・バズーカを流用している。

GP計画に基づきバックパックの評価試験を行うべくオーストラリアのトリントン基地に配備され、各種データ収集の為の試験運用が行われた。
その後、デラーズ・フリートによるガンダム試作2号機強奪の折に思わぬ形で実戦に使用され、ガンダム試作2号機追撃任務に就いたディック・アレン機は、ドム・トローペンの不意打ちを受ける形で撃破されている。


バリエーション

ジム・カスタム高機動型

ガンダム試作1号機の宇宙用バックパックの評価試験を行う為にジム・カスタムを改修した、言わば宇宙用のパワード・ジムに相当する機体。
詳細はジム・カスタムの項目を参照。

パワードジムカーディガン

ガンダムビルドファイターズトライに登場する改造ガンプラ。
詳細はパワードジムカーディガンを参照。

ゲームでは


ギレンの野望

ジオンの系譜から初参戦。ジム出力強化実験で開発できるMSで、武器の命中率の悪さを除けば同時期に開発可能なジム・カスタムを上回るスペックを持つ。
2部序盤の主力として活躍していたが、『アクシズの脅威V』で基本性能が強化され、弱点だった命中率の低さが改善
ジム・カスタムやジム・クゥエルの出番が厳しくなり、更にリック・ディアスをも上回り、地位を脅かしている。

機動戦士ガンダムバトルオペレーション

キャンペーン限定配布機体として登場。ジム系最強最高級の高コストであり、ガンダムより高い。立ち位置的にはガルバルディαの対応機。基本性能は殆どガルバルディαを勝っており、その上強タックルを兼ね揃えている。(後付けとして追加された)とどめに、リスポーン時間が速い。その為、バズーカを装備できる汎用機の中でもトップクラスであり、もはやモンスターマシン。多くのジオン兵士にトラウマを植えつけた。弱点を挙げれば、移動力の低さと格闘装甲が若干低い事か。

関連イラスト

POWERED GM c
パワードジム



関連項目

機動戦士ガンダム0083
ジム改 ガンダム試作1号機

ガンプラビルダーズ・フレンズ

pixivに投稿された作品 pixivで「パワード・ジム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20698

コメント