ピクシブ百科事典

ヒカリ(トレーナー)

ぽけもんとれーなーのひかり

ゲーム『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』の主人公、及びアニメ『ポケットモンスターダイヤモンド&パール』のヒロイン。この記事ではその詳細を記述する。
目次[非表示]

タグは主に「ヒカリ」が活用されているので、「ポケモン」「ヒカリ」など複数検索推奨。

概要

ゲーム開始時に男主人公を選ぶと、選ばなかった女主人公が「ヒカリ」という名前でナナカマド博士の助手として登場する。その場合、先輩トレーナーとして様々な事を教えてくれたり、色々な道具をくれたりする。
主人公の場合だと、フタバタウンでアヤコという名前の母親と二人暮らしであり、ジュンという幼馴染がいる。父親が生きているのかどうかは不明だが、主人公とそっくりらしく、ジュンの父クロツグとも交流があったようだ。母親はかつてコンテストで素晴らしい成績を収めていたらしく、審査員に彼女の娘であることに驚かれる描写がある。また、コンテストに出場する際は母親から貰った衣装ドレスアップする。
コスチューム舞踏会を思わせるもので、ピンクを基調としたドレス姿(アニポケ版のヒカリのものとは大きく異なる)であり、マスターランクまで上り詰めると母も同ランクのコンテストに出演者として度々登場する。また他にヨスガシティのジムリーダーであるメリッサや、ジョウト地方のジムリーダーであるミカンなども登場し、マスターランクのコンテストにはこの三人の内誰か一人が毎回必ず参加している。
助手の場合だと、フタバの隣街であるマサゴタウン出身となり、祖父と父親、妹の四人で暮らしていることが確認できる。
父親もナナカマド博士の助手であり、研究所で会うことができるが、同じ研究所内にいる女性が母親なのかどうかは不明。祖父と妹がいる家の二階の部屋にはベッドが二つあることから妹と相部屋であると思われる。

因みにゲーム中のポケモン図鑑のたかさ、おもさ比べから分かる身長・体重は、身長140cm、体重34kg。数少ないが身長・体重が分かる主人公の中では最も小柄である。

ポケットモンスター☆SPECIAL』はプラチナ・ベルリッツであり、設定も異なる。

服装

ひっかりんりん
DPt


『ダイヤモンド・パール』では黒いノースリーブにピンクのミニスカート。赤いマフラーこそ巻いているが、旅をするのは寒そうなシンオウ地方にもかかわらずの軽装である。靴下の色は黒で膝に丁度かかるくらい。右手首には髪ゴム、もしくはブレスレットのようなアクセサリーを付けており、左手首には赤いポケッチが確認できる。髪留めとボストンバッグの色は黄色。マフラーは長くスカートの裾くらいまである。
『プラチナ』では赤いコートの上に白いマフラーを巻いている。同じく白くなった靴下は膝の上くらいまで微妙に伸び、ブーツの形状も少し変わった。コートの左袖の上には赤いポケッチがついている。髪留めの色はピンクでボストンバッグの色は白。マフラーは胸下あたりまで短くなった。

ずっとNo.1


どちらのバージョンでも、白いニット帽を被り後ろに結んだ一房だけ髪が他より長くなっている。アニメ版とは違い、公式イラストでは黒髪であるが、ゲーム上のドット絵では青みがかっているような気がしないでもない。ちなみに帽子にあるモンスターボールのような模様は、『ダイヤモンド・パール』と『プラチナ』では切れ込みの位置が逆になっている。

関連イラスト

わたしのパートナー


しんしん
/だらしないぞ\


どピンク
ダーヒカ



関連タグ

ポケモン DPt  ダイパ ポケモンDP
主人公♀ 神奥トリオ シンオウ
コウキ ジュン ナナカマド博士 シロナ 四天王(シンオウ) ジムリーダー(シンオウ) アカギ ギンガ団

カップリング

コウヒカ ジュンヒカ アカヒカ デンヒカ オバヒカ ゲンヒカ ヒョヒカ シロヒカ マイヒカ コトヒカ ハルヒカ  
ダーヒカ ギラヒカ ルカヒカ レンヒカ ガブヒカ ゴウヒカ エンペヒカ ポチャヒカ フワヒカ パチヒカ グレヒカ

アニメ

ヒカリまとめ2
【ポケモンビネット】ヒカリ


アニメ『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』では主人公ヒロインとして登場(歴代ヒロインとしては初で唯一)。声優は豊口めぐみ

モデルとなったゲーム版から多少デザインが変更されており、髪が黒から紺になり、マフラーが短くなった上濃いピンク色になっている。更にゲーム版ではボストンバッグを使用しているがアニメ版ではリュックになっている他、コートを着ていた時もゲーム版での髪留めはピンクなのに対し、アニメ版では通常通り黄色になっている。
パートナーポケモンはポッチャマ

先代ヒロインのハルカと同様、ポケモンコーディネーターとして活躍・成長していくが、特にヒカリの場合、母・アヤコがトップコーディネーターであるという経歴もあって、途中でトレーナーから転身したハルカとは異なり最初からコーディネーターになることが目標となっている。

サトシとの出会いは傷ついたピカチュウを保護したことから。その際に、野生のポケモンと間違えて攻撃してしまい、反撃を受けて自転車を破壊されており、このことについてしばらくの間は触れられなかったが、後にそのことについては状況が状況だったこともあり気にしてないと発言している。

性格は年頃の女の子らしく明るく活発で気が強く、思ったことははっきりと口に出す。しかしコンテストでスランプに陥った際には、打たれ弱い部分と同時に仲間を心配させまいと気丈に振る舞う強さを見せた。またポケモンの危機に自ら飛び込んで救おうとするなど、行動や性格にサトシと似たところが多く見られる。そのためか先輩・後輩という関係ながらも、普段は互いに対等な目線で接している。負けん気が強い性格から意見がぶつかり合い喧嘩をすることもあるが、互いに素直なためすぐに仲直りしてしまう…いわばケンカップルだったりする。

また現時点ではの話だが歴代ヒロインの中では唯一サトシとOPでデュエットをしたヒロインでもある。→サトヒカ

ハイタッチ!



恋愛には疎い方だが疎いといっても概念自体は理解しており、全く理解していないサトシほどではない。しかし幼馴染のケンゴから好意を抱かれていたり、コウヘイからは猛アピールを受けているのに気付かないあたり(本人は若干引き気味だが)結構鈍感なのかもしれない…。

また、セレナを除く他ヒロイン達と違い比較的料理は出来る方で、DP94話ではサトシとポケモン達にホットケーキを振る舞っている。(カスミは料理は不得手、ハルカも彼女ほどではないが特にポロック作りが苦手。後者のアイリスは木の実を採るくらいで料理をしたことがない)そもそも10歳なのだから普通に上手なレベルに入るほう。

女の子らしくおしゃれが大好きで、特に髪を大事にしており毎朝の手入れは欠かさずしており、ポッチャマのバブルこうせんで髪をなおすこともある。コンテストドレスやチアガールなど様々な姿を披露している。ジム戦を観る際にはサトシのことをチアガールの格好でで応援したこともある。
ポケモンコンテストの出場時にはポニーテールツインテール縦ロールなど様々な髪型にして出場し視聴者を楽しませてくれる。
普段の服装もかなり短いスカートだが、当然の如く鉄壁スカートである(しかしDP第39話では角度上鉄壁ではなく中が見えたが、パンツは描かれていない)。

口癖は「大丈夫大丈夫!」なのだが、これを口にするときは大丈夫でないことが多くサトシ等から「ヒカリの大丈夫はアテにならない」などと言われる。また周りの人達も影響されたのか、彼女のこの口癖を使うことが多い。
因みに対義語に「だいじょばない」がある。そのほか「ちーがーいーまーすー!」など言葉の一つ一つを強調して言うことが度々見られる。

ケンゴやユモミから「ピカリ」と言われることを嫌っている。
これは幼稚園時代に嫌がるプラスルマイナンを抱きしめた時に、2匹の電気で髪が光りながら爆発状態になり、その際ケンゴから名付けられたもの。からかわれて笑いものにされたため、それ以来ヒカリはプラスルとマイナンがトラウマになっていた。第161話でプラスルとマイナンを見ただけでもひどく取り乱した様子を見せ、第162話のウララとの対戦中でも同じ状態に陥ったが、マンムーヒノアラシの励ましで克服する。

ヒカリの旅路

DP1話     新人トレーナーとして、フタバタウンから旅立つ。
DP3話     サトシ、タケシと出会い、ともに旅をすることに。
DP9話     ミミロルを初ゲット。
DP10話    「ポケッチ」ゲットで大丈夫!
DP11・12話 ポケモンコンテスト・コトブキ大会に参加するものの、
          第二回戦でノゾミに破れる。
DP19話    パチリスをゲットする。
DP22話    非公式のコンテストに出場。
DP25話    ポフィンの作り方を教わる。
DP26~27話 ポケモンコンテスト・ソノオ大会に出場。
          ライバルのケンゴに勝ち、初のリボン、「ソノオリボン」をゲットする。
(ここまでが第一次ヒカリ盛期とされる。この後は・・・
DP33話    ポケモンなりきり大会に出場する。
DP34話    ブイゼルをゲットする。
DP49話    ポケモンコンテスト・ヨスガ大会に出場するが、一次審査で敗退。
          ここからスランプに陥る。
DP50~52話 ポケモンタッグバトル大会に出場し、準優勝。汚名返上を果たす。
DP55話    ブイゼルとサトシのエイパムを交換する。ヒロインだと初。
DP60話    エイパムがエテボースに進化。
DP61話    ポケモンコンテスト・ズイ大会に参加。
          進化したばかりのエテボースを使って臨むが、またも一次審査で敗退。
          スランプがますます深刻化する。
DP62話    記念のメイドコスチューム。
DP63話    幼馴染のユモミと再会。
DP67話    トバリシティで初めてのジム戦を体験する。
DP77~79話 ポケモンコンテスト・ミクリカップに参加。
          見事一次審査を突破した後、強豪・ハルカに僅差で勝利。
          二つ目の「アクアリボン」をゲットし、華麗なる復活を果たした。
DP84話    ウリムーをゲットする。
DP86話    ポケモンスタイリスト主催・ヨスガコレクションに参加。
          見事優勝を果たす。
DP94話    パチリスが病気になってしまうが、タケシのおかげで無事回復。
DP104話   ウリムーがイノムーに進化するが、ヒカリのトレーナーレベルが足りないせいか、
          指示を聞かなくなってしまう。
DP106話   ヒカリのトレーナーレベルが足りないまま、イノムーがマンムーに進化。
DP114話   アケビ大会に参加。4つ目のリボンをゲット。
DP119話   野生のボスゴドラと遭遇し、サトシとタケシとはぐれ、マンムーが負傷。
          手持ちポケモンと協力し看病したため、その後はマンムーが指示を聞くようになった。
DP161~162話 アサツキ大会に参加。5つ目のリボンをゲット。
DP174~177話 シンオウグランドフェスティバルに参加。ノゾミと決勝戦で戦うが、敗北。
DP175~    サトシのシンオウリーグの最後まで同行。リーグ終了後、ミミロルがモデルにスカウトされたため、フタバタウンでサトシ、タケシ達と別れた。
DP特別編  ヒカリとその仲間達はホウエン地方へ旅立った。

ベストウイッシュシーズン2」で再登場。現行ヒロインのアイリスを差し置いて彼と隣り合わせでいることが多かった…

所有ポケモン

ヒカリ!
ダイジョウブ!


ポッチャマ
CV:小桜エツ子
一般的なポッチャマの例にもれずプライドの高い性格な上にいじっぱりで、その上お調子者(サトシ曰く)。
性別はオスだが応援するときはヒカリと同じチアガール服を着る。
なぜかサトシのフカマルが使うりゅうせいぐんの失敗技(りゅうせい)が、いつも衝突する。
ポッチャマのままでヒカリを見守るため、進化できるレベルに達した後もがまんでポッタイシへの進化を抑えていたが、ジョーイから「かわらずのいし」をもらい、以後その効果で進化をしないままになった。
初めはモンスターボールに入っており登場しない回もあったが、第66話以後、ピカチュウ同様外に出たまま毎回登場している。
その性格が災いしてか、他のポケモン達と喧嘩になってしまう事が多く、結果的にヒカリのポケモンの中ではマンムーを除いて屈指のトラブルメーカーになっていて、家出をしてしまったり、EDでもピカチュウ達と喧嘩をしてしまっている程。

ミミロル
CV:川上とも子(DP9話~100話)→雪野五月(DP103話~)
ピカチュウに一目惚れしている。アピールも積極的である。
コンテストバトル以外にもミミロルのれいとうビームは要所要所で活躍している。
ピカチュウを応援する時にチアガール服を着ている。最終話でモデルにスカウトされた。

パチリス
CV:西村ちなみ
やんちゃな性格で、ヒカリを困らせたこともある。
そのためヒカリが育てる自信を失い、ゲットした後一旦逃がされている。
その後、サトシの励ましもあって、改めてヒカリのポケモンとなる。
レギュラーメンバーの中でピカチュウを除きでんきタイプを持った初のポケモン。以降、エモンガデデンネと、ピカチュウと同系統のポケモンが仲間になっている。
電気の色は青。

ウリムーイノムーマンムー
CV:犬山イヌコ石塚運昇(進化後)
ウリムーの時は素直であったのだが、イノムーに進化してからはヒカリのトレーナーとしてのレベルの問題から、あまり言う事を聞かなくなり、食べ物以外の時はまったく動こうとせず穴に閉じ篭ってしまう程であった。
その後、ロケット団との戦闘で何度も攻撃を受けた怒りからか、ヒカリの言う事を聞かない状態のままマンムーに進化。今度は性格が攻撃的になって出される度に暴れる様になると、かつてのサトシのリザードンと同じくメンバーの問題児となってしまう。
しかし、野生のボスゴドラとの戦いで大ダメージを受けて、ヒカリから看病されたことをきっかけにようやく心を開く。
マンムーのこおりのつぶてを使った、パチリスのほうでんとの合体技「氷のシャンデリア」と、ヒノアラシのかえんぐるまとの合体技「フレイムアイス」がある。どちらもコンテストバトルの土壇場で完成させた。また、ヒカリがプラスルマイナンの放電によってピカリ状態になり戦意を喪失してしまった際は、ヒノアラシと共に叱咤している。

ヒノアラシマグマラシ
CV:古島清孝
ジョウトフェスタにてコトネとのバトルで勝利し、その賞品として貰ったタマゴから生まれたポケモン。生まれたばかりでもサトシのハヤシガメと互角に戦った。ポッチャマの挨拶を2度も無視したことで仲が悪くなり、事あるごとに喧嘩をしている。
ヒカリになついており、抱きしめられた時にはポッチャマの嫉妬を買った。
2月3日のDP特別編でマグマラシに進化した。

トゲキッス
CV:井上喜久子
サルビア王女から譲り受けたポケモン。おっとりした上品な性格。
面倒見が良く、ヒカリ曰く「お姉さまタイプ」。優雅な動作を入れるため、技を出すのが遅いが、実力は高い。

ブイゼル
CV:古島清孝
ポケモンコンテストよりもポケモンバトルに興味があったことからサトシのエイパムと交換し、
後にサトシのポケモンになった。コンテストのために習得した回転を加えた技は、ポケモンバトルでも利用された。

エイパムエテボース
CV:伊東みやこ佐藤智恵(進化後)
ポケモンコンテストに興味があったことから、ノゾミの助言でサトシからブイゼルと交換して貰ったポケモン。
オウからポケモンピンポンの強化選手にスカウトされ、彼に預けられた。

関連イラスト

ヒカリィィィィィ俺だァァァァァ結婚してくれェェェェェ!!!
ヒカリ7変化


最終回5周年
もっと光を


ポケモンコンテスト

ミクリカップ
コンテスト衣装ヒカリ


アニポケまとめ
DPコーディネーターアンソロジー


グランドフェスティバル

親友ライバル!
いざ、ファイナルバトル!


ヒカリ
グランドフェスティバル


ヨスガコレクション衣装

ヨスガコレクションに参加してみた。優勝した。


サルビア王女コス

ヒカリ姫
chu


エンディング着用衣装

アニポケDP記念日!
For You
ヒカリ
ヒカリの帝国



関連タグ

アニポケ ダイヤモンド&パール 想い出はパール!友情はダイヤモンド!
歴代ヒロイン ポケモンコーディネーター サトシの旅仲間 ダイパーティ
ポケモンコンテスト コンテスト衣装 グランドフェスティバル
サトシ タケシ ノゾミ シンジ ウララ ケンゴ ナオシ サルビア アヤコ ハルカ コトネ アイリス

カップリング

サトヒカ タケヒカ シンヒカ ケンヒカ ジュンヒカ コへヒカ ノゾヒカ ハルヒカ コトヒカ 最強女子コンビ
ポチャヒカ パチヒカ 

その他関連タグ

ヒカリをモデルにしたキャラ

プラチナ・ベルリッツ: 漫画ポケスペより
ミツミ: 漫画『ポケットモンスターダイヤモンド・パール物語 ポケモンDP』 より

ヒカリの外国語名称

英語:Dawn
スペイン語:Maya
ドイツ語:Lucia
フランス語:Aurore
イタリア語:Lucinda
韓国語:나빛나もしくは빛나
中国語(普通語):小光
中国語(広東語):小光もしくは光子
タイ語:ฮิคาริ
ロシア語:ДоунもしくはДон

この内Dawn・Hikari・小光などは外国人絵師のイラストにタグ付けされている場合が多々ある。

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒカリ(トレーナー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14883394

コメント