ピクシブ百科事典

ヒナニー事件

ひなにーじけん

ひなた!膣内(なか)で出すぞ!とは、2011/8/7のアニメクルーズにおけるニコニコ運営の愛の叫びである。
目次[非表示]

概要

8月7日の日曜アニメクルーズでロウきゅーぶ!第5話の放送が始まり、6分近く経った時(5:40付近)にそれは起こった。突然、画面上の運営コメント欄に

「ひなた!膣内(なか)で出すぞ!」

というコメントが現れたのである。

並み居るロリコン紳士達もさすがに驚きを隠せず、運営発言への反応でコメントが埋まる騒ぎとなってしまった。一連の騒ぎは、視聴者によって
「ヒナニー事件」と名付けられている。

推測

おそらくは、通常コメントに書き込むつもりが誤って運営コメントに書き込んでしまったものと思われる。
が、実際に運営コメントの使えるチャンネル生放送をやっている「ガジェット通信」が当件について取り上げた記事によると、

通常コメントする際はユーザーは下のコメント欄に入力するが、運営コメントの入力欄は動画の上の位置にある。間違えるにしても無理があるように思えるが、何かの迷いで間違って書き込んでしまったのだろう。もしくは間違いじゃなくてネタで書き込んだという憶測も挙がっている。

ニコニコ動画』運営がアニメ放送中に運営コメントで卑猥な言葉を誤爆
 「ひなた!出すぞ!」 - ガジェット通信

という感じであり、調子に乗って書いたはっちゃけすぎなネタ運営コメントだったのかもしれない。なんにしろ運営が書いたコメントであることには間違いないが。

その後

なお、この発言に関して運営は、発言直後、ロウきゅーぶ!終了後、アニメクルーズ終了後の計3回謝罪している。 視聴者の反応は「赦したけど、忘れない」「忘れられない」といった感じで、当分この発言は語り継がれていくものと思われる。

ロリコンのみんなは「YESロリータNOタッチ」の精神を忘れてはいけないよ!

コメントの規制

ひなた!配信(なか)でコメントするぞ!

この件を受けて、ロウきゅーぶ!のニコニコチャンネルで無料配信中の第5話の動画に「ひなた!膣内(なか)で出すぞ!」がタグ付けされたりコメントされるようになったのだが、しばらくするとタグ編集禁止措置がとられコメントでも「膣」や「ヒナニー」がNGワード指定となっていた。
ついでになぜか「運営」までもがNGとなっていた。この規制は2011年8月9日の
22:00頃まで続き、その後に解除となった。

このコメント規制については以下のとおりである。

  • 「ひなた!膣内(なか)で出すぞ!」の運営コメントを書いたのは、日曜アニメクルーズ担当のニコニコ運営
  • ロウきゅーぶ!の動画をニコニコチャンネルで提供しているのは、角川グループの株式会社角川コンテンツゲート
  • チャンネル動画のタグ設定やコメント管理はニコニコ運営だけでなく、各チャンネルの管理者(角川側)もできる[要出典]。

つまり、タグ制限やコメント管理はニコニコ運営に限らずチャンネル管理者が行っていた可能性も大きい。

ユーザーからみればどちらも運営に見えるが

コメント