ピクシブ百科事典

ヒュウガ(蒼き鋼のアルペジオ)

ひゅうが

『蒼き鋼のアルペジオ』の登場人物。
目次[非表示]

CV:藤田咲

人物像

人類に敵対している「霧の艦隊」と呼ばれる第二次世界大戦時代の艦の形状を模した艦艇群の中の一隻。艦の形状は、旧日本海軍の伊勢型戦艦二番艦の日向を模している。
単にヒュウガと呼称する場合は戦艦ヒュウガのメンタルモデルを指す場合が多い。

元々は「霧の艦隊」の東洋方面第2巡航艦隊の旗艦であったが、原作漫画では物語開始のだいぶ前に潜水艦イ401と交戦し撃沈されている(アニメ版では回想という形でその際のエピソードがダイジェストで描写されており、それを見る限りでは艦種は航空戦艦と思われる)。
撃沈後にメンタルモデルを形成した。
その後は、千早群像イオナに協力してイオナ達の母港である硫黄島地下ドックの管理を担当。
また自身を圧倒して撃沈したイオナを「イオナ姉様」と呼んで心酔するどころか、クレイジーサイコレズの領域まで片足を突っ込んでいる。

メンタルモデルの容姿はセーターにタイトスカートの上から白衣を着た片眼鏡の、博士か保険医を彷彿させる女性の姿。よく追加装備として浮遊移動台やヒュウガを格納してタマゴ型の高速移動モードにもなる多腕マジックアームを背負っている。
人格は非常にエキセントリックであり、行動が一々暴走しがちで、つねにおちゃらけた態度をとる。
この人格は、メンタルモデルを生み出す以前から霧の艦隊でも有名だったようで、コンゴウに揶揄されたこともある。つまり、素で変人。
またイオナ曰くメカフェチであるらしく、暇つぶしに謎のロボ軍団を開発生産したり、得物がロケットパンチであるなど奇怪な発明をしている。
…とこのように、ヒュウガの変人っぷりに目が行きがちだが、元々は巡航艦隊旗艦を務めていただけあって、戦略に関しては至極冷徹かつ合理的。そのため、作戦のために窮地に陥ったタカオを平気で切り捨てようとした。
またイオナに関しては恋愛感情に近い想いを寄せており、イオナを独占するためなら他クルーの排除も辞さない考えだったが、イオナ本人からはメカニックとして信頼されている一方、恋愛感情に関しては無下に突っぱねられている。
硫黄島地下ドック放棄後は艦をイオナの修復に充てた為、イオナのサブ演算装置として同乗しており、主に超重力砲の支援演算を担当している。

ちなみに姉妹艦であるイセのことはかなり苦手なもよう。

アニメ

イオナとの戦闘後。ただでさえ変人だった彼女に心境の劇的変化があったらしく、自らメンタルモデルを生成した。

漫画

「艦長…どうか…ヒュウガが参りますから…」

千早群像の命令によりメンタルモデルを形成
群像を恋敵としてみていたところはアニメと同じだが、兵器としての性質も同時に持ち合わせているためか、ブリーフィングなどでは忌憚のない意見を言いあう。
また401クルーとの関係はおおむね良好であり、北良寛による陸自の硫黄島襲撃の折には八月一日静を身を挺して助ける場面もあった。

最近は主にメカニック・サブ制御以外にも群像の相談役を務めており、群像が何らかの理由でイオナ達と別行動しなければいけなくなった時は足代わりも務める。
群像側はイオナやクルーに出来ない相談を、ヒュウガはイオナにも話せないような不安を群像に吐露するなど強い信頼関係を結ぶに至っている。
その信頼(もしくは愛情)は深く、コンゴウ戦において、船体どころかメンタルモデルすら失ってなお群像の元に駆け付けようとするほど。

霧くま’s

霧くま’sではなんとおなかに「」と書かれた橙色のヨタロウとなってしまった。
これにはさしものヒュウガも愕然とし、更に追い打ちとばかりにコンゴウに「うっそーん」と言われてしまった。

関連タグ

蒼き鋼のアルペジオ 千早群像 イオナ タカオ コンゴウ ハルナ キリシマ マヤ イセ

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒュウガ(蒼き鋼のアルペジオ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 493949

コメント