ピクシブ百科事典

パンツァーフロント

ぱんつぁーふろんと

エンターブレイン販売、シャングリ・ラ開発の戦車戦シミュレーションゲームシリーズ
目次[非表示]

パンツァーフロントとは、男のロマンであり、希望である。
ジャンルは「戦車戦シミュレーション」とでも言うのだろうか。
略称は「パンフロ」「パンツ」「PF」。
またここでは、類似商品の「THE センシャ」についても記述する。


概要

現在までに、1999年に発売された初代「PANZER FRONT」、2001年の「PANZER FRONT bis」、2004年の「PANZER FRONT Ausf.B」の三種類が、株式会社エンターブレインより発売されている。

最大の特徴は複雑かつ難解な攻撃システムである。
よくあるヒットポイント制ではなく、装甲の厚み・砲弾の種類・突入角度・彼我の距離などによってダメージが判定されるという、他に類を見ない極めてリアルなシステムとなっている。
一発の致命弾でどんな戦車も撃破できる一方で「装甲を撃ち抜ける=致命傷を与えられる」攻撃でなければ何発当てても撃破する事ができず、また照準もリアルに再現されてはいるものの扱いが難しいなど、何かにつけてその手の知識が必要とされる初心者にはとっつきにくい仕様となっている。
リアリティを追求しすぎたあまり(史実を再現しているとはいえかなり難度の高いシナリオマップが存在する等)、ガチガチの戦車好き人間以外には不評であった。

逆に言えばガチガチの戦車好きにとってはその知識を活かせる魅力的なゲームシステムである為大変に好評であり、現在も続編を望む声は絶えない。

また、著名なデザイナーらによる、史実上存在しない架空戦車がゲーム中に登場する。
いずれもアニメーション等で活躍している一線級のメカニックデザイナーであり、メカデザイナーのドリームチームと言っても過言ではないほどに豪華である。
ヤマト」や「マクロス」にも携わった大御所デザイナー、宮武一貴や「Zガンダム」「エルガイム」の永野護、「マシーネンクリーガー」の横山宏など。
参加デザイナー自身が元々ガチガチの戦車好きであり、その知識を活かしてデザインを行なっているため実在する戦車に引けをとらない魅力的な架空戦車が多数登場している。

メカデザインだけでなく、戦争劇画の第一人者である、小林源文がマニュアルマンガを描きおろしている。(Ausf.Bでは「ワールドタンクミュージアム」の解説イラストでおなじみのモリナガヨウが担当。)
「PANZER FRONT bis」のストーリーモードでは、サンライズ製作のフルCGアニメに小畑正好、キャラクターデザインは出渕裕が担当しているが、後のMS IGLOO製作の際は、本作での経験が生かされたと語っている。
そして登場するキャラクターデザインも非常に似ている。

架空の戦車

  • 超重戦車 ショートブル (アメリカ)
超重戦車ショートブル


デザイン:宮武一貴

  • 駆逐戦車 T69E3 (アメリカ)

架空戦車 T69E3


デザイン:石津泰志

  • 重戦車 E-79 (ドイツ)

VK6600 E79重戦車 ★ ゲームパンツァーフロントより~ 


デザイン:永野護

  • 駆逐戦車 オリオール (ドイツ)

100口径


デザイン:佐藤道明

  • 重戦車 ИС-152 (ソビエト)

ИС-152


デザイン:横山宏

  • 駆逐戦車 СУ-122c (ソビエト)
デザイン:山根公利

続編

2013年現在、続編が制作されるというアナウンスは一切無い。
しかし我々パンツァーフロントファン、いや「パンフリャー」は信じている。続編の登場を。
春の来ない冬はないのである。


THE センシャ

SIMPLE2000シリーズより、類似商品の「THE センシャ」が発売された。


ウィーッス   ∧_∧∩
       (´∀`// 
    ⊂二     /  THEセンシャカッテキタゾ
       )  /
    口口/    ̄)
      ( <⌒<.<
      >/

関連タグ

戦車 パンツァー

pixivに投稿された作品 pixivで「パンツァーフロント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67264

コメント