ピクシブ百科事典

目次[非表示]

技の遍歴

技の原型はルー・テーズが使った「リバース・スラム」という技で、今で言う投げっ放し式に近かった。

日本での初公開は1968年1月17日、国際プロレス宮城県スポーツセンター大会における豊登戦で頑丈な豊登が失神するほどの威力であった。「テーズ式パイルドライバー」と呼ばれることがあるが、テーズ自身はパイルドライバーを嫌っていた。

その後テーズはテリー・ゴディにこの技を伝授し、ゴディの手によって現在のパワーボムの形が完成した。その際テーズは、叩きつけた後にそのままエビ固めの体勢ですぐカウントを奪えるような形をゴディに指導し、これが現在のパワーボムの元になった。その後日本ではゴディ、そしてゴディによって日本人として初めてこの技をかけられた天龍源一郎に、アメリカではシッド・ビシャスらによって世界中に広められた。

掛け方

前屈みになった相手の正面に立ち、両膝(もしくは太もも)で相手の頭を挟む(いわゆる「がぶり」の体勢)。そこから両腕を相手の胴周りに回してクラッチし、相手の身体を反転させながら自らの頭上まで跳ね上げ、そこから自らしゃがみ込みながら相手を背面からマットに叩きつける。

多くの場合はそのままエビ固めでピンフォールの体勢に持ちこむ。改良系として、叩き付けた後にそのままフォールせずに、投げっ放す「投げっ放し(投げ捨て、ホイップ)式」も存在する。(後述する派生技も同様である)

持ち上げた形で叩きつけずに止めて絞り上げると「スタンプホールド」となる。

この技から「ボム系」と呼ばれる派生技が多く生まれた。レスラーによってはこの技がかかるかかからないかの攻防が大きな見せ場となる。

総合格闘技や組み技系格闘技ではバスターと呼ばれ、三角絞めに来る相手をパワーボムの要領で叩き付ける場面がしばしば見られる。柔術では禁止している大会が多い。柔道では持ちあげた時点で『待て』がかかる。

主な派生技

シットダウン・パワーボム(ライガーボム)
タイガードライバー
ラストライド
ガットレンチ・パワーボム(ドクターボム)

使い手

テリー・ゴディ 天龍源一郎 大仁田厚 田上明 越中詩郎 橋本真也 川田利明 クリス・ベノワ 獣神サンダーライガー アンダーテイカー(WWE) スティーブ・ウィリアムス 諏訪魔 小橋健太 ケビン・ナッシュニンジャスレイヤー

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「パワーボム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 255026

コメント